膵癌診療ガイドライン2019 一部改定

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

5月14日、日本膵臓学会のホームページに、「膵癌診療ガイドライン2019」の一部改訂が発表されています。

改定箇所は、二次化学療法に

5.NTRK融合遺伝子を有する場合は,エヌトレクチニブ単独療法を行うことを提案する。[推奨の強さ:弱い,エビデンスの確実性(強さ):C(弱)]

が追加され、

MM-398を一般名(イリノテカン塩酸塩水和分 リポソーム製剤:オニバイド)に変更したこと

昨年10月の改定箇所とあわせて、PDFファイルで整理しておきます。改定箇所の詳細説明もあるので、参考にしてください。

膵癌診療ガイドライン2019改定箇所

一般名と商品名

ガイドラインは薬品名が一般名で書かれているので、??と、わからないときがありますね。下の例は、太字が商品名です。

  • S-1は TS-1 (これも紛らわしいですね)
  • ゲムシタビンはジェムザール
  • イリノテカン塩酸.塩水和物は、オニバイド
  • FF:フルオロウラシル+ホリナートカルシウムは、5-FUとロイコボリン
  • OFFは、それにオキサリプラチン(エルプラット)を併用したもの
  • エヌトレクチニブ:チロシンキナーゼ阻害剤「ロズリートレク

膵臓がんに使える薬も徐々に増えています。私が手術した当時(2007年)にはゲムシタビンしか使えなかった。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5) 【情報を追加】最下段にペプチドワクチンに関する情報を追加しました。 一週間ぶりの更新です。年末にも書いたとおり、3月中旬まではめっぽう忙しく、ブログの更新は後回しの処遇を受 […]
  • 今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子 怖くて考えたくなくて、消えて欲しい、その存在が消えて欲しい。けれども、そこにあるまま、そして、受け入れることができないまま、それでもいいのではないかと思って、最後まで生きるしかな […]
  • ホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんからホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんから 20年度から膵臓がんで治験開始 今日の日経電子版の記事です。 薬剤でホウ素を取り込ませたがん細胞に中性子線を照射して、がんだけを破壊するホウ素中性子捕捉療法( […]
  • ステージ0の膵がんも発見可能なバイオマーカーステージ0の膵がんも発見可能なバイオマーカー 膵臓がんは早期で発見することが難しいがんなので、初期に発見できたとしたら生存率の向上が望めるのではないかと、膵臓がんの新しいバイオマーカーの研究が盛んです。ジャック・アン […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • 免疫細胞治療 『免疫細胞治療』は最近出版された本で、癌研有明病院の名誉院長が監修しているというので手に取ってみた。本屋では結構売れているようでした。 読んだ印象を先に書けば、「免疫療法」 […]
  • オニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくるオニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくる まもなく使えるオニバイド 昨日の「膵臓がんの集い Web […]
  • 膵臓がんで19年、長期生存者の特徴膵臓がんで19年、長期生存者の特徴 アントノフスキーは、 ナチス強制収容所で生存していた女性の29%が、対照群の51%と比較して、肯定的な感情的健康を有していたことを発見した。彼の発見は、生存者の29%らはス […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です