スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

「水素水」は似非科学

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、「水素水はどうでしょうか?」とか、「フコイダンは?」と言う質問を何人かの方からいただきました。

『膵臓がん患者と家族の集い』の基本的姿勢は、

「いかなる治療法についても、否定も肯定もしない」

との立場ですと断った上で、私個人の考えを述べさせていただきました。

水素水は一時ブームになりましたが、今はそれほどでもないようですね。がんと言われたら、だれでも「何か効くものはないか」と探すのは、当然のことです。

しかし、そのサプリメントなどの科学的な根拠を確かめることをぜひやって欲しい。インターネットにはいろいろな情報がありますが、患者はどうしても「これで治った」というような体験談に惹かれがちです。

健康食品やサプリメントなら、「健康食品の安全性・有効性情報」でまず調べて欲しいものです。ここの「素材データベース」で検索すれば、ほとんどのものが出てきます。

最近よく聴く「ノニジュース」などについていも書かれています。

フコイダンについても、基本的な情報を得ることができます。

水素水についていえば、「似非科学」です。たくさんの研究がされていますが、どれも「抗がん剤の副作用低減効果」などの限定的な結果で、それも研究によって結果の信頼性にばらつきがあります。水素の抗酸化作用についても、確かな根拠に乏しいのが現実です。

過去にいくつかの詳細な記事を書いているので、こちらも参照してください。

実は私たちの体内では日々水素が多量につくられています。大腸には水素産生菌がいて、水素を産生しているのです。

おならの量は食べ物や体調によっても異なりますが、1回で数ミリリットルから150ミリリットルほど、一日で約400ミリリットル~2リットル出るといわれています。

おならの主な成分は、飲み込まれた空気中の窒素が60~70%、水素が10~20%、二酸化炭素が約10%、そのほか酸素、メタン、アンモニア、硫化水素・・・などです。

おならとして外部に出る以外は体内に吸収されて血液循環に乗っていきます。これは、水素水から摂取する水素量と比べてはるかに多量です。

体内で大量に造られているものを、わざわざ水素水として飲む必要はないし、飲んだって、わずかにその量が増えるだけです。そのために高額な機械や水を買うのは馬鹿げています。

さらに専門的に知りたければ、こちらのサイトが良くまとまっています。

以上が私の見解ですが、これもネット上の”怪しげ”な情報かもしれないですから、自分でよく考えて、取捨選択してくださいね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「水素水」のイチオシ記事「水素水」のイチオシ記事   上野動物園前 「水素水」に関する記事が続きます。 「水素水」。分かりづらいですよね。なにがって言うと、怪しげな機器が高額で販売され […]
  • こちら特報部:水素水ブームこちら特報部:水素水ブーム 最近はアヘンチンキを飲む量が増えてきました。豆乳を飲んだだけでも3回に2回は急激な下痢に見まわれます。我慢できずにいきなり来るから大変です。 大量のガスが発生しているようで […]
  • 国民生活センター調査 水素水「やっぱりただの水」国民生活センター調査 水素水「やっぱりただの水」 がんに効果がない「水素水」 あたかもがんに効果があるかのように、過熱している水素水ですが、国民生活センター調査結果が発表され、ニュースにもなっています。 容器入り及び生成 […]
  • 「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ 医学は科学です。しかし、医学の対象とする人体は複雑系の代表であり、その行動は「非線形」に振る舞う。 したがって、医学を学問として捉えた場合、その方法論は「非線形」でなくてはなら […]
  • がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院 小林久隆氏が開発したがん光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいます。この対象は、再発した頭頸部がんの患者を対象に、安全性を確認する試験です。 がん光免疫療法を紹介 […]
  • 膵臓がんの粒子線治療膵臓がんの粒子線治療 他にも巨大な肝細胞癌や肺癌、局所進行膵癌で粒子線治療が標準治療成績を上回る可能性を示す事は出来たが、粒子線治療施設で治療方法に違いがある事などからエビデンスが高いデータとは言えな […]
  • 光免疫療法、先駆け指定に光免疫療法、先駆け指定に 「先駆け審査指定制度」は、対象疾患の重篤性など、一定の要件を満たす画期的な新薬などについて、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取扱いをするこ […]
  • ビタミンDの電車内広告ビタミンDの電車内広告 チェロのレッスンの行き帰りで、電車のドア横に張ってあるビタミンDのサプリメントの車内広告が目につきました。大塚製薬の「ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です