スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

恐竜のしっぽになる

東京の梅雨もまもなく明けそうです。今日は愛車の洗車とガラスコーティングに5時間かけました。ついでにヘッドライトカバーの黄ばみもきれいに除去しました。

ガラスコーティングはほぼ2年毎にやり直しています。これで紫外線をカットしワックスもいらないし、普段は水洗いだけでOK。

ディーラーに頼むと5万円以上とられるので、ネットで材料を買って自分で施工します。マニュアル通りにやれば素人でも簡単です。

11年経った車ですが、紫外線による塗装の劣化もなく、新車並みの光沢を保っています。

膵臓がんの手術をした翌年に、「絶対に生存率曲線の恐竜のしっぽになる」覚悟で、買い換えた車です。

スポンサーリンク

膵臓がんは「がんの王様」と言われ、予後は悪い。しかし、生存率曲線を見ると、右端はゼロではなく、恐竜のしっぽのようにずっと延びている。

だったら、私が恐竜のしっぽになれば良いではないか。そのためには・・・。

この話はシュレベールの『がんに効く生活』にも出てきます。

腹膜中皮腫と診断されたハーバード大学のグールド教授は、生存率曲線は必ず”ロングテール”の形をして、どこまでも続いているように見えることに気付きます。

たとえ生存期間中央値は8ヶ月であっても、しっぽの先には数こそ少ないが、何年も生きている人がいる。グールドは、自分がこのしっぽのもっとも端にいる患者になっても何ら不思議ではないかと思い、安堵の溜息をついたのです。

統計は情報に過ぎず、決して宣告ではない。

私は統計データではない

がんの進行を正確に予測できる者などいないのです。

化学療法の大きな不思議の一つは、その療法が著しい延命につながることはないにしても、ときには腫瘍を”溶かし”てしまうということです。体の抵抗力と病気の進行の関係は、純粋にがん研究の観点に立っても、いまだ解明できないのです。

自分にもできることはあるはずだ。そして結果は「神さまにお任せ」、そのような心境でした。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 日本人の緑茶飲用量と死亡リスク日本人の緑茶飲用量と死亡リスク 2019年8月に "European Journal of Epidemiology" […]
  • 赤肉の大量摂取は、アルキル化によるDNA損傷により癌を促進赤肉の大量摂取は、アルキル化によるDNA損傷により癌を促進 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』などには、「加工肉や赤肉の摂取を少なくしましょう」と書かれており、『肉類(牛・豚・羊等。鶏肉は除く)を控え目にし、加工肉( […]
  • がん悪液質の治療薬が承認がん悪液質の治療薬が承認 膵臓がん患者は悪液質になる割合がすべてのがん腫の中で一番高くなっています。しかし悪液質に対する治療法はありませんでした。 アボットジャパン社のEPA […]
  • 因果関係より相関関係:ビッグデータの時代因果関係より相関関係:ビッグデータの時代 ノバルティス社のディオバン問題は検察の強制捜査が入っています。最初にこの問題が報道されたとき、統計処理をノバ社の社員に任せた、と報じられたのですが、「統計の分からない医者が臨床試 […]
  • 死ぬこととと生きること 中学校の同窓会の案内が来ました。先月は高校の吹奏楽部の同窓会があって高知に帰省したのですが、還暦を過ぎると急に同窓会の案内が来るようになりました。定年を迎えて多くの人が現役から退 […]
  • 苦しみの感情を癒やすのは、よく悲しむこと苦しみの感情を癒やすのは、よく悲しむこと 女優で作家の中江有里が、27年ぶりに新曲「いつも」を出したそうです。CD ではなくダウンロード版です。 中江有里、女優というよりも文筆家というイメージですかね。TBS […]
  • 「治らない人のための情報」がない「治らない人のための情報」がない 「余命1カ月」。今夏、そう医師から宣告を受けた千葉県船橋市の男性がいる。「残された日々とどう向きあえばいいのか知りたい」。しかし、がんを克服した人の話は多々あれど、死を覚悟し […]
  • がん検診とがん治療の遅れがん検診とがん治療の遅れ 自治体が行うがん検診の受診者は、昨年の5月と比較して8%だとか。相当な落ち込みですね。やはり皆さんコロナが怖いのでしょうね。 しかし受診が遅れると、がんが進行してから見つか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です