食事と運動でがん患者の生存率は伸びる

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。

彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみます。

がんの術後抗がん剤治療と、食事と運動の影響を調べた研究

大腸がん(結腸がんの3期)で手術を受けた患者さんを対象に、術後補助化学療法の効果を調べた臨床試験である(06年)。「5-FU(一般名フルオロウラシル)+ロイコボリン(ホリナートカルシウム)」群と、「5-FU+ロイコボリン+イリノテカン(商品名カンプト/トポテシン)」群を比較している。

その結果、イリノテカンを加えても生存期間は延びず、副作用が増加することが明らかになった。この3剤併用療法は進行再発大腸がんの治療では有効だが、術後治療には適していなかったのだ。そしてこの臨床試験が興味深いのは、食事や運動の影響についても調べている点だ。

食事に関しては、補助化学療法中と6カ月後の食事内容について質問に答えてもらい、その影響を調べている。野菜、果物、鶏肉、魚などの「理想食」と、牛肉、脂肪、精製穀類、デザートなどの「欧米食」を、どのくらい摂取しているかが、生存期間にどう影響するかを調べた。

結論は、欧米食を多くとるほど生存期間が短くなるというものだった。欧米食を食べる程度で4段階に分けると、最も欧米食が少ない群に比べ、最も欧米食の多い群は、再発のリスクが3.25倍に増加していた。

運動に関しては、1週間に3MET時間(軽いウォーキングなら1時間)以下の運動しかしない人に比べ、18MET時間(同6時間)以上運動する人は、再発のリスクが45~49パーセント低下していた。

抗がん剤は、期待するほど大きな効果を発揮しないかもしれません。一方、適切な栄養や運動は、ときに抗がん剤治療に匹敵するほど大きな影響を示ことがあります。がんの患者さんは、そのことをぜひ知っておいてほしいと思いますね。

1週間に6時間のウォーキングを継続することは少し難しいかもしれないが、室内でもスクワットや腕立て伏せを加えればそれほど困難なことではない。

がん患者は代替医療に「魔法の弾丸」を求めようとするが、近代医学に対しても「魔法の弾丸」を求めようとしているかのようだ。

031
この図を見ると、野菜と果物をたくさん摂って、適当な運動をすることの重要さがよく分かる。食事と運動は抗がん剤の効果をしのぐこともあるのだ。

がん予防効果のある食事は、がん治療にも有効

また、“がんを防ぐ食事” と“がん療養中の患者さんの食事” を分けて考えることもない。がんの増殖メカニズムは一緒なのだから、がんを防ぐ食事は、既にがん細胞を持った患者にも有効なはずである。

がんのサバイバー(がん治療経験者)を対象にした研究は、あまりありませんが、がん予防に関するエビデンスは非常に多いのです。有効に活用すれば良い。

がん予防のエビデンスは、がん患者の治療法にも採用してよいのである。緑茶のEDCGにがん予防効果があるのなら、がん患者は治療効果を期待しても良いのだから、私は毎日飲んでいる。

ともすれば一つの食材に「魔法の弾丸」を期待して取り入れようとするが、そんなものがあればとっくに治療に採用されている。

食事と運動の目的は「がんを作らない、育てない」体内環境をつくることにある。現在医学でがん治療をするのは、あくまでも補助手段であって、抗がん剤で小さくなったがん細胞を寛解にまで持っていくのは、患者の体内環境、免疫の働きである。

がん治療の目的でサプリメントを摂ることはムダである。サプリメントは食事で不足しがちな栄養素を補充するためには利用しても良いだろう。

私はマルチビタミンを摂っているのは、がん患者はビタミンが不足しがちであることと、日本人には圧倒的に不足しているビタミンDの補給が目的である。ビタミンDの抗がん作用については過去に何度も書いている。

サプリメントの膵臓がんに関しての情報を探すのであれば、『「健康食品」の安全性・有効性情報』に次のようなキーワードでサイト内を検索すれば良い。

膵臓がんでは、

  • 緑茶(カテキン)
  • 魚油(EPA、DHA)
  • シイタケ
    ーアガリクスよりよほどましー
  • メラトニン
  • ビタミンD:多くても少なすぎてもリスクが高くなる。これについては「米国統合医療ノート」を参照してください。
  • ウコン(クルクミン)

に少し期待が持てる。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • サプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよいサプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよい 現代医学には限界がある 漢方は説明不足 […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • NHKスペシャル 「キラーストレス」NHKスペシャル 「キラーストレス」 がんの告知を受けた患者は、さらに大きなストレスに曝されます。免疫系の活動が弱体化して、がん細胞の増殖がより早くなるのです。 またストレスホルモンは、免疫細胞のATF3遺伝子 […]
  • マインドフルネス瞑想マインドフルネス瞑想 「ガンなどの重い病気に、瞑想が直接的影響を及ぼすかのように言う者もいるが、そうした主張を裏づける科学的根拠はない」と、サイモン・シンは『代替医療のトリック』(文庫版では『 […]
  • がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」 がんは摩訶不思議な病で、自然治癒することがたまにあることは、よく知られている。しかし、それを系統だって研究しようとする研究者は、最近ではいなかった。何故だろうかと不思議に思ってい […]
  • 食道がん(ステージⅣa)の転移が消えた食道がん(ステージⅣa)の転移が消えた Twitterでおもしろい記事が紹介されていた。ステージⅣaの食道がんのリンパ節転移が食事療法で消えたというのだ。 『地球のココロ』というサイトにある「ガンが消えたひとに、 […]
  • がんの遺伝子は瞑想でオフにできるがんの遺伝子は瞑想でオフにできる 瞑想によって脳波が同調する マインドフルネスなどの瞑想をすることで、遺伝子のスイッチをオフにできる。これが科学的に実証されつつあります。 マインドフルネスでも用いられ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です