人は死んでも、宇宙の全エネルギーは一定だ。

スポンサーリンク
【日 時】2020年3月15日(日) 13:00~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら

1月25日(土)6:00から申込み受付を始めます。

LINEで送る
Pocket

アミターバ 無量光明

アミターバ 無量光明

玄侑宗久
1,540円(01/22 07:01時点)
発売日: 2018/05/03
Amazonの情報を掲載しています

「アミターバ」とは「阿弥陀如来」の梵語表記です。無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいいます。限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされており、西方極楽浄土の教主です。

玄侑宗久さん自身がこの本を次のように評しています。

死の瞬間、私は発光体になって輝く世界に入った。そして……。
死を恐れるすべての人のための究極の物語

末期ガンに侵された母。死の影を間近に感じつつも努めて明るく振舞おうとする母を、献身的に看病する娘小夜子と夫の僧慈雲。 魂は不滅なのか。

はたして、人間の魂はどこに向かうのか。
死の瞬間、そしてその後の世界を描く、究極の生の物語。

「アミターバ。つまり無量の光。あるいはアミターユス。阿弥陀さんですよ。

いいですかお母さん、極楽浄土ってのは、なにか私らには計り知れない存在の意志や思いが実現してる場所らしいんですよ。それを疑わないことです」。

がんで闘病する、僧慈雲の義母の最期の三ヵ月、死の瞬間とその後を圧倒的な迫力で描いています。

本書によって死の恐怖や悲しみから癒される読者が多い事でしょう。

人は死が近づくにつれて、意識があの世に逝ったり還ってきたりするという。そしてトンネルの向こうにまばゆい光が現れて、その光の中に入っていくことに無量の喜びを感じるようになる。

「死」とは忌み嫌うものではなく、むしろ此の世に呼び戻されることが苦痛と感じるほどの幸福感に満たされた状態なのです。

がんになった慈雲さんが義母に、あるときエネルギーの話をするのです。

慈雲さん、僧侶でありながら物理学にも詳しいらしい。(玄侑宗久自身は、東日本大震災のとき、原発について学び、たくさん発信しています)「原子」や「クオーク」、はてはこの自然界の究極の単位は「ひも」であると、超ひも理論まで持ち出してきます。

宇宙の総エネルギーは一定だから、人が死ぬ瞬間にからだの1gが全部エネルギーに変わったとしたら、「10の14乗ジュール」という熱エネルギーになる。

25メートルプールの529杯分が瞬時に沸騰する熱量である。ま、これはアインシュタインの有名な式 E=mC2 から導かれるのですが、この膨大なエネルギーの大部分は使われずに残って、それが阿弥陀如来という力に集約され、アミターバという浄土、無量光明土を現出させているのではないか、と解釈してみせます。


スポンサーリンク

人は死んでも宇宙の全エネルギーは一定であり、存在の仕方を変えるだけのことだというのでしょう。

しかし、魂はどうなるのか。魂は物質ではないから当然質量はありません。となるとエネルギーも持っていません。

もともと何もない「無」からわたしたちは突然「生」を受けたのであり(エネルギーの形の変換)、死んだらそれがまた別のエネルギーに変わって、この宇宙のどこかに存在するのです。死んでも何も無くなりはしないのです。

以前に三春の滝桜に行った後、そ侑さんが住職を務める福聚寺(ふくじゅうじ)の枝垂れ桜を見物しました。

みごとな桜でしよね。

DP3M1750

DP3M1760

DP1M2091

DP1M2082

 

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 『松田さんの181日』 松田さんの181日 posted with ヨメレバ 平岡 陽明 文藝春秋 […]
  • 『モモ』で考える、時間と死『モモ』で考える、時間と死 ミヒャエル・エンデの『モモ』は、灰色の男たち=時間どろぼうを登場させることによって、時間の節約=効率主義が、人々から人生のゆとりと生き甲斐を奪うということを、ファンタジーの形式で […]
  • 「人生は借用書」返す期限が来たら返せば良い、ただそれだけのこと 「死は受入れられない」。釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるはずだ。 しか […]
  • 今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士 人間が死んでいくことの意味、最期まで生き抜くってどういうことなのか、その意味を問うているのです。 「私にはやっておきたいことがあるのです」という山中さんは、毎日外出許可をも […]
  • 今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」 佐藤由美子さんは、ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士です。長年米国のホスピスで音楽療法を実践してきた方です。またブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」も開設されています。 […]
  • バカボンのパパ:これでいいのだ!バカボンのパパ:これでいいのだ! ガンになったことが悪かったのではなく、ガンになる要因を持っていたことが悪かったのです。ガンになったらなったで、変えるチャンスです。その時に、あれこれ違う方法を探すより、生き方その […]
  • 今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」 「自分も自分の治療チームの一員として参加したい」。この言葉をブログでも何度か使ってきました。西先生も、この本の中で同じことを言われているので嬉しくなりました。 また「医療の民主 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です