スポンサーリンク

メトホルミンは膵臓がんに効くか?

LINEで送る
Pocket

少し前ですが、長尾和宏先生にブログに「メトホルミンと膵臓がん」との記事がありました。

ある大病院の「まだ表には出せない」という研究では、術後、メトホルミンを投与すると、明らかに膵臓がんの再発が少なく、五年生存率は高いという。

Googleで「膵臓がん メトホルミン」で検索すると、たくさんヒットします。世界中で今研究が進んでいるのでしょう。

膵臓がんを予防する効果がある、いやそれは否定されていると、両方の記事や論文が検索にかかりますが、最高レベルのエビデンス(科学的根拠)と言われるメタアナリシスで、膵臓がんのリスクを下げるとされているので、これはほぼまちがいないでしょう。

現在膵臓がんを抱えている患者にとってはどうなのか。

欧米ではメトホルミンは2型糖尿病の第一選択肢

なにしろ、1錠10円という安価な薬で効果があれば嬉しいことですね。残念なのは、膵癌患者には目的外使用になるために処方できないことです。

臨床試験をやれば良さそうなものですが、安い薬なので、製薬企業は莫大な費用をかけて臨床試験をやるはずもないですね。何とも歯がゆい話です。

しかし、膵臓がん患者で糖尿病の治療をやっている患者も多いです。日本ではDDP-4阻害薬などが処方されることが多くなっていますが、欧米ではメトホルミンが第一選択薬となっているのです。

これなら、目的外使用にならず、血糖値管理と再発予防の一石二鳥です。

今年9月に、世界保健機関(WHO)は糖尿病治療に関する指針をまとめ、その中で

2型糖尿病治療ではメトホルミンを第一選択薬とし、インスリン療法においてはヒトインスリン製剤を優先的に使用することを推奨する

と書かれています。日本の糖尿病治療は別の道を歩んでいるようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ゴーヤのククルビタシンDが膵癌細胞を抑制ゴーヤのククルビタシンDが膵癌細胞を抑制 ゴーヤの抗がん作用 ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ、Bitter […]
  • 今日の一冊(26) いろいろ 15歳で膵臓がんの画期的な検査法を発明したジャック・アンドレイカの物語。15歳にしては立派な文章を書くなぁ。 ゲイだということで、学校でもいじめられ自殺未遂もする。大好 […]
  • 膵臓がんも真菌? そんなわけないだろ膵臓がんも真菌? そんなわけないだろ 朝日新聞の広告がSNSなどで批判されています。それとの関連で、「真菌」についての話題を3つ挙げます。 朝日新聞は広告を謝罪 広告のこの本は、イタリア人の元医師 […]
  • 京都:龍安寺と仁和寺京都:龍安寺と仁和寺 京都からの帰りの新幹線は午後なので、午前中に龍安寺と仁和寺を回る。 スライドショー「龍安寺と仁和寺」ファイルサイズが大きく、スマホでは見られません。 取りあえず龍安寺 […]
  • 近藤誠氏の「がんもどき」を考える 近藤誠氏の近著『あなたの癌は、がんもどき』では、がんもどき理論から得た結論として、第10章の最後に次のように書いている。  私自身も、死を意識する年齢になり、何で死ぬのがい […]
  • パソコンの引っ越しパソコンの引っ越し 今使っているパソコンが4月で5年になる。ときどきハードディスクエラーが生じたりするので(その都度リカバリーしているが)そろそろ買い換え時だろうと、新しいパソコンを購入した。 この […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』     この本は"絶対"のお勧めです。 久留米大学がんワクチンセンター長の伊東恭悟先生が、最近上梓された『がんを生き […]
  • ステージ0の膵がんも発見可能なバイオマーカーステージ0の膵がんも発見可能なバイオマーカー 膵臓がんは早期で発見することが難しいがんなので、初期に発見できたとしたら生存率の向上が望めるのではないかと、膵臓がんの新しいバイオマーカーの研究が盛んです。ジャック・アン […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です