「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

メラトニンと膵臓がん

私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。

もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェット・ラグの解消目的でメラトニンを服用するそうです。

確かにメラトニンを服用するとぐっすりと質の良い睡眠をとることができます。

さてメラトニンが膵臓癌の再発予防効果があるのかどうか。このブログでもメラトニンについては何度も紹介していますから、そのリストはこの記事の下「関連記事」に貼っておきます。

メラトニンと膵臓がん、現在の知識と将来の展望

久しぶりにメラトニンと膵臓癌について PubMed に論文が出ておりますのでそれを紹介します。

残念ながら私はアブストラクトしか読むことができませんので、そのGoogle翻訳を入れておきます。

膵臓がんは、初期の症状がなく、その後の診断が遅れるため、死亡率が高くなります。さらに、膵臓がんは放射線療法や化学療法に対して高い耐性があります。複数の炎症経路が膵臓癌の病態生理に関与しています。松果体を介して受容体に依存しない作用で産生されるメラトニンとインドールアミンは、膵臓と他の両方の受容体を持っている場所です。メラトニンは、炎症や酸化ストレスに対する強力な抗酸化物質および組織保護剤です。インビボおよびインビトロ研究は、メラトニン補給が膵臓癌の適切な治療アプローチであることを示した。メラトニンは、酸化ストレス、熱ショックタンパク質、および血管内皮増殖因子。しかし、限られた臨床研究では、膵臓癌におけるメラトニンの役割が評価されています。このレビューは、膵臓癌に対するメラトニンの効果と関与するメカニズムに関して知られていることを要約しています。

メラトニンに関する書籍

古いものですが、メラトンにに関する書籍もいくつかあり、私はこれらを参考に膵臓がん対策として摂るようになりました。

奇跡のホルモン、メラトニン、

奇跡のホルモン、メラトニン、

ライター,ラッセル・J., ロビンソン,ジョー
Amazonの情報を掲載しています
驚異のメラトニン

驚異のメラトニン

ピエルパオリ,ウォルター, コールマン,キャロル, リーゲルソン,ウィリアム
Amazonの情報を掲載しています

「『健康食品』の安全性・有効性情報」では

国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」で「メラトニン、松果体ホルモン」にはこう書かれている。

一般情報
・固形がんに対して有効性が示唆されている。通常の化学療法あるいはIL-2と併用してメラトニンを摂取すると、乳がん、肺がん、腎臓がん、肝臓がん、すい臓がん、胃がん、大腸がんの縮小を促進する (PMID:1322155) (PMID:8208518) (PMID:8286206) (PMID:10674014) 。
メタ分析
・2011年11月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験8報について検討したメタ分析において、固形がんに対する化学療法および放射線療法とメラトニン20mg/日摂取の併用は、腫瘍寛解や1年生存率の増加、放射線化学療法による副作用 (血小板減少、神経毒性、疲労)
の減少と関連が認められた 
(PMID:22271210) 。

メラトニンの個人輸入

Amazon などにも商品を出しておりますが、日本ではメラトニンは医師の処方箋がないと購入することはできません。従って私の場合は個人輸入代行業者に発注をしています。

私のサプリメントの選択基準は次の三つです。

  • ヒトに対してある程度のエビデンスがある
  • 重篤な副作用がない
  • 高価でなくポケットマネーで買える程度の価格

メラトニンはこの条件にほぼ合致しています。ヒトに対するエビデンスが貧弱ですけども、続けているのはこちらのメラトニン5mgタイプです。100タブレット入りを4個。これで400日分だ。送料込みで4879円。

購入先は「こるこるドットコム」、「QolQol.com」と書きます。

もっとも、有効性を確認できなかったという研究も同じほどある。代替療法なのだからそれは当然。有効な情報ばかりだったらとっくに標準治療になっています。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す