スポンサーリンク

光免疫療法ー最終ターゲットは膵臓がん?

週刊現代に光免疫療法の記事が載っています。

その内容を紹介した記事がこちらです。

「現在、試験を行っているのは頭頸部がん。顔や頭の近くで手術が難しいことと、光を当てやすいという理由からです。
もちろん、光免疫療法は他のがんにも効果があるはず。内視鏡を使って光を当てれば、内臓系のがんにも対応できる。最終ターゲットは、とても難しいがんといわれる膵臓がんです

そう言わずに、もっと早く膵臓がんに取り組んで欲しいよ。

ただ、懸念はよく分かります。

膵臓がんで手術ができないのは、大きな血管に腫瘍が巻き付くように浸潤しているから。

頭頸部がんの臨床試験では、近赤外線を当てた腫瘍は、患者が病院から出るころには、もうどろどろに溶け始めているという。

これをそのまま膵臓がんに適用したらどうなるか。大きな血管に巻き付いた腫瘍がどろどろと溶け出したら、血管に大きな穴が開いてしまいます。

がんは消えたが、患者は大出血によって亡くなりました。では、笑い事ではありません。

この難しい問題の解決法を考えないと、ステージ4の膵臓がんへの適用は難しいでしょうね。せいぜい、術中の膵臓に近赤外線を当てて、目に見えないがん細胞を破壊し、再発転移のリスクを減らすことでしょうか。これなら抗体を決めさえすれば始められます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す