スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月28日(日) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

治せる膵癌を捕まえろ!

日経メディカルの特集記事が膵癌の早期発見。

5年生存率が12.5%と予後の悪い癌の代表格である膵癌。長期生存を見込める手術可能な時点では多くが無症状で、早期発見は困難だと言われている。膵癌を克服するためには、消化器科だけでなく、診療科を越えた医師総掛かりで包囲網を狭めなくてはならない。

記事のPDFはこちらから<PDFをダウンロード

「糖尿病の新規発症時や、薬剤の調整を考慮するほど増悪したときは、膵癌の存在を疑ってほしい」と近畿大学医学部外科学教室肝胆膵外科主任教授の竹山宜典氏は話す。

かかりつけの糖尿病医が、血糖値が悪化した時に膵癌を疑うかどうか、それが早期発見につながるのなら助かる膵癌患者が増えるでしょう。

私も境界型糖尿病と言われて、糖尿病専門の内科に掛っていたが、急に血糖値が上昇したとき、その先生が「膵癌の疑いがあるから超音波検査を」と言ってくれた。

それが早期発見(とはいってもステージ3だったが)につながったのです。

「日々患者を診ている中で抱いた違和感を大切にしてほしい」と話す。患者の性格や生活習慣の状況などを踏まえた上で「なぜ血糖が上がったのだろうか」と疑問を抱いたら、膵癌の存在を想起したい。

数字を見るだけでなく、患者の生活や暮らしにも関心を持っていてほしい。その中で「違和感」を感じたら必要な検査を勧めてほしいと思うのです。

  • 糖尿病をきっかけに発見した膵癌は、予後が比較的良い。
  • 糖尿病を契機に診断した膵癌53人は、60%が手術可能だった。
  • 生存期間の中央値は2倍以上長い。

ということも指摘されている。

膵癌は本当に「足が速い」のか?

「膵癌は進行が早いため、早期発見しても救命にはつながらない」という考えを持つ医師は多い。だが、2010年の谷内田真一氏(大阪大学大学院医学研究科ゲノム生物学講座がんゲノム情報学教授)の研究によれば、膵癌の成長速度は他の癌より早いわけではなく、膵癌細胞の発生から膵癌の初期段階まで11.7年、さらにそこから転移能を獲得するまで6.8年かかる。

つまり、膵癌の初期段階から手術不可能になるまでに数年の期間があるということ。早期発見のすべが確立できれば、生存率は他の癌に遜色ない程度まで向上し得る。予後改善への取り組みは広がりつつある。

初期段階から転移する能力を持つまでに数年の期間があるとすれば、手術で救える命が多くなるだろう。

単純CTから人工知能を応用して膵癌の早期発見を目指す試みも始まっている。

体重が減った、血糖値が思いがけず上がった。そんなときには迷わず「超音波検査」を。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す