スポンサーリンク

アンケートのお願い

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。全国の感染者数は、東京都も大阪も愛知に福岡、1日の陽性患者数としては過去最高を更新し続けています。

東京都は一気に366人を記録しました。1週間から10日で2倍になる指数関数的に増えていますから、予想通りで驚くことではないのですが、ある研究者によれば、8月末には東京都の1日の感染者数が3800人になるだろうとの予測を出しています。

またこの人数が感染したとしても PCR 検査が追いつかず、目に見える患者数は減った状態で発表されるだろうとも言われています。

一方で楽観論もありますね。ウイルスが変異を経て弱体化しているのだと、そういう方もいます。

第二波が来たんだとか言いますけども、100年前のスペイン風邪の教訓から言えば、第二波が来るのは年末の冬、現在は第一波の中の小さな2つめの波(第一次第二波)、そういう風に捉えています。

この本当の意味の第二波(第二次第一波)がやってくるまでに、市中の無症状の感染者を洗い出しで隔離する、こうした対策が絶対に必要です。しかしいまだに日本の感染の専門家も含めて医療者たちが PCR 不要論を振りまいています。

アンケートのお願い

このような状況ですから『膵臓がん患者と家族の集い』も開催できないでいます。佐藤典宏先生にも何度もお願いをして、延ばし延ばしになっています。

9月には何とか開催したいと思っていたのですが、この状況では難しいかもしれません。

そこで、アンケートお願いして皆さん方のお考えを知りたいと思います。

匿名のアンケートですので5分ほどで済むと思います。

リアルの集まりが無理だとしたら、オンラインではどうだろうか。これまでに何度か行ってみましたが Zoom を使ったオンラインの集まり、これもなかなか運営が難しい面や、参加者が限られるという側面もあります。

しかしコロナ禍が長期になるのなら、新しい患者支援の方策や方法を考え、再びオンラインでの膵臓がんの集いを検討したほうが良いかなとも考えています。

皆さんのお考えを是非お聞かせください。ご協力をお願いいたします。

こちらからアンケートにご協力をお願いします。

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(59)『余命半年、僕はこうして乗り越えた!』 がんの外科医が診察中に下血。検査の結果は「肝転移を伴う、根治が難しい進行胃がん。治療しなければ余命半年」と、告げられる。 著者の西村元一先生は、金沢赤十字病院の副院長であり […]
  • 今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』   有名病院の有名腫瘍内科医の先生は、抗がん剤を60%以下まで減量することはまかりならん。それは人体実験になる、とおっしゃいます。武蔵小杉の勝俣医師、前回 […]
  • LAK療法は金と命を奪う詐欺LAK療法は金と命を奪う詐欺 権現堂堤の桜(6) LAK療法(活性化自己リンパ球療法)について、インターネットで検索するとたくさんの病院が実施していることが分かります。費用は1クール(6 […]
  • 膵臓がん患者と運動(もっと歩いたら余命も伸びるのになぁ)膵臓がん患者と運動(もっと歩いたら余命も伸びるのになぁ) 佐藤典宏先生のブログに、すい臓がん患者と運動についての興味深い記事がアップされています。 がん患者と運動の関係については、さまざまな癌腫で研究されてきました […]
  • 膵臓がんを老衰死させる研究膵臓がんを老衰死させる研究 週刊新潮 […]
  • 浜離宮庭園の紅葉浜離宮庭園の紅葉 浜離宮庭園の紅葉を撮りに行ってきた。気ままに撮りながら、いつのまにか結構な距離を歩いている。歩くことががんにも効く。かといっていつも同じコースでは飽きてくる。カメラを担い […]
  • O-リングテストは似非医学O-リングテストは似非医学 がんの患者さんから、ちょくちょく「O-リングテスト」って言葉を聞くようになりました。 「がん活性」を測定できるという触れ込みです。正式には、バイ・ディジタルO-リングテスト(B […]
  • 中村祐輔教授の新著 中村教授の新著『がんペプチドワクチン療法』が出版されている。10月6日が発 売だが、購入を躊躇しているうちに(価格が・・・)アマゾンでは在庫切れ・入荷待ちになっているようだ。 […]

コメントを残す