佐藤典宏先生の講演の概要


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

3月15日の『膵臓がん患者と家族の集い』で佐藤典宏先生に講演をお願いしておりますが、先生のブログでその概要(予定)が発表されています。(中止となった10月のものですが、同じ内容となる予定です)

大まかに以下の3つのトピックスについてお話をされる予定です。

  1. 膵臓がんに対する標準治療と非標準治療(代替医療)
  2. 膵臓がん研究の進歩と最新治療
  3. 膵臓がんを克服するために自分にできること

標準治療では対応が難しくなった膵臓がんに対しても、多くの選択肢をあげられております。

  • 国内で未承認・適応外の抗がん剤(治験)
  • 粒子線治療(重粒子線、陽子線)
  • ナノナイフ(不可逆的電気穿孔法)
  • 転移・再発に対する放射線治療(SBRT)、ラジオ波焼灼(RFA)など
  • 温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 免疫療法(活性化リンパ球療法、NK細胞療法、ネオアンチゲンペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法など)
  • 遺伝子治療
  • オリゴ転移(オリゴメタ)に対する手術

「膵臓がんを克服するために自分にできること」もブログで書かれていた内容の集大成ですね。

  • がんを受け入れる気持ち(受け入れ力)
  • 正しい情報の集め方
  • 主治医とのコミュニケーション
  • 食事・サプリメント
  • 体力(持久力+筋力)を維持するための運動
  • サルコペニア
  • 瞑想(マインドフルネス)など
  • がんを克服するメンタルとは?

こころが折れそうなとき、どうしたらよいか?

日常生活のコツは?

食欲がないときはどうしたらいい?

このような講演を聞くことのできる機会はめったにないですよ。

北九州から膵臓がん患者のために来ていただきます。

参加の申込みはオフィシャルサイトから


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3)2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3) 『膵臓がん患者と家族の集い』も毎回どなたかの講演をお願いしていますが、この会を始めた当初は、単なる患者さん同士のおしゃべり会でした。 それでも皆さん充分に満足していただき、 […]
  • ”Zoomで患者会”があたりまえになるかも”Zoomで患者会”があたりまえになるかも これが当たり前になるのかもしれないですね。なにせ、新型コロナを抑え込むためには、他人と会うのを控えろというのですから。 Zoomを使った Web […]
  • 緑茶の放射能と抗がん作用、どちらを選ぶ?緑茶の放射能と抗がん作用、どちらを選ぶ? 福島第一原発の敷地内や地下水、専用港からストロンチウム90が検出され、福島県内の11カ所の土壌からも微量のストロンチウム90が検出されたと報じられている。ストロンチウム90は、高 […]
  • 定期検査 腫瘍マーカーとHbA1C上昇定期検査 腫瘍マーカーとHbA1C上昇 今日はがん研での定期検査でした。ヘモグロビンA1Cが更に上がって9.2(NGSP)に。しかし、これは"想定の範囲内"。前回の8.3よりも上がっていますが、測定 […]
  • ブログで感想を書かれた方ブログで感想を書かれた方 1/18の『膵臓がん患者と家族の集い』に参加された方がブログで感想を書かれているので、ご紹介します。 ココクン アッキーさん ひぃさん。インフルエンザのため欠席 […]
  • 日常診療に即した膵癌ガイドラインに 日本膵臓学会のホームページに『膵癌診療ガイドライン2016(案)のパブリックコメント募集』が載っています。まぁ、患者の立場から専門的なコメントなど出せるはずもないのですが、「癌E […]
  • 『今あるがんを眠らせておく治療』『今あるがんを眠らせておく治療』 今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだった […]
  • がん難民コーディネーターとホメオパシー:似非治療に騙されないがん難民コーディネーターとホメオパシー:似非治療に騙されない 『ガンに打ち勝つ患者学』という本を以前に紹介したことがある。肺がんになり余命1ヶ月と告げられたグレッグ・アンダーソン氏が、末期癌にもかかわらず10年以上も生存している全米の150 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です