スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

オラパリブはプラセボよりも全生存期間を延長傾向

オラパリブはプラセボよりも全生存期間を延長傾向

BRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法として、PARP阻害薬であるオラパリブが承認されましたが、どの程度効果があるのかが気になるところですよね。

POLO試験の中間報告では、無憎悪生存期間に有意差があると報告をされていました。

ASCO GI 2021が1月15日から17日にWEB上で開催され、フェーズ3試験であるPOLO試験のOSに関する最終解析の結果が示されました。

概要

全生存期間(OS)は有意な延長を認めなかったが、最初の次治療までの期間(TFST)が有意に延長するなど、オラパリブの有用性が改めて確認された。

  • OSのハザード比は0.83(95%信頼区間:0.56-1.22)、p=0.3487で有意な差はなかった。
  • OS中央値はオラパリブ群が19.0カ月、プラセボ群が19.2カ月
  • カプランマイヤー曲線は、20カ月目頃から徐々に離れ始めていた
  • 36カ月OS率は、オラパリブ群が33.9%、プラセボ群が17.8%だった
  • 2年以上のOSが得られたのは、オラパリブ群が37%(94人中34人)、プラセボ群が27%(62人中17人)だった
  • データカットオフ時点で生存していたのはオラパリブ群が35人中25人(73.5%)、プラセボ群が17人中7人(41.2%)。
  • 完全奏効が得られていたのは、オラパリブ群が34人中5人(14.7%)、プラセボ群は0人だった。
患者

オラパリブで完全奏効が15%もある。3年後の生存率も多そうですから、期待できますよね。

先生

チャンスを逃さないためにも、BRCA変異の遺伝子検査を早期にやっておくことが重要です。

がんナビ」からの記事です。全文は以下に

がんナビ (2021/01/19)

BRCA変異陽性進行膵癌の1次治療後の維持療法でのオラパリブはプラセボよりもOSを延長傾向【ASCO GI 2021】

横山勇生=編集委員

 生殖細胞系列にBRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法として、PARP阻害薬であるオラパリブの投与はプラセボを投与する場合よりも全生存期間(OS)を延長する傾向があることが明らかとなった。フェーズ3試験であるPOLO試験のOSに関する最終解析の結果示された。OSは有意な延長を認めなかったが、最初の次治療までの期間(TFST)が有意に延長するなど、オラパリブの有用性が改めて確認された。

 1月15日から17日にWEB上で開催された2021 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2021)で、イスラエルTel Aviv UniversityのTalia Golan氏が発表した。

 POLO試験は、プラセボ対照無作為化多施設二重盲検フェーズ3試験。生殖細胞系列にBRCA変異がある、転移を有する膵臓癌で、白金系抗癌薬による1次治療で16週以上増悪しなかった(完全奏効、部分奏効、病勢安定)の患者を、1次治療後の4週間から8週間で、維持療法として1日2回オラパリブ300mgを投与する群とプラセボを投与する群に3対2で無作為に割り付けて行われた。主要評価項目は、盲検下独立審査によるRECISTv1.1を用いた無増悪生存期間(PFS)。副次評価項目は、全生存期間(OS)、2度目の増悪までの期間(PFS2)、奏効率、疾患制御率、健康関連QOLなどだった。

 データカットオフを2019年1月15日とした結果、PFSについてはハザード比0.53(95%信頼区間:0.35-0.82)、p=0.0038で有意にオラパリブ群の方が長かったことが既に報告されていた(関連記事)。

 今回発表されたのは、108件の死亡イベントが発生した際に実施されることになっていたOSに関する最終結果。 データカットオフは2020年7月21日だった。

 データカットオフ時点で、OSのハザード比は0.83(95%信頼区間:0.56-1.22)、p=0.3487で有意な差はなかったが、オラパリブ群で良好な傾向が認められた。OS中央値はオラパリブ群が19.0カ月、プラセボ群が19.2カ月だった。カプランマイヤー曲線は、20カ月目頃から徐々に離れ始めていた。36カ月OS率は、オラパリブ群が33.9%、プラセボ群が17.8%だった。データカットオフ時点で、オラパリブ群の14.1%、プラセボ群の3.2%で投薬が継続されていた。OSのサブグループ解析も一般的にオラパリブ群が優位だった。

 PFS2中央値は、オラパリブ群が16.9カ月、プラセボ群が9.3カ月で、ハザード比0.66(95%信頼区間:0.43-1.02)でp=0.0613、TFSTの中央値は、オラパリブ群が9.0カ月、プラセボ群が5.4カ月で、ハザード比0.44(95%信頼区間:0.30-0.66)でp<0.0001だった。36カ月PFS2率は、オラパリブ群が31.2%、プラセボ群が13.1%、36カ月で次治療を受けていなかったのは、オラパリブ群が21.5%、プラセボ群が3.6%だった。

 2年以上のOSが得られたのは、オラパリブ群が37%(94人中34人)、プラセボ群が27%(62人中17人)だった。データカットオフ時点で生存していたのはオラパリブ群が35人中25人(73.5%)、プラセボ群が17人中7人(41.2%)。完全奏効が得られていたのは、オラパリブ群が34人中5人(14.7%)、プラセボ群は0人だった。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • どうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのかどうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのか 週刊現代の2021年11/13.20合併号の「医療スペシャル」として膵臓がんが取り上げられています。 記事には、3人の膵臓がんサバイバーが登場します。 膵臓 […]
  • 「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命 ブログの更新も随分と時間が空きました。正直今週はめちゃ忙しい。七十歳過ぎの老人がフルタイムで平日まるまる働かされています。 こんな腰痛持ちの老人を必要と思ってくれる人がい […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]
  • 膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化 こちらのクラウドファンディング、応援しています。目標まで、あと僅かです。 発見と治療がしづらい膵臓がんを取り巻く現状を、画像診断に関わる立場から変えていくために、 […]
  • 膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』 膵癌で腹膜播種あるいは腹水があれば余命は厳しいです。『膵癌診療ガイドライン2019』では、腹膜播種や腹水がある場合のエビデンスのある治療法については詳しくは述べられて […]
  • 膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された 膵臓がんを完全に治すには、手術によってがんを残すことなく切除することが重要です。しかし現実には、他のがんに比べて、手術後の再発率が高いことが、膵臓がんの大きな課題です。 […]
  • ガイドラインと解説にオラパリブが追加されましたガイドラインと解説にオラパリブが追加されました 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『膵癌診療ガイドライン2019 […]
  • 線虫で膵臓がん早期発見のニュース線虫で膵臓がん早期発見のニュース 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんにつ […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す