修善寺温泉に行ってきました

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

一泊二日で伊豆の修善寺温泉に行ってきました。

東名高速がリニューアル工事で、大井松田ー御殿場間の左ルートが閉鎖され、大渋滞が予測されるので、箱根経由のルートに変更。しかしこちらも交通量が多くて、結局4時間かかりました。

三島でそば処「砂場」で天せいろ。

修善寺は3回目です。一回目は膵臓がんの術後3ヶ月の9月に、快気祝というよりは、冥土の土産のつもりで老舗の新井旅館に泊まりました。

二度目は渡月荘金龍SORA(宙)で、食事も部屋も良かったので、今回のリピーターです。

宿の女将が挨拶に来て、『ドラマ 「東京独身男子」で二度もロケ地の宿に選ばれました』と言ったのだが、あいにくとこちらはテレビドラマには縁のない生活でそのドラマを知らない。ま、なんとか話のつじつまを合わせておいたが。

部屋はベランダに面した内湯付きの和室。

ベランダから見える庭は一部が紅葉していました。

会席料理なので、まとめた写真にはなりにくいが、美味しかったです。貸し切り露天風呂に浸かってから散策。

竹林の小径:逆光にして印象深く描写

修善寺の境内も画角を選べば紅葉の見頃のショットが撮れます。

伊豆随一の紅葉と言われる「修善寺自然公園もみじ林」は、まだ緑が多くてがっかり。

翌日は達磨山に行き、横山大観がここらかの藤を書いたという展望台へ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • DWIBS(ドゥイブス法)DWIBS(ドゥイブス法) がんの治療においては、抗がん剤が効いているのかを早く判断し、再発や転移があれば、早期に見つけて次の治療法を考えることが大切です。 その判断には造影CTやPET(陽電子放出断層撮 […]
  • ギャンブルとがん治療の必勝法ギャンブルとがん治療の必勝法 がんの治療はギャンブルだと、よく言われます。 免疫チェックポイント阻害剤のオプジーボだって、効果のある患者は3割程度だと言われます。あなたに効くかどうかはやってみなけれ […]
  • ニンジンジュース、ゲルソン療法で膵臓がんは治るのか?ニンジンジュース、ゲルソン療法で膵臓がんは治るのか? 先日のZoomを使った Web […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • 『からだの知恵』-W・B・キャノン『からだの知恵』-W・B・キャノン 権現堂堤の桜(4) 一面の菜の花畑 身体におけるホメオステーシス(生態における恒常維持)の概念を確立したことでよく知られている生命学者キャノンの『からだの知恵-この不思議 […]
  • 今日の一冊(119)『がんと腹水治療』今日の一冊(119)『がんと腹水治療』 大量のがん性腹水を安全かつ迅速に処理可能な改良型の腹水治療システム(KM-CART)を開発した松崎圭祐先生の著作です。 KM-CARTとは 松崎先生は、東京都豊島区に […]
  • 今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか? 昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく […]
  • 喉の渇き喉の渇き お散歩デジカメ 『3対3』 夜中に喉の渇きを覚えて、目が覚める。さらに、このごろは午前3時になると便が出たくなって目が覚める。便の方は手術の後遺症による神経 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です