スポンサーリンク

ビタミンB6は膵臓がんのリスクを下げる

LINEで送る
Pocket

中国の研究グループが、ビタミンB6の摂取量と膵臓がんの発症リスクの関係をメタ解析した論文です。

PubMedやWebから見つけた9つの研究のデータを、多変量調整してメタアナリシス分析したところ、ビタミンB6摂取量が最大のグループは最少のグループに比べて、膵臓癌の総RR値が0.65(95%CI:0.53-0.80)であり、研究間に有意な異質性はないことを確認した。

つまり、リスクが35%低くなるという結果でした。

ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6は、マグロやレバーに多く含まれています。

かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ。

鶏肉、魚、内臓肉はいずれもビタミンB6を豊富に含んでいます。

ジャガイモその他の澱粉質の野菜は、主要なビタミンB6供給源の1つです。

果物(柑橘類を除く)も主要なビタミンB6供給源です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です