スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

大阪大学におけるがんのケトン食療法

LINEで送る
Pocket

『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。

阪大におけるケトン食療法の研究

このブログでも糖質制限食やケトン食療法については何度か書いています。最近では、古川健司先生の『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』にも触れています。

糖質制限食の権威である江部康二先生も協力して、大阪大学では糖質制限食、ケトン食療法の研究を続けています。

この5年間の研究の結果をまとめたのが上にあげた記事です。こちらに「大阪大学におけるケトン食療法」をPDFで貼っておきますが、以下はその概要です。

  • ケトン食類似の食事をしているイヌイット族では、糖尿病もがん発症率も低い
  • 欧米型の食事が浸透するに従い、イヌイット族も日本人も欧米型のがんが急速に増加した。
  • マウス実験やドイツでの末期がん患者にケトン食を指導したところ、QOLが改善した
  • これらのことから、ケトン食療法は、がん患者の治療の選択肢となりうる。
  • ケトン食のレジメには苦労をしたが、最初の1週間:糖質 10g、2週間目~3ヶ月:糖質 20g、3ヶ月以降:糖質 30gの献立とした。
  • 当初は肺がん患者の支持療法として開始したのだが、予想以上の臨床効果を示す患者が見られたので、その他のがん患者も対象とした。
  • 55名のステージ4のがん患者が参加しているが、すでに5年以上長期生存している患者もいる。
  • 心配した極端な低血糖は一例も生じていない。
  • 現在データを解析中である

がんケトン食療法の課題

がんケトン食の作用機序の解明が必要である。ケトン食はがんを兵糧攻めにしているという仮説があるが、疑問である。なぜなら、がんケトン食を導入しても、患者の血糖値は正常化し、極端な低血糖を示すことはないからだ。

患者・医療機関への教育とエビデンスの構築が必要である。患者が自己流でおこなっている例を良く目にするが、自己流では血中ケトン体は上昇しておらず、低血糖や栄養バランスの悪化などが見られる。ケトン食糧法を続けていくためには、充分に経験を積んだ管理栄養士の協力が欠かせない。

がんケトン食療法は、単独で抗腫瘍効果を示すものではなく、従来のがん治療と組み合わせることによって効果を発揮する強力な支持療法である。

 

 

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法-久々の紹介記事光免疫療法-久々の紹介記事 AERA.dotに光免疫療法の記事が載っています。久しぶりですね。 でも、このブログで紹介した以上の内容は書かれていません。 好評発売中の週刊朝日ムック「がんで困ったとき […]
  • 光免疫療法は、免疫療法の一種なのか?光免疫療法は、免疫療法の一種なのか? 読賣のこの記事「光当て『がん治療』治験、3月にも開始」で、『このまま死んでる場合じゃない』の岡田直美先生も期待を寄せています。 がん治療に詳しい放射線医学総合研究所病院の岡田直 […]
  • トランプ大統領誕生トランプ大統領誕生 やはりトランプか。今後は世界が変るね。 英国のEU離脱に続いての「まさか」の連続。いずれも反グローバリゼーションの勝利との側面が強い。 ヒラリーでは先 […]
  • 一番わかっているようで、一番わからぬこの自分一番わかっているようで、一番わからぬこの自分 竜泉は吉原も山谷も間近である。歌舞伎も昔は「河原乞食」といわれたころから代々受け継がれているのだが、現代の人気俳優並み、裕福な有り様とはずいぶんと違っていたようだ。 […]
  • 臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機 京都府立医大の松原弘明教授による臨床試験のデータねつ造疑惑が話題になっている。毎日新聞「バルサルタン:京都府立医大の効果に関する論文3本撤回」。朝日新聞デジタ […]
  • がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」 がんは摩訶不思議な病で、自然治癒することがたまにあることは、よく知られている。しかし、それを系統だって研究しようとする研究者は、最近ではいなかった。何故だろうかと不思議に思ってい […]
  • 身延山久遠寺の枝垂れ桜、実相寺の神代桜身延山久遠寺の枝垂れ桜、実相寺の神代桜 25日に、身延山久遠寺の祖師堂前悠久の枝垂れ桜と実相寺の神代桜を撮りに行ってきました。東京からは約190km、3時間のドライブ。午前3時半に身延山の無料駐車場に到着したら、すでに […]
  • 【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例 話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例について、オンコロの加知さんが詳細に解説しています。一読の価値あり。インチキ免疫療法とどこが違うのか、まだ研究段階で結論を出すの […]
LINEで送る
Pocket

大阪大学におけるがんのケトン食療法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 山本 より:

    ゲルソン療法や糖質制限もなどの食事療法を
    転移再発した治らない癌の場合
    亡くなる寸前まで続けてる方もおられるようです

    本人が納得してやってるのならいいでしょうが
    家族が勧めて、患者本人はそれに従ってる場合も多いようです
    ですが、結局患者が亡くなってから、
    食べたいものを食べさせてあげればよかった
    と後悔するケースを多数ブログ等でお見かけしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です