スポンサーリンク

光免疫療法で使う薬剤が製造販売承認される

まるで地球に穴でも開いてしまったかのようではないか。

台風10号が接近してますね。西日本の方、未経験のとんでもない台風ですから、充分に気をつけてくださいね。

伊勢湾台風や第二室戸台風並かそれ以上と言われています。第二室戸台風は上陸時の最低気圧が920ヘクトパスカルで上陸時の記録保持です。最大風速が「84.5m以上」と言われていますが、「以上」がついているのは、室戸岬測候所の風速計が壊れてしまって測定できなくなったからです。

昭和36年、私が13歳で中学生の頃です。上陸地点の高知県東部に住んでいましたが、とんでもない風と波でした。飛んできた瓦が電柱に深々と突き刺さっていたほどです。防波堤は壊れ多くの家が流されました。台風の目に入ると、周囲は高い雲の絶壁で丸い青空が見えました。

被害の出ないことを祈っています。

さて、光免疫療法に関するいいニュースです。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第2部会は4日、「光免疫療法」で使う薬剤について、頭頸(けい)部がんの治療薬として製造販売を承認することを了承した。正式承認されれば、世界で初めて同療法が実用化することになる。

了承された薬剤は、光免疫療法で使用する「セツキシマブサロタロカンナトリウム」(商品名アキャルックス)。

レーザー照射システムは2日に医療機器として承認されています。

これで一歩前進ですが、膵臓がんの臨床試験までにはまだまだ遠い道のりです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 統計的有意差のない治療法は「人体実験」か?統計的有意差のない治療法は「人体実験」か? 良いも悪いもない。ただただ、そんな行為を、昔から医療と呼んでいるだけのことです。 患者の立場を理解した賢い医者は、そうしたリスクも覚悟の上でチャレンジするのです。 […]
  • 関東の全域が放射線管理区域になる関東の全域が放射線管理区域になる 足柄の新茶の生葉がセシウムで汚染されていると書いたが、今日は、3月下旬に採取された東京都の下水の汚泥から放射性物質が検出されたと報じられた。東京都江東区の下水処理施設「東部スラッ […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • ご冥福を祈ります。ご冥福を祈ります。 川島なお美さんが亡くなったニュースに少々驚きました。つい一週間ほど前に半年ぶりにマスコミに登場して「治療に専念します」と記者会見したばかりでした。がんの最期はこうして短い時間で、 […]
  • 写談「撮んぼ」写真展写談「撮んぼ」写真展 写真家の入江進さんに誘われて、東京芸術劇場で開催されている写談「撮んぼ」写真展に行ってきました。 東京芸術劇場。こんなところで私も個展をやってみたいものです。 […]
  • 『がんの統合医療』(3) 統合医療に関する誤解の第一は「統合医療=補完代替医療」とする考えである。統合医療は現在の通常医療の範囲を超えた考えや実践を包括しているが、通常の医療を一方的に拒否するものでも […]
  • 魚を食って運動すれば、再発率は下がる魚を食って運動すれば、再発率は下がる 魚を食べて運動をすれば、がんの予防や治療に効果があることは、すでにいくつかの科学的根拠=エビデンスが存在しますが、このほどASCOの発表で大腸がんにも効果があることが実証 […]
  • 臨床瑣談 中井久夫 精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書い […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です