ナッツ類の抗がん効果ービッグファイブは健康によい

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

0

私は、昼食をチーズとアーモンドで済ませることがよくあります。

主な理由は、外食はどうしても糖質が多いものを食べることになるので、それを避けるためですが、ナッツ類にはがんの予防や再発抑制効果があるとも言われています。

ハーバード大教授が教える健康の正解』で著者は、ビタミンDとナッツ類は毎日摂っていると述べています。

この本では私が「ビッグファイブ」と呼ぶ5つの習慣、つまりコーヒー、ビタミンD、運動、ナッツ、瞑想のすばらしい健康効果の根拠を紹介し、説明しよう。

決定的な科学的証拠(エビデンス)がそろっている。コーヒーを飲み、正常範囲内で高めのビタミンD濃度を保ち、定期的に運動し、1日数分瞑想し、1つかみのナッツを食べる習慣が体にとてもよいと、私は確信している。

私の場合、コーヒーよりも緑茶、しかもカテキンの多い深蒸し茶をお茶ミルで挽いて飲むことを習慣にしています。

ビタミンDは一日2000単位、よく歩き、瞑想もやっています。瞑想はサイモントン療法とマインドフルネス瞑想法。その時々で趣向を変えて実行していますが、最近、これに関して”気付き”がありました。

いずれ書こうと思います。

勝俣医師もTwitterでナッツについて次のように呟いていますね。

ハーバード大教授とは少し見解が違いますが、こうした代替療法にはエビデンスレベルや試験の結果で、常に賛否両方のデータが出てくるものです。

がん患者としては、大きな期待はせずとも、拒否するにはもったいないと考えます。

少なくとも、効果がある可能性があるのなら、採用すれば良いのです。100%のエビデンスが出るまで待ってはいられませんから。

食事療法では、がんは治らない。
しかし、
食事療法をしなければ、がんは治らない。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 牛丼で糖質制限食?牛丼で糖質制限食? 江部先生のブログに「すき家の牛丼ライトは糖質制限食OK食品」との記事が出ました。??本当か? 牛丼なんて、糖質が多いのでは? […]
  • インターバル速歩でがんを治す 以前の投稿『運動でがん細胞が消える』において、がんに効果があるとして紹介した「インターバル速歩」の行い方です。 インターバル速歩とは、早歩きとゆっくり歩きを交互に数 […]
  • 運動すればがんの成長を抑えることができる運動すればがんの成長を抑えることができる ランニングなどの運動により、ナチュラルキラー細胞が活発化し、がん細胞などの腫瘍の増殖を抑制できる可能性が、マウスによる実験で示されました。毎晩4km~7km走ったマウスの免疫系統 […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • 筋肉トレーニングでがんの死亡率が31%減少 週に2回以上の筋肉トレーニング シドニー大学の研究グループの発表では、週に2回以上の筋力トレーニングを行っている方は、していない方に比べて、全ての死因における死亡リスクが2 […]
  • 玄米は炎症を抑え、がんに効く玄米は炎症を抑え、がんに効く 安西さんの「米国統合医療レポート」の紹介です。「全粒穀物で炎症レベルが低下」で、体内の炎症レベルを反映するCRP値と全粒穀物の摂取量との関係を調べたメリーランド州の研究者の調査結 […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です