スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

トランプ大統領誕生

マッチ絵の家


やはりトランプか。今後は世界が変るね。

英国のEU離脱に続いての「まさか」の連続。いずれも反グローバリゼーションの勝利との側面が強い。

ヒラリーでは先が見えていた。TPP反対とは言っているが、当選したらひっくり返すことは自明のことだと思われていた。その点、トランプは先が見えない。よい方へ変るのか、いっそう悪くなるのかも見通せないが、グローバル資本主義で貧富の差が拡大したことを、米国の有権者は拒否したのだろう。

ヒラリーの選挙資金はグローバル企業からだから、彼らの利益に反することができるはずがない。消去法でトランプを選んだということだろう。

しかし、出口調査のインタビューを見ていると、米国の有権者はよく考えているね。日本の出口調査で答える有権者とは大違い。民主主義に対するレベルが違う。悩んだ末での選択だとよく分かる。

民主党もサンダースにしておけば勝てたかもしれないのに、世論を見誤った。サンダースの支持者の多くがトランプに投票すると、以前からいわれていたが、その通りになったのだろう。

取りあえず、明日の株価は暴落だろう。円高で自動車業界なども赤字に転落。年金資金を株につぎ込んでいるが、我々の年金も破綻するかもしれない。

世界は変る。良くも悪くも。たいへんな時代になるだろう。その覚悟で生きていかざるを得ない。

在日米軍の駐留費を全額負担せよと言うトランプ氏だが、それなら米軍は日本から出て行ってもらえばよい。北朝鮮、中国相手なら自衛隊だけで大丈夫だろう。その前に、戦争とは外交の失敗による結果である、のだから、問題は外交で解決する努力を怠らないことだ。

アメリカは「もう世界の憲兵は辞~めた」と言っているのに、親分が投げ出した役割の一部を肩代わりしようという安倍さん。大丈夫か?


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 里帰り里帰り 高知県安芸市土居の「野良時計」 週末に高知に里帰りしました。台風11号の接近で帰りの飛行機が欠航にならないかとやきもきしましたが、直前の便は欠航になったが私 […]
  • 今日の一冊(140)『がん免疫療法の突破口』今日の一冊(140)『がん免疫療法の突破口』 原題は「THE BREAK THROUGH」、アメリカのサイエンスライター […]
  • 抗がん剤を止めたらCEAが1/10に抗がん剤を止めたらCEAが1/10に ステージⅣや術後の再発転移したとき、その後の治療をどうするかと考えたことがある。術後2~3年目の頃だっただろうか。「治療はしない」がその当時の私の結論だったし、今でもその […]
  • 膵臓がん:知らないと損なこと膵臓がん:知らないと損なこと 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会での佐藤典宏先生の講演に は、大きな反響をいただいています。 YouTubeにアップしてありますが、新しい情報もた […]
  • 積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い”積極的に計画・実行する人“がん死亡リスク低い” 国立がん研究センターの多目的コホート研究『日常経験する問題や出来事に対する対処の仕方とがん罹患及び死亡との関連について』が発表されています。 日常的な出来事に対して […]
  • 今日の一冊 (138)『がんでも歩こう! キャンサージャーニーを豊かにする運動のすすめ』今日の一冊 (138)『がんでも歩こう! キャンサージャーニーを豊かにする運動のすすめ』 がん患者は、ともかく、歩け、歩け! てなことを、このブログではあちらこちらで書いてきました。その私の提言を補強してくれるような本が出版されました。 がんの本に […]
  • 術後24時間経った術後24時間経った 脊柱管狭窄症の手術が終わり、動けば傷口が少し痛いけど、徐々に治まってくるらしい。狭窄で圧迫されていた神経は、少し圧迫が少なくなったのか、手足のしびれ感がなくなったような気がします […]
  • 静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開 静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめま […]

コメントを残す