スポンサーリンク

コロナに感染しても重症化しないために、ビタミンDを4000IU摂ろう

LINEで送る
Pocket

ビタミンDが欠乏しているとコロナ感染で重症化しやすい

血液中のビタミン濃度が低い人は新型コロナに感染した際に重症化しやすい。このことについてはこのブログでも何度か書いてきておりますが、ほぼコンセンサスが得られた事実です。

ビタミンDの血中濃度:25-ヒドロキシビタミンD(25OHD)が30ng/mL以下では死亡率が高いとなっています。

赤丸が死亡者、白丸が生存者

点線の40ng/mL以下でも死亡者が散見されます。また、意識障害や低酸素症の発生率も高くなっています。

ビタミンD摂取量を増やすよう200人以上の科学者・医師が公開書簡

ビタミンDの濃度が低いと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染しやすくなり、重症化もしやすくなることは確かであるとして、科学者・医師ら200人以上がビタミンDの摂取量をすぐに増やすよう求める公開書簡を出しています。

主な賛同者

  • ブルースWホリス博士、博士号。米国サウスカロライナ医科大学小児科教授。
  • アシュリーグロスマン博士、MD FRCPFMedSci。英国オックスフォード大学内分泌学名誉教授。神経内分泌学、バーツおよびロンドン医科大学の教授。2020内分泌学会受賞者賞。
  • ジョン・ウムハウ博士、MD、MPH。CDR、USPHS(ret)。米国ワシントンDC医学アカデミー会長。

2021年1月16日現在の署名統計。
合計210の署名者、108人の教授、医学の学位を持つ127の署名者、博士号または同等以上の学位を持つ109の署名者、33カ国

ビタミンDは必須であることがよく知られていますが、ほとんどの人は十分に摂取できません。2つの一般的な定義に対して不足しています。第一に、ほとんどの政府機関の目標である20ng / ml(50nmol / L)に対して、第2に、いくつかの医学会および専門家の目標である30ng / ml(75nmol / L)に対する欠乏です。 これらの目標を下回るレベルの人が多すぎます。20ng / ml未満のビタミンD欠乏症の割合は、世界のほとんどの人口の33%を超えており、30ng / ml未満の不足のほとんどの推定値は50%をはるかに超えています

https://vitamindforall.org/letter.html

私たちは世界中のすべての政府、医師、医療従事者に、少なくともパンデミックが終わるまで、成人人口に適したビタミンDの増加に向けた取り組みを直ちに推奨し、実施するよう呼びかけます。具体的には、次の項目です。

提言の項目

  • COVID-19のリスクを下げるため、25-ヒドロキシビタミンDの血中濃度は30ng/ml(70nmol/l)を推奨。
  • 臨床試験は行っていないが、成人はビタミンDを1日4000IU(100μg)、最低2000IU(50μg)摂取することを推奨。
  • 肥満の人、肌の色が濃い人、介護施設に入っている人などビタミンD欠乏症のリスクが高い人は、摂取量を2倍などに増やすことを推奨。
  • 上記量の投与をまだ受けていないのであれば、1日1万IU(250μg)の投与を2~3週間続けるか、ビタミンDの血中濃度が30ng/mlになるまで投与を受けるかしたのち、上記量の投与を受けるようにすることを推奨。
  • すべてのCOVID-19患者の25-ヒドロキシビタミンD血中濃度を測定し、ビタミンD2かビタミンD3の投与で、30ng/ml未満の機能不全を治療する。

何十年にもわたる安全性データは、ビタミンDのリスクが非常に低いことを示しています。ここでの推奨事項では、毒性は非常にまれです。不十分なレベルのリスクは、COVID-19に対する保護の大部分を提供すると思われるレベルからのリスクをはるかに上回り、これは薬物とは著しく異なります。ビタミンDは、デキサメタゾンなどのステロイドよりもはるかに安全です。デキサメタゾンは、COVID-19の大きな利点も実証されている最も広く受け入れられている治療法です。ビタミンDの安全性はフェイスマスクの安全性に似ています。特に高率の欠乏症/欠乏症の治療がすでに優先されるべきである場合、非常に安全なものの使用を増やすためにさらなる臨床試験を待つ必要はありません。

食品や日光浴だけでは不足する人が多い

ビタミン D を多く含む食品は次のようなものですが、日光浴を15分ほどすることでも必要量は得ることができると言われています。しかし冬場で新型コロナの影響で外出も控えている状態では、十分なビタミン D を賛成することは難しいのではないでしょうか。

この提言に賛同した意志科学者たちのリストには、推奨摂取量とともにそれぞれの個人の毎日の摂取量が記されています。それを見ると6000IU、には10000IUを摂取しているという方もいます。当然サプリメントから摂っているわけです。

お勧めは大塚製薬のもの。製造は米国です。

私もここ最近ですが、4000IU/日の摂取に増加しました。買っているのは大塚製薬ものです。これを朝晩2錠服用しています。

安全であり、安価ですから、パンデミックの期間は積極的に摂ることにしました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です