スポンサーリンク

3つのオルガンで聴くバッハ

LINEで送る
Pocket

東京芸術劇場には、ルネサンス、バロック、モダンの3つのパイプオルガンがあります。椎名雄一郎氏が一晩で3つのオルガンを弾きわける演奏会があり、そのライブ録音がCDで販売されています。

上がルネサンス・バロック・オルガンです。普段はこちらのオルガンが正面を向いています。その裏側にモダン・オルガンがあり、回転させて正面を向ける構造になっています。

この3つのオルガンは、それぞれ調律法が異なっています。ルネサンス・オルガンは、ミーントーン調律法が採用されていて、ところどころで不協和音が聞こえてきますが、それがまた味わい深いのです。

バッハの時代は、ミーントーン調律法から不等分調律法への過渡期でした。バロック・オルガンは不等分調律法が採用されていますが、バッハの後期の作品は不等分調律法では演奏が困難な作品もあります。

モダン・オルガンは平均律に近い調律法が採用され、巨大なオルガン全体が鳴っている響きが広がります。

バロック・オルガンで演奏された「パッサカリア」は不協和音が聞こえてきますが、これが当時のオルガンの音なのかとして聴くと、不揃いもまた良いものです。

バッハのオルガン曲と言えば「トッカータとフーガ」。モダン・オルガンでの演奏は、我が家のタイムドメインシステムでも重層で濃密な響きです。

ピアノも調律法でずいぶんと音が変わります。

内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調は、平均律ではなく、ヴェルクマイスター第3といわれる18世紀の古典調律法で調律されています。

これもまた豊かな響きがすばらしい演奏です。バッハやモーツアルトの作品を、彼らが生きた時代の調律法で聴いてみるのも楽しいひとときです。

3つのオルガンで聴くバッハの世界~東京芸術劇場~

3つのオルガンで聴くバッハの世界~東京芸術劇場~

椎名雄一郎
2,332円(08/02 18:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&24番

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&24番

内田光子
853円(08/02 18:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 笑いとナチュラル・キラー細胞笑いとナチュラル・キラー細胞 シャガ(アヤメ科の多年草) 等々力渓谷にて 犬の散歩をかねて等々力渓谷へ。環八の下に都会とは思えないような渓谷があります。シャガという花を見つけました。インターネット落語会の4月 […]
  • チェロの弦が切れたチェロの弦が切れた チェロのA線がバチッと切れた。ケースから出したら弦が緩んでいたので、ペグを巻いて調整した。ところがすぐに緩んでしまう。 よく見るとペグ穴の周囲が黒ずんでいる。カビらしい。しばら […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』 2012年、米国対がん協会の最新ガイドラインが発表され、その翻訳『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』が6月に出版されています。「がんになり、 […]
  • 日本を見限った中村祐輔教授日本を見限った中村祐輔教授 ニュースに接して驚きました。しばらくして、今の日本なら当然か、とも思いました。この国は既に斜陽にさしかかっています。壊れています。いや、下り坂の半ばまで来ているのかもしれません。 […]
  • 今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」 慢性炎症とがんの関係が最近注目されています。がんの微細環境の知識も増えるにつれ、それを考慮したがん治療法が考えられてくるのは当然です。 からすま和田クリニックの治療法は、食事療 […]
  • 丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法 話題の丸山ワクチンですが、なかには「主治医が協力してくれない。そのような治療をするのなら、別の病院に行ってください」と言われたという例があります。 また、治験担当医 […]
  • がんの悪液質は生存率を左右するがんの悪液質は生存率を左右する がん患者さんが体重が減少していても「がんで痩せるのは仕方のないこと」と諦めてはいないでしょうか。 しかし、がんによる痩せである悪液質に早く対処して、急激な体重減少を […]
  • 同調圧力のなか、どうやって生き延びるか同調圧力のなか、どうやって生き延びるか なんかこう気分が暗いね。 やる気モードにならないっていうのかなぁ。 密閉された屋内でなく、外を歩くのにマスクなど要らんだろうと思うのだが、なんか変な視線を感じ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です