スポンサーリンク

新型コロナウイルスへの対応はこれ

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルス

パソコンの調子が悪くて昨日はそれへの対応に一日中かかりっきりでした。オーディオ出力に雑音が入る。録画したビデオのレジストリが壊れて再生できない。

それを直すためにシステムの回復など色々やったが、直らないばかりか逆に青色申告ソフトなどが起動できなくなってしまった。確定申告の日が近いのにこれは非常に困る。

バックアップにはEaseUs Todo Backup

最終的には外付けドライブに C ドライブのバックアップを取ってあったので、そこから一週間前のバックアップを使ってリストアして復元しました。

リストアには2~3時間かかるということなので、寝る前に初めてそのまま放っておいたら、朝起きたら終わっていました。

無事に起動してくれました。やれやれです。

パソコンはこういうことがありますから、 C ドライブやデータのバックアップは定期的にとっておいた方がいいですよ。万が一の時の保険です。

ただ、バックアップを取るには Windows 標準のバックアップは使いづらいです。私が使っているのは EaseUs Todo Backup です。無料のソフトですが高機能で使い勝手が良いです。

万が一への備えというのは、わかってはいてもなかなか実行できないものです。首都直下型地震が30年以内に来る確率が70%とか言われていますが、それをへの備えをしなくてはと言われても、なかなか手がつかないのが実情です。とりあえず飲料水とトイレットペーパーは2週間ぶんぐらいはあります。

新型コロナウイルス、栄養と睡眠で

こちらの方は万が一というよりは確実にやってきます。新型コロナウイルスのことです。水際作戦なんて到底無理なことは最初から分かっていましたし、すでに国内で20人の陽性患者が出ています。 症状の出ていない潜在的な患者は相当いるはずです。これが1000人1万人10万人と増えて行った時には隔離なんて無理でしょう。

ウイルスに対してマスクはほとんど役に立ちません。マスクはウイルスを持った人が他人にうつさないために使うものです。手洗いやうがいは、ある程度は効果があるにしても完全ではありません。 

新型ウイルスの感染が世界に広まったことはこれまでに何度もあります。最も有名なのは100年前のスペイン風邪です。5億人が発症して5000万人が亡くなったと言われています。それに対して21世紀の SARS ウイルスは1万人が発症して1000人が亡くなったと言われています。

この100年間で交通網の発達により世界中を移動する人が多くなったのにも関わらず SARS ウイルスの方がなぜ規模が小さかったのか。それはこの100年間における人類の栄養状態の改善があったためだと思います。

新型ウイルスに対しては医療はほぼ無力です。マスクもあてにならない。

中国からの報道を見てもなくなっているのは持病を持っている人あるいは体力の弱い老人などです。日本であれ中国であれ、政府はウソをつきますから、実際の患者は一桁多いのではないでしょうか。

私たちは新型コロナウイルスが自分の身近に迫って自分も感染してしまうことを前提に対策をしたほうがいいでしょう。

しかし、過度に恐怖感を煽るのはどうかと思います。季節性のインフルエンザと変わりがないのじゃないでしょうか。独断ですが。私は、手洗いはするけど、マスクはしません。

マスコミなどは言いませんが、そのための一番効果的な方法は、栄養があって体によい食事を心がけること。疲れをためないように十分な睡眠をしっかりと取ることです。

そうすればたとえ新型コロナウイルスが体内に入っても発症することはなく、死亡のリスクも小さくなります。

結局疾病への対応は新型コロナウイルスであれ癌であれ、考えは同じです。栄養を摂ってべバランスよく食べてよく寝る。ストレスを溜めない。運動して体力筋力をつけておく。これに尽きます。

しかし抗がん剤を投与している癌患者としては気が気ではないでしょう。抗がん剤投与で免疫力が下がっているところに新型コロナウイルスは心配に違いありません。 しかしそのためにも一層食事と睡眠には気をつけてほしいと思います。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 東京でのオリンピックは無謀だ東京でのオリンピックは無謀だ オリンピックにはまったく興味がない。私の周囲でオリンピックが話題になっている様子もない。騒いでいるのは政府とマスコミだけではなかろうか。NHKの朝のニュースでは鈴木女性アナが浮か […]
  • 私のインフルエンザ対策私のインフルエンザ対策 娘がインフルエンザに罹ったようで会社を休んで寝ている。昨年も娘からインフルエンザになり、家族に遷った。 本人はマスクをしているが、飛沫拡散防止のためで、家族 […]
  • インスリン初めて3週間インスリン初めて3週間 12月2日にインスリン注射を初めて3週間経ちました。 持効型のトレシーバを4単位から初めて、朝の血糖値を測定しながら徐々に増やして、今は12単位で打っています。 朝の […]
  • がんの名医は疑ってかかれがんの名医は疑ってかかれ   日帰りで三春の滝桜に行ってきました。霧が出て幻想的でした。取りあえずの一枚。あとは次回に。 『週刊朝日』5月2日号の記事には衝撃を受けた。千葉県 […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • 2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2) 参加申込はオフィシャルサイト (⇐こちら)からお願いします。 5ヶ月ぶりの開催となる『膵臓がん患者と家族の集い』に寄せられた参加者の皆さんからのコメントの一部を紹介 […]
  • セシウム137の体内放射能(2)セシウム137の体内放射能(2) 食品の新基準値 厚生労働省の「食品中の放射性物質に係る新たな基準値について」によれば、新基準値を決めるに当たり、もっとも厳しい年齢層である13~18歳男性の限度値:120B […]
  • 日常診療に即した膵癌ガイドラインに 日本膵臓学会のホームページに『膵癌診療ガイドライン2016(案)のパブリックコメント募集』が載っています。まぁ、患者の立場から専門的なコメントなど出せるはずもないのですが、「癌E […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です