インスリンは同じ箇所に打ってはダメ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

インスリンをお腹などの同じ箇所に打ち続けると、固くなり、痛みが生じることがあります。

これ、糖尿病患者ならみんな知っていることだと思っていたのですが、そうでもないのかなぁ。厚生労働省がこのような「注意喚起」の通知をを出しました。

いまごろか?

糖尿病患者に用いるインスリン製剤の多くにおいて、「同一箇所への繰り返し投与(注射)によって、注射箇所に皮膚アミロイドーシスまたリポジストロフィー(脂肪組織の異常・老化を伴う)が現れる」ことが判明。注射箇所は「少なくとも前回の注射箇所から2-3cm離す」こと、注射箇所に「腫瘤や硬結が認められた」場合は、当該箇所への投与(注射)を避けることを患者に指導することなどが必要である―

私などは糖尿病の先生から、何年も前からそのように指導されていますよ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です