「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

保険で使える膵臓がん治療薬一覧

膵臓癌で使われる抗がん剤もどんどん増えてきました。私が告知を受けた15年前にはジェムザールしか使える抗がん剤がなかったのですが、それに比べると隔世の感があります。

膵臓癌の告知されて間もない方が治療法などを調べる際にガイドラインや一般書籍あるいは YouTube で抗がん剤の名前が紹介されますが、抗がん剤には一般名と商品名と二通りの表示方法があります。

例えばジェムザールは商品名で、一般名はゲムシタビンです。オニバイドの一般名はイリノテカン塩酸塩水和物です。

現在、健康保険で使える薬剤をまとめてみました。

一般名商品名
イリノテカンカンプト
エルロチニブタルセバ
オキサリプラチンエルプラット
ゲムシタビンジェムザール
シクロホスファミドエンドキサン
シタラビンキロサイド
テガフール・ウラシルUFT
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)TS-1
nab-パクリタキセルアブラキサン
フルオロウラシル5-FU
FOLFIRINOX5-FU・イリノテカン・オキサリプラチンの3種類の抗がん剤に、5-FUの増強剤であるレボホリナート(ロイコボリン)を加えた多剤併用の治療法
mFOLFIRINOXイリノテカン・オキサリプラチンに、5-FUの増強剤であるレボホリナート(ロイコボリン)を加え、5-FU(フルオロウラシル)は急速静注を省略し、持続点滴のみ。各薬剤も減薬している。
イリノテカン塩酸塩水和物オニバイド:ナノリポソーム型イリノテカン製剤(nal-IRI)
ゲムシタビン・ナブパクリタキセル療法(Gem/nab-PTX療法, GnP療法)ジェムザール + アブラキサン(アブジェム)
オラパリブ療法
BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵がんにおいて、白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法として承認された、膵がん初の分子標的薬
リムパーザ(一般名:オラパリブ)はファーストインクラスのPARP阻害剤
ペムブロリズマブ
マイクロサテライト不安定性(MSI)が高い人が対象となっています。そのために、投与できるかを判断するために、MSI-Hを調べるコンパニオン診断を受ける必要があります。
キートルーダ
エヌトレクチニブ
NTRK融合遺伝子陽性の膵臓がん、胆管がん、神経内分泌腫瘍、肉腫などの固形がんを対象
ロズリートレク

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す