血糖値が良すぎて、不思議?


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

脊柱管狭窄症の手術後、どうも身体の異常を感じる。

術後副作用の神経性下痢が少なくなり、アヘンチンキの量を減らしている。便も軟便が少なくなり、紙おむつのお世話になる回数も減ってきた。

さらに血糖値が良すぎる。空腹時血糖値が100mg/dLを切るようになった。

どれも悪いことではないのだが、なんだか気になってしかたがない。

低い血糖値

ここ一ヶ月間の空腹時血糖値は、

128⇒106⇒105⇒99⇒86 mg/dL

と次第に下がってきて、低血糖も一度起きた。朝一回の持効型インスリンも

7単位⇒6単位⇒5単位

と、低血糖が心配だから徐々に減らしている。

朝食のブラン食パンも止めて普通の食パンに替えた。蕎麦を食ったりして糖質の多い食後の血糖値も200mg/dLを超えることがなくなった。

腰の手術以後の現象だから、それが原因かとも思うが、人間の身体は、すべて複雑につながりあっているのだろう。不思議だ。

手術後に黄色ブドウ球菌に感染して、再手術となったので、2ヵ月くらいは複合抗生物質製剤の「オーグメンチン」を服用するように処方が出ている。オーグメンチンの副作用かと添付文書を調べてみたが、逆に下痢症状が増えると書かれていて、血糖値に関する記載はなかった。

このままいけば、インスリンから離脱できるかも。ま、膵臓がほとんどないのだから、それはないか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 近藤誠氏の中川恵一批判は不十分だ近藤誠氏の中川恵一批判は不十分だ 膵臓がんのブログのはずなのに、このとろこ福島原発のことばかりを書いている。私は今、がん患者である。どういうわけか生き残っている。もちろんこの先どうなるかは誰にも分からないし、統計 […]
  • ノートパソコンを買い替えたノートパソコンを買い替えた 2002年にDELLのB5ノート […]
  • 今日の一冊(139)『がんで不安なあなたに読んでほしい。』今日の一冊(139)『がんで不安なあなたに読んでほしい。』 がん研有明病院 […]
  • 膵癌術後の補助化学療法、日本は変らず膵癌術後の補助化学療法、日本は変らず 今年のASCO2016で、膵癌術後の補助化学療法として、ゲムシタビンとカペシタビン(ジェムザール+ゼローダ)が生存期間を有意に伸びたとの発表があった。 ASCO 2016 […]
  • 小樽の宿小樽の宿 今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある […]
  • 東京はニューヨークになるか東京はニューヨークになるか 東日本大震災のときにも活躍した児玉児玉龍彦先生、金子勝氏らの動画。4月4日のものですが。 これを見なく今の日本の状況は語れない。 東京で97人感染、とかマスコミで語られるが、分母 […]
  • 膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ 次回の『膵臓がん患者と家族の集い』で講演をお願いしている佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』を閲覧されている方は結構多いですね。 なにしろ、 […]
  • がんと食事(5)がんと食事(5) 帰省していたので、ブログもしばらく間が空きました。続きにけりを付けなくては。 写真は室戸岬・坂本海岸のハイビスカス・ロードです。今年は9月末だというのに、まだ南国らしい暑さ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です