膵臓がんに免疫チェックポイント阻害薬が効かない理由

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

0

「海外がん医療情報リファレンス」からの記事です。

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬は、膵臓がんには効かないと言われますが、その原因が明らかになってきました。

膵臓がんの腫瘍には非悪性の支持細胞である間質が高密度で含まれている。膵臓がんは30%の悪性細胞と70%の間質で構成されている。

免疫チェックポイント阻害薬で誘導されるT細胞は、膵臓がんの場合、その多くが間質に存在し、悪性細胞を攻撃することができない。

研究者らは、膵臓がんの腫瘍にはVISTAと呼ばれる免疫チェックポイントが多数発現していることを発見した。

7つの膵臓サンプルの分析で、CD68陽性マクロファージがPD-L1とVISTA経路を別に有しており、それぞれ免疫反応を阻害していることがわかった。転移膵臓がん患者3人の腫瘍から採取したT細胞を用いて実験をしたところ、活性化VISTA経路が、PD-L1による阻害以上に腫瘍における活性化T細胞反応を低下させていることがわかった。これは、PD-1/PD-L1阻害薬での治療が奏効しないのは未治療のVISTA経路が免疫反応を抑制することが原因かもしれないことを示唆している。

膵臓がんで免疫チェックポイント阻害薬の効果を高めるためには、抗CTLA-4チェックポイント阻害に加えてVISTA抗体を利用するなどの対応が必要になる。

VISTAを直接対象にした免疫チェックポイント阻害薬が開発されたら、膵臓がんの治療に希望が見えてくるだろう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告 この種の警告、確か何度か見たことがあるはず。それでも被害がなくならないってことか。 さらに、本庶佑氏のノーベル医学生理学賞の受賞を機に、騙す手口がより巧妙になっているからか […]
  • 免疫細胞療法で寿命が縮まることがある?免疫細胞療法で寿命が縮まることがある? 治らないがんを宿したがん患者が、一縷の希望を求めて免疫細胞療法に走ることを否定はしません。そうした患者がデータに基づいて正しく選択するためにも、データを公開して臨床試験を行うべき […]
  • これはひどい! 悪魔のようなクリニックこれはひどい! 悪魔のようなクリニック ニャンコ先生のブログにこんな記事がアップされています。 そのクリニックで診察医が最初に言ったのは 採血やら免疫治療のメニュー表を提示しながら (実際に見せて […]
  • 本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言 本庶佑さんのノーベル賞受賞を受けて、オプジーボに関する報道も過熱しています。中には、さっそく宣伝に利用している免疫細胞療法のクリニックも登場する始末です。 そうした […]
  • 国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?国がネオアンチゲン療法の効果を認めた? この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。 イチリキさんのコ […]
  • がんペプチドワクチン:効果示せずがんペプチドワクチン:効果示せず 研究の結果は、食道がん、膵癌ともにがんペプチドワクチンの効果は証明されないという結果になりました。 […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です