スポンサーリンク

インスリンは同じ箇所に打ってはダメ

インスリンをお腹などの同じ箇所に打ち続けると、固くなり、痛みが生じることがあります。

これ、糖尿病患者ならみんな知っていることだと思っていたのですが、そうでもないのかなぁ。厚生労働省がこのような「注意喚起」の通知をを出しました。

いまごろか?

糖尿病患者に用いるインスリン製剤の多くにおいて、「同一箇所への繰り返し投与(注射)によって、注射箇所に皮膚アミロイドーシスまたリポジストロフィー(脂肪組織の異常・老化を伴う)が現れる」ことが判明。注射箇所は「少なくとも前回の注射箇所から2-3cm離す」こと、注射箇所に「腫瘤や硬結が認められた」場合は、当該箇所への投与(注射)を避けることを患者に指導することなどが必要である―

私などは糖尿病の先生から、何年も前からそのように指導されていますよ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 低血糖で昏睡、危なかった。低血糖で昏睡、危なかった。 低血糖は、本当に怖いですよ。 結婚記念日を早めに祝おうと、昨夜は鉄板焼きダイニングを予約して家族全員で出かけました。昼間のうちから「低血糖かな?」との自覚症状があったのですが、お […]
  • 奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった 千葉徳州会病院の副院長 […]
  • 線虫で膵臓がん早期発見のニュース線虫で膵臓がん早期発見のニュース 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんにつ […]
  • がんと運動:アピタル夜間学校がんと運動:アピタル夜間学校 アピタル夜間学校の「がんと運動」のビデオがYouTubeにアップされています。気にはなっていたのですが、実際の講義のときには見ることができませんでした。 夜 […]
  • 近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号 書き上げてはいたのですが、朝日新聞の「ねつ造事件」のためにアップが延び延びになりました。しかし、朝日新聞も地に落ちたものです。41患者団体の共同声明すらも、自分の都合の良い部分だ […]
  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集4 森省歩氏の「膵臓がんの集い」での講演決定サンデー毎日ー丸山ワクチン特集4 森省歩氏の「膵臓がんの集い」での講演決定 サンデー毎日の森省歩さんの連載も最終回です。 がん免疫療法ー高額負担の価値はあるのか 記事の内容を紹介する前に、嬉しいお知らせです。 森省歩さんのこれまでの […]
  • 金魚さんの記事をシェアします。金魚さんの記事をシェアします。 めずらしく金魚さんの時事問題の投稿ですね。 看護師としての仕事の実体験から述べた、原爆や京アニの全身火傷をした被害者への共感は、リアリティに富んだものとなっています。シェアしま […]
  • 変わる病院、変わらない医者変わる病院、変わらない医者 国立がん研究センターが変わろうとしている。今年の4月に独立行政法人化したのを機会に、初代理事長に就任した嘉山孝正氏は、「今後は難治や再発がん患者を受け入れ、がん難民を出さない」と […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です