ビタミンD、メラトニンは新型コロナウイルス感染症の重篤化を防ぐ。トランプ大統領も摂取

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したというニュースの続報で、ビタミンD、メラトニンを服用したと報じられています。

ホワイトハウスのショーン・P・コンリー医師によると、亜鉛、ビタミンD、メラトニン、アスピリン、ファモチジンを服用しながら、重症化を防ぐため治験中の米製薬大手リジェネロン社の抗体カクテルREGN-COV2を8グラム投与しました。

このブログの読者なら御存知の通り、私は膵臓がんの初期からずっとビタミンDとメラトニンを服用しています。免疫系を強化するのですから、がんにもコロナウイルス感染症にも効果があるのでしょう。

ビタミンD不足は新型コロナ感染症を重症化させる

このブログでも既にビタミンDとCOVID-19の関係は、何度も取り上げており、ビタミンD不足を避けるために、日光浴、青魚などの食事、サプリメントを摂ることを勧めています。

また、膵臓がんへの効果も認められています。私は毎日1000IUのビタミンDを摂っています。

さて、こちらの論文にもまとまっていますが、

ビタミンDの血中濃度:25-ヒドロキシビタミンD(25OHD)が30ng/mL以下では死亡率が高いとなっています。

赤丸が死亡者、白丸が生存者

点線の40ng/mL以下でも死亡者が散見されます。また、意識障害や低酸素症の発生率も高くなっています。

ビタミンDは免疫システムに必須

上の論文には次のように書かれています。

ビタミンDはCOVID-19に対する保護効果があることが示唆されています。ビタミンDは免疫調節活性を持っていることが示されています。ビタミンD [1,25-ジヒドロキシビタミンD]は、免疫細胞内の受容体(VDR)と相互作用し、細菌性およびウイルス性病原体の侵入に応答して、自然免疫系および後天性免疫系を調節します。また、レニン-アンジオテンシン経路のモジュレーターとして機能し、ACE-2をダウンレギュレートします。したがって、ビタミンDは、一般的に死亡の原因となるサイトカインストームとそれに続くARDSを予防することにより、COVID-19の治療に役立つ可能性があります。

また、別の論文でも

  • ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種であり、自然免疫応答と適応免疫応答の両方の調整において重要な役目を果たしています。
  • ビタミンD依存性抗菌経路は、SARS-CoV-2ウイルス複製中に容易に生成される二本鎖RNAに応答する
  • ビタミンDの不足は、防御経路を活性化する宿主の能力を妨げますが、リンパ球やマクロファージの遊走にも影響を及ぼします。
  • そのような混乱した免疫応答は、宿主をウイルス性呼吸器感染症にかかりやすくする

このように自然免疫と獲得免疫の療法に必須であり、不足すればSARS-CoV-2ウイルスの増殖につながります。

ビタミンDをどのように摂ればいいか

厚生労働省のビタミンD摂取基準は18歳以上で220IUとなっていますが、海外ではもっと高くて600~800IUです。日本の基準は低すぎると考えています。


スポンサーリンク

ビタミンDを多く含む食品などを積極的に摂り、外に出て日光浴をすることで、必要なビタミンDは産生できるでしょう。しかし、紫外線の少ない冬場や、高緯度に住んでいる、ほとんど外出しないなら、サプリメントで補給しても良いでしょう。

コロナ禍が収まるまでは、上限の4000IUまでなら副作用の心配はないと言われているので、その程度をサプリメントで補充しても良いと思います。

「このブログの関連記事」にたくさんのビタミンDに関する記事を集めました。参考にしてください。

メラトニンとCOVID-19

メラトニンと新型コロナウイルス感染症との関係は、

などで発表されています。明確に臨床試験によるエビデンスではありませんが、可能性があるとされています。

メラトニンは松果体から分泌され、受容体を介して概日リズムの同調を行い、睡眠ホルモンとして知られている。他にも広範囲にわたる強力な抗酸化物質としての役割、抗炎症作用も知られている。メラトニンはSARS-CoV、SARS-CoV-2などの受容体であるACE2の発現を間接的に調節することにより、これらCoVの細胞内侵入を阻止する可能性がある。すなわち、カルモジュリンのACE2受容体への結合を阻害して、CoV感染の重要な過程である外部ドメインの排出を抑制している。

また、メラトニンはミトコンドリアを標的とした抗酸化作用を介してDNAの保護を行っておりCOVID-19においてもCRSストレスに対して機能不全に陥ったミトコンドリアの回復に有用である可能性がある。

メラトニンは日本では処方箋なしでは入手できませんが、私は膵臓がんの術後すぐから個人輸入でメラトニンを摂っています。

こうした代行業者があるので、ここから個人輸入です。

 

ビタミンDとメラトニンでコロナ禍を乗り切ろう!

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビタミンDでがんの術後5年生存率が改善ビタミンDでがんの術後5年生存率が改善 非小細胞肺がん患者155人を、手術後1年間、ビタミンDサプリメント(1,200 IU […]
  • ビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高めるビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高める 「日光の少ない地域では膵臓がんの発症リスクが高い」との研究があります。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究です。 ステロイド生化学と分子生物学のジャーナルの4月30日号オ […]
  • 今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』 ステージⅣの膵臓がんも完全寛解 日本人の多くはビタミンD不足か欠乏 2020年度、厚生労働省が5年ぶりに「日本人の食事摂取基準」を改定し、ビタミンDの摂取基準が5.5μg […]
  • ビタミンDは、やはりがんに効果があったビタミンDは、やはりがんに効果があった このブログでもたびたび取りあげてきましたが、近年、ビタミンDの抗がん作用が、次々と明らかになっています。今回また、国立がん研究センターから、大規模なコホート(後ろ向き)研究結 […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • ビタミンDの新たなエビデンスビタミンDの新たなエビデンス 代替療法については、はっきりした結論が出るまでには肯定否定の両論が出るのが通常であり、だからこそ「代替療法」なわけですから、一喜一憂せずに患者としては次のように考えておけば良いで […]
  • ビタミンDとがん予防ビタミンDとがん予防 これまでもビタミンDの抗がん作用については多く報告されています。 (2017年11月) 长江大学(中国)の研究グループが "Medicine" […]
  • メラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導するメラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導する トランプ大統領が、イランと結んだ核合意から一方的に離脱を表明し、原子力空母を中東に派遣するなどきな臭いニュースが続いています。こちらは同じイランからですが、希望の持てるニュースで […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です