スポンサーリンク

3つのオルガンで聴くバッハ

LINEで送る
Pocket

東京芸術劇場には、ルネサンス、バロック、モダンの3つのパイプオルガンがあります。椎名雄一郎氏が一晩で3つのオルガンを弾きわける演奏会があり、そのライブ録音がCDで販売されています。

上がルネサンス・バロック・オルガンです。普段はこちらのオルガンが正面を向いています。その裏側にモダン・オルガンがあり、回転させて正面を向ける構造になっています。

この3つのオルガンは、それぞれ調律法が異なっています。ルネサンス・オルガンは、ミーントーン調律法が採用されていて、ところどころで不協和音が聞こえてきますが、それがまた味わい深いのです。

バッハの時代は、ミーントーン調律法から不等分調律法への過渡期でした。バロック・オルガンは不等分調律法が採用されていますが、バッハの後期の作品は不等分調律法では演奏が困難な作品もあります。

モダン・オルガンは平均律に近い調律法が採用され、巨大なオルガン全体が鳴っている響きが広がります。

バロック・オルガンで演奏された「パッサカリア」は不協和音が聞こえてきますが、これが当時のオルガンの音なのかとして聴くと、不揃いもまた良いものです。

バッハのオルガン曲と言えば「トッカータとフーガ」。モダン・オルガンでの演奏は、我が家のタイムドメインシステムでも重層で濃密な響きです。

ピアノも調律法でずいぶんと音が変わります。

内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調は、平均律ではなく、ヴェルクマイスター第3といわれる18世紀の古典調律法で調律されています。

これもまた豊かな響きがすばらしい演奏です。バッハやモーツアルトの作品を、彼らが生きた時代の調律法で聴いてみるのも楽しいひとときです。

3つのオルガンで聴くバッハの世界~東京芸術劇場~

3つのオルガンで聴くバッハの世界~東京芸術劇場~

椎名雄一郎
2,355円(05/06 21:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 『がんは自宅で治す』を読む『がんは自宅で治す』を読む 石原メソッドを勧めているムラキテルミ氏の『がんは自宅で治す』を読んでみた。 予想はしてたが、何とも現在医学の常識を無視した記述の満載。 万病の原因は「血液の汚れ」 […]
  • がん研有明 手術8割減へがん研有明 手術8割減へ がん研有明病院で、手術に係る看護師が新型コロナウイルスに感染したことがわかって、医師や看護師など110人が自宅待機。 手術も8割減となるって。日曜日も手術すると先日 […]
  • 新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ!新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ! がんに効果があると、コーヒー浣腸を薦める医師が何人かいますね。ゲルソンが最初にがんに効果があると言ったのですが、済陽高穂、新谷弘実などがいます。新谷弘実医師、最近あまり目にしなく […]
  • 【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例 話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例について、オンコロの加知さんが詳細に解説しています。一読の価値あり。インチキ免疫療法とどこが違うのか、まだ研究段階で結論を出すの […]
  • マインドフルネスとタオ 『マインドフルネスストレス低減法』の冒頭にある「日本の読者の皆さんへ」で、カバットジンは、鈴木大拙によって日本の禅を知り、道元の思想に影響を受けていると書いています。もちろん25 […]
  • ぎっくり腰になっちゃったぎっくり腰になっちゃった 非常時の備蓄用に水とお茶を保存しているのですが、在庫が少なくなってきたので「森の水だより」を6ケースとお茶を6ケース買って、エレベータで3階まで上げました。 そのと […]
  • 野菜を摂れば膵臓がんになる?野菜を摂れば膵臓がんになる? 果物を食べ過ぎると、糖質が多いので膵臓がんになりやすい。野菜特に黄緑色野菜を多く摂れば、がんのリスクが下がる。そう理解しているのですが、もしかすると違うかもしれない。とい […]
  • 血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない いつもの病院でアヘンチンキと消化剤。血液検査の結果をもらった。白血球数:5280リンパ球比率:53.6%HbA1c […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です