スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

映画「新聞記者」を観てきました

LINEで送る
Pocket

一段と暑いですね。

今日は川崎の「109シネマズ」で『新聞記者』を観てきました。

平日にもかかわらず、8割ほど席が埋まっていました。

参議院選挙にぶつけたためか、忖度もあったのだろうがテレビ番組での取り上げはほとんどゼロ。それでも口コミやネットで広まって、人気になっている。

シム・ウンギュンの演技には少し難があるが、サスペンス調の展開で息もつかせず見せます。

ここ最近のマスコミの退廃はいっそうひどいことになっている。映画のモデルとなった望月衣塑子記者は、「欧米ではあなたのような取材姿勢は普通ですよ」と言われたそうな。しかし日本では菅官房長官を筆頭に、あからさまに排除をしようとし、それに対して記者クラブが救いの手を延べるどころか、一緒に叩こうというのがこの国だ。

2010年の7月のブログ記事で、マスコミの姿勢についてこんなことを書いてあった。

みんなが右による。少し遅れて自分も右へ。ときによってはみんなより先に右に移動する(朝日新聞のように)。この繰り返しによって、相対的な自分の位置を「中庸」に保とうとする。そして頑固に自分の主義を曲げない「中庸」だった人間がいつの間にか「左」の烙印を押される。烙印を押されたくなければ「まぁ、世の中こんなものですから」などと言って、素知らぬ顔で右に寄るのである。ときの権力を監視しない新聞なら、折り込み広告の入れ物でしかない。

10年経って、内閣情報調査室の上司が言う「この国の民主主義は形だけでいいんだ」のセリフ、まさにその状態がいっそう進んでいる感を強くする。

ラストシーンでの松坂桃李の口元。彼は何を言おうとしているのか、これからどうしようというのか。それもまた見る人ぞれぞれによって聞こえ方が違ってくるはずです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 吾が生既に蹉蛇たり吾が生既に蹉蛇たり 癌研有明へ。 夏休みのせいか、お台場付近は交通渋滞のため、臨海トンネル・中央防波堤外側埋立地・第二航路海底トンネルと、あまり知られていない抜け道ルートで病院へ。 […]
  • やはりイレッサは「薬害」だやはりイレッサは「薬害」だ 雨上がる 来週のアンサンブルホリディー2011も迫ってきたので、ブログを書く暇を惜しんで練習しています。低音部が多く太い弦を押さえるために、左手の小指にはチ […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]
  • トンデモ本 安保免疫学 (1)トンデモ本 安保免疫学 (1) 今後の癌との戦い方を考えています。 すい臓癌の5年生存率は5%ほど、手術が可能な場合はいくらかは生存率も良くはなるが、他の癌に比較するとやはり予後はあまり良くない。 であるならば […]
  • 癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい 体につながっているパイプ類はひとつを残して取り去った。点滴用のが残っているだけだ。手術跡の傷は痛い。鎮痛剤なしでは夜眠れないことも多い。だが、徐々にその痛みも小さくなっている。 […]
  • 『がんの花道』 がんの告知から最期まで、がん患者が「平穏死」を全うするためには家族の力が大切だ、との主旨で書かれた本です。長尾和宏氏と藤野邦夫氏の対談です。「家族の力」こそが今後のがん治療のキー […]
  • 焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究 肉の炭になるような焦げは以前からがんのリスクを高めるとはいわれていましたが、膵臓癌のリスクは60%も高くなるそうです。 ミネソタ大学のアンダーソン氏らの研究です […]
  • メラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導するメラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導する トランプ大統領が、イランと結んだ核合意から一方的に離脱を表明し、原子力空母を中東に派遣するなどきな臭いニュースが続いています。こちらは同じイランからですが、希望の持てるニュースで […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です