スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

中村哲の理想郷

中村哲が凶弾に倒れた。アフガニスタンで、100の病院よりも一本の灌漑水路が人々の生活を守り、結局は平和な国土を作ることができると、理想郷を追い求め、驚異的な実行力で成果を上げていた。

宮沢賢治が追い求めて果たせなかった理想郷「イーハトーヴ」。肥沃な土地で育った作物を、皆で分け与え、困った人がいれば手を差し伸べ、病気の人がいれば元気を出せという。  『雨ニモマケズ』の賢治の理想的な生き方を、中村哲は黙々と貫いていたのである。

アフガニスタンで重機を巧みに操りながら、彼の心は、静謐な『銀河鉄道の夜』のような理想郷を見つめていたに違いない。

彼こそがノーベル平和賞を受賞すべき人物だった。

名誉欲のない中村哲なら、授賞式には出なかっただろう。しかし、賞金はありがたく頂戴して、ペシャワール会の活動に使わせていただきます。そんな風景が目に浮かぶ。

中村哲と憲法9条は切っても切れない関係だ。

「アフガニスタンにいると『軍事力があれば我が身を守れる』というのが迷信だと分かる。敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。単に日本人だから命拾いしたことが何度もあった。憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、僕たちを守ってくれているんです」

「ちっぽけな国益をカサに軍服を着た自衛隊がアフガニスタンの農村に現れたら、住民の敵意を買います」と自衛隊の海外派遣など、逆効果だと行ってはばからなかった。

誰が彼を殺したのか。

彼のような活動では平和は実現できない。武力には武力だ。そう考える勢力が、見せしめのために殺害を実行したのではないのか。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ピリオド法とは?ピリオド法とは? 先日の記事「サバイバー5年相対生存率」でピリオド法なるものに言及した。「ピリオド法(period […]
  • 死んだら心はどうなるのか?死んだら心はどうなるのか? 予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? […]
  • 血糖値上昇 & フコイダン血糖値上昇 & フコイダン 糖尿病を管理してもらっている医院で、先月測定したHbA1cの値を聞いた。 前回 6.0%  ⇒ […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • 加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった 本棚を大掃除して、この50年間に貯めこんだ蔵書をたくさん捨てた。老年になって物質欲にこだわるのは見苦しいと考えたからだ。まず蔵書を整理しようとしたのはそのためだ。 残ったの […]
  • アブラキサンが審議会で了承されるアブラキサンが審議会で了承される 11月28日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、アブラキサン点滴静注用100mg(大鵬薬品)に、治癒切除不能な膵癌への効能・効果を追加することが了承されました […]
  • 膵臓がんの細胞、発病前に転移も膵臓がんの細胞、発病前に転移も 日経新聞の記事を見て唖然としました。膵臓がん細胞が癌化する前から肝臓や肺に転移をしているという内容です。 原発巣の腫瘍を切除しても、抗がん剤で叩いても、膵臓がんが […]
  • おかしなことばかりおかしなことばかり 理解できないことばかりで、頭が混乱しそうだ。ひとつには消費税。社会保障費が自然増だから消費税を増税するという。しかし、消費税を導入するときにも同じような言い訳だった。結果は消費税 […]

コメントを残す