スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

FOLFIRINOXの維持療法はどれが良いか?

遠隔転移を有する膵癌患者のファーストライン治療として、FOLFIRINOX併用療法またはゲムシタビンとnabパクリタキセル併用療法が推奨されています。

FOLFIRINOX併用療法は、ゲムシタビン単剤療法に比べて全生存期間(OS)を改善する結果が示されています。

FOLFIRINOXの腫瘍縮小効果を期待して、ダウンサイジング後にコンバージョン手術に持ち込むことで、完治を目指すことも可能になると、多くの膵臓がん患者がFOLFIRINOX両方に期待を寄せています。

しかし、人にもよるのですが比較的副作用が強いので、65歳以上の高齢者には適用することが難しいのです。

適用があっても副作用によって治療を断念する、あるいは減薬をする、併用する4剤の一部を外すなどの対応をしている例が多いと思います。

もうした場合にどの方法を選ぶのが一番治療効果があるのか、気になるところです。

第2相試験 PANOPTIMOX-PRODIGE 35試験が行われ、結果が発表されています。

PANOPTIMOX-PRODIGE 35試験結果の概要

スポンサーリンク

転移性膵がん患者に対するファーストライン治療としてのFOLFIRINOX併用療法、維持療法としてのロイコボリン+フルオロウラシル併用療法の有効性、安全性を比較検証した。

  1. FOLFIRINOX併用療法(フルオロウラシル+ロイコボリン+イリノテカン+オキサリプラチン)を6ヶ月間実施する群(A群、N=91人)
  2. FOLFIRINOX併用療法を4ヶ月間投与後に維持療法としてロイコボリン+フルオロウラシルを投与する群(B群、N=92人)
  3. ゲムシタビン単剤療法とFOLFIRINOX併用療法を交互に実施(シークエンシャル療法)群(C群、N=90人)

の3つのグループに無作為に振り分け、6ヶ月無増悪生存率PFS)を比較検証した。

6ヶ月無憎悪生存率は、

  1. A群:47.1%
  2. B群:42.9%
  3. C群:34.1%

全生存期間(OS)中央値は、

  1. A群:10.1ヶ月
  2. B群:11.2ヶ月
  3. C群:7.3ヶ月

QOL低下を招かないOS中央値は、

  1. A群:7.2ヶ月
  2. B群:11.4ヶ月
  3. C群:7.5ヶ月

でした。

維持療法としてロイコボリン+フルオロウラシルを投与するB群の方が、OSでは良好な結果を示しています。

一方、グレード3または4の神経毒性は、A群の患者の10.2%、B群の19.8%で発生しました。

オキサリプラチンの投与量/目標投与量の中央値は、A群で83%、B群で92%でしたので、ロイコボリン+フルオロウラシル併用の維持療法群のほうが神経毒性発症率が高いのは、オキサリプラチンの蓄積量が高いためである可能性があると結論づけています。

結論

FOLFIRINOX療法を4ヶ月投与後の維持療法としてのロイコボリン+フルオロウラシル併用療法は、転移性膵癌患者に実行可能であり、効果的であると思われる。

しかし、重篤な神経毒性発症率は高率である。

<こうしたデータを参考にしながらも、自分の副作用の程度に応じて対応するしかないのでしょう>


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
  • 8割減にするには、外出を半分にすればよい8割減にするには、外出を半分にすればよい なんとなく […]
  • 正常性バイアス正常性バイアス 木曜日から出張です。二晩続きでYahoo!の地震速報に何度も起こされて日中は睡眠不足でした。 地震の被害に遭われた方、犠牲になられた方にお悔やみを申し上げます。 九州地方にこのよ […]
  • 人間万事塞翁が馬人間万事塞翁が馬 「人間万事塞翁が馬」とは、幸せも不幸も単純には決められない、人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから […]
  • 亡くなった患者のプライバシーは保護されないの?亡くなった患者のプライバシーは保護されないの? 仕事帰りに図書館に寄って、文藝春秋に掲載されている近藤誠氏の『川島なお美さんはもっと生きられた』を読んだ。 副題に「二年前、彼女は私のセカンドオピニオン外来を訪ねてきた」と書かれ […]
  • パープルストライド 2017 (ガイドラインでは膵臓がんは治らない話)パープルストライド 2017 (ガイドラインでは膵臓がんは治らない話) 日比谷公園も幾らかは紅葉していました。まもなく本格的な紅葉が始まります。 トランプの来日で厳戒の警備体制で、どこもたくさんの警官がいます。晴天で少し風があるが暖かい […]
  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • 膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発 ホウ素中性子捕獲療法 ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)による臨床試験が国立がん研究センターなどで始まっています。従来の原子炉からの中性子を利用していたものから、中性子源を直線加 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です