米国対がん協会のガイドラインが8年ぶりに改定


【日 時】2020年8月16日(日) 13:30~15:30(開場:13:15)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】無料
【定 員】 約50名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

新型コロナの陽性者が急増しています。この4連休は「我慢の4連休」だというし、小池都知事は「なるべく外出しないで」と言っています。そんなことよりも、もっとできることがあるんじゃないのかという不満も感じます。

こんなんで、がん患者としては運動不足になりそうです。がん患者が運動することによって余命が延びることはほぼ科学的に実証された事実です。

米国対がん協会は「がん予防のための食事と運動に関するガイドライン」を8年ぶりに改定しました。 いずれ翻訳されて出版されると思いますが、ここではその概要を見ておきましょう。

  1. 健康的な体重を維持し、太らないように気をつけよう。
  2. 成人は週に150~300分の中強度の運動か、75~150分の高強度の運動をしましょう。
  3. 青少年は少なくとも1日1時間の中強度~高強度の運動を
  4. ゲームや動画視聴など、座りっぱなしになる行動は制限すること。
  5. 健康的な食事パターンを取り入れましょう
    1. 野菜は濃い緑、赤、オレンジなど様々な色合いのものを摂り、食物繊維が豊富な豆類を食べる。
    2. 果物も様々な色合いのものを丸ごと味わうこと。
    3. 全粒粉のパンや玄米など全粒穀物を選ぼう。
    4. 赤身肉や加工肉、加糖飲料、インスタント食品など高度加工食や精製された穀物を避けよう。
  6. アルコール飲料は飲まないのが最善だ。飲むのなら女性は1日1ドリンク、男性は2ドリンクまで。(1ドリンクはアルコール10~15gに相当)。

ぱっと見て気がつくのは運動に関する項目ですね。以前のガイドラインでは、運動に関しては「1週間に150分以上の中強度の運動をすることを目標としましょう」となっていました。それが150から30分の中強度の運動もしくはその半分の高強度の運動という風に推奨レベルがより高くなっています。

今回のガイドラインは「がん予防のためのガイドライン」であり、がんサバイバーを対象にしたものではありません。

がんサバイバーを対象にしたガイドラインとしては、『「がん」になってからの食事と運動』という米国対がん協会のガイドラインが出版されています。

「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン

「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン

米国対がん協会, 米国対ガン協会=
2,090円(08/03 15:26時点)
発売日: 2013/06/01
Amazonの情報を掲載しています

その概要については、国立がん研究センターのがん情報サービスに紹介されています。

8年前のがん予防のためのガイドラインをベースにしたものですが、がん患者がんサバイバーに焦点を当てて食事と運動についてのガイドラインは概ね今でも有効です。

もちろん食事も運動もともにランダム化比較試験によってその効果が証明されたものは非常に少ないです。しかしコホート研究などによってある程度確からしいものは分かってきています。

サプリメントや、「これでがんが消えた」などという一発逆転の食事療法はありません。

ガイドラインに示されたような、バランスのとれた食事をすること、食物繊維をたっぷりとっとり豆類を食べること、全粒穀物を選び、赤身肉や加工肉は食べ過ぎない。こういった当たり前の食事生活を続けることが、がんサバイバーが長生きする秘訣です。

そして何よりも自分に適した運動を定期的に続けることです。ジョギングやマラソンをする必要はありません。散歩やスクワットなど、無理なく続けられそうな運動を考えてみてはどうでしょうか。

佐藤典宏先生のブログによれば、高品質の食事をしているがんサバイバーは、がんによる死亡率が65%も低くなるという報告があります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者のための食事ーガイドラインがん患者のための食事ーガイドライン 前の投稿『ゲルソン療法ってがんに効くの?』で、ゲルソン療法の危険性について書きましたが、ではがん患者はどのような食事をすれば良いのでしょうか。 初期の治療が一段落すると、が […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 昨日から水溶の下痢が続いており、おかしいなと思っていたのですが、どうやらインフルエンザに罹ったらしい。膵臓癌になってから初めての風邪・インフルエンザです。今日は1日寝ていました。 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』 2012年、米国対がん協会の最新ガイドラインが発表され、その翻訳『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』が6月に出版されています。「がんになり、 […]
  • 食事と運動でがん患者の生存率は伸びる食事と運動でがん患者の生存率は伸びる がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。 彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみます。 […]
  • がんになっても「死なない食事」とは?がんになっても「死なない食事」とは? 2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較す […]
  • がんを再発させないためには、バランスのとれた食事をがんを再発させないためには、バランスのとれた食事を がんの治療中において、もっとも大切な栄養目標は、十分なカロリーを取り、がんと闘うことのできる体力をつけることです。 また、治療からの回復期には、十分なカロリーと、適量の多くの栄 […]
  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です