膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

膵臓がんで治療に使うことのできる抗がん剤は限られています。免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの多くは、健康保険で使うことができません。

進行がんで発見されることも多いので、膵臓がんこそ初期からの緩和ケアが必要だと言えるでしょう。

緩和ケアというと、まだまだ末期になってから考えれば良いという患者が多いのが実情ですが、特に膵臓がん患者の場合は、告知された初期から緩和ケアを並行していくことが必須だと言えます。

告知されてからすぐに緩和ケアを始めたグループと、3ヶ月後に開始するグループとを比較すると、前者では1年生存率が良かったという研究があるほどです。

痛みが取れれば長生きできる

告知されて間もない方へ

膵臓がんの腫瘍が存在する場所により、腹痛として痛みが自覚されることもあれば、背中の痛みとして自覚されることもあります。そして、膵臓がんの場合、多くの痛みが鈍痛と言われる部類になります。

痛みの形式としては、内臓痛というものに分類されます。

したがって、切り傷やお腹の疝痛とは異なった痛みで、日常ではあまり経験しない痛みであるため、「痛み」であるとの理解が遅れることがあります。

患者さんはしばしば「痛みではない」と否定され、治療が遅れることになるのです。

内臓痛は医療用麻薬がとても良く効きます。

抗がん剤が効いてきて腫瘍が制御されて痛みが緩和されるまでには、一定のタイムラグがあります。その間も痛みを我慢するのではなく、医療用麻薬を適切に使うことによって痛みが緩和され、精神的な安定やQOLを保つことにつながるのです。

膵臓がん末期の痛み

高度進行期や末期の膵臓がんの痛みは、治療に難渋することがあります。医療用麻薬を用いても痛みが効果的に取れないこともしばしばあります。

特に膵臓の近くにある腹腔神経叢(ふくくうしんけいそう)に腫瘍が進展すると神経障害性疼痛を併発します。神経障害性疼痛は医療用麻薬だけでは緩和が難しい痛みです。

このような場合は、医療用麻薬の他に、鎮痛補助薬を併用したり(商品名リリカ、サインバルタなど)、神経ブロックを使うこともあります。

しかし、中には亡くなる直前まで我慢できないような痛みを経験することのない患者もいますし、緩和ケアの経験豊富な医師の治療によって、相当緩和できるので、過度に怖がることはありません。

8月31日は大津先生の講演会

8月31日(土)に開催される『膵臓がん患者と家族の集い』では、緩和ケア専門医 大津秀一先生の講演『膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~』があります。

膵臓がんに焦点を当てた緩和ケアの、聞き逃せない講演となります。ご参加をお待ちしております。

詳細と参加申込みは『膵臓がん患者と家族の集い』のオフィシャルサイトから。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
  • 膵臓がんには早期からの緩和ケアが必須膵臓がんには早期からの緩和ケアが必須 女優の八千草薫さんが、昨年の1月に膵臓がんの手術をして、今年肝臓に転移をしているのが見つかったと報じられていますね。 「男はつらいよ!寅次郎夢枕」にマドンナとして出 […]
  • 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関するものをピックアップしてみました。 膵臓がん以外の癌腫を対象としたものも記事も含んでいます。 […]
  • 医療が目指すのは延命だけ?医療が目指すのは延命だけ?   川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医の西智弘先生が新刊を出されます。そのなかから、幼い子どもを抱え、ある日突然、膵臓がんと診断されたタムラさんの […]
  • 緩和ケア医になったわけー大津秀一先生緩和ケア医になったわけー大津秀一先生 次回8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』は、緩和ケア医 […]
  • 膵臓がんの緩和ケア膵臓がんの緩和ケア 一般に膵臓がんの終末期の痛みは、コントロールが難しいのですが、膵臓がんブログでも最期はほとんど痛みがない方も結構いるので、あまり悲観的になる必要はありません。しかし、経験の浅い未 […]
  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった […]
  • おみみレモネードさんのリブログおみみレモネードさんのリブログ リブログのリブログです。 幸いなことに、私は自分がすい臓がんの診断を受けてから早いうちに大津Dr.のブログと出会い、かかりつけの病院でも緩和ケアをお願いしました。 特 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です