ポアンカレ予想

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

450c922日のNHKスペシャル『100年の難問はなぜ解けたのか
~天才数学者 失踪の謎~』を興味深く見た。

数学者を100年間悩まし続けてきた『ポアンカレ予想』を証明したといわれるロシアの数学者繰グリゴリ・ペレリマンの物語。

「ポアンカレ予想」とは、ミレニアム懸賞問題の7つの難問のひとつであり、

「単連結な3次元閉多様体は3次元球面に同相である」

との命題であるが、素人にはさっぱり理解できない。しかし、番組では『長い長いロープをロケットに繋いで宇宙の果てに向かって打上げ、そのロケットが宇宙を一周して帰ってきたとする。帰ってきたロープの両端を引っ張ると、ロープが引っかかりもせずに手繰り寄せることができるのなら、宇宙はおおむね丸いといえる。』ということらしい。ロープを手繰り寄せることができない場合は、宇宙の形はドーナツ型のようにどこかに穴が開いているのかもしれない。

常識で考えると当たり前のことを予想しているのであるが、これを数学的に証明することが非常に難しかったというのだ。

ペレリマンはこれを証明したとされ、2006年の数学のノーベル賞=フィールズ賞に輝いたのだが、本人は受賞を辞退して数学会からも退いてしまった。

この宇宙の”中”に住んでいる我々が、宇宙を外から観測しなくても(これは不可能)宇宙の形を推測することができるということであり、彼の証明の過程で宇宙がとりうる8つの形が明らかになった。

数学的には証明されたのだが、さて現実の宇宙に本当に適用できるのだろうか? 例えばブラックホール。

ロケットがブラックホールに吸い込まれてしまえば、ロープは帰ってこない。しかし、ブラックホール理論に”ワームホール”というのがある。ブラックホールの中心が自転していれば、そこにトンネルができるのだ。そのトンネルは、まさに”虫に食われた穴で、その穴の先はホワイトホールへとつながっている。ブラックホールに吸い込まれたロケットはここから出てくる。つまり、この場合ロープはひっかかり、手繰り寄せることはできなくなることが分かる。ブラックホールがあるということは「宇宙はおおむね丸いとはいえない」ということであり、ポアンカレ予想を使うまでもないのではないか?

数学の結論と物理学の結論とは一致はしないということか。

サイモン・シンが書いた「フェルマーの最終定理」も同じく数学の難問に挑戦した数学者の物語。こちらもわくわくする読み物だった。


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • リーマン予想 『魔性の難問』リーマン予想 『魔性の難問』 「ガンペプチドワクチン療法」について続けて書いているが、ここでちょっと寄り道をして「リーマン予想」について。 先日NHKスペシャルで放映された『魔性の難問 […]
  • NHKの戦争特集がいいねNHKの戦争特集がいいね NHKスペシャルの戦争特集が秀逸だね。籾井勝人がいなくなって、本来のNHKが戻ってきた。 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 ハバロフスク裁判での録音テープ […]
  • 『がん 生と死のなぞに挑む』書籍になりました。『がん 生と死のなぞに挑む』書籍になりました。 がん 生と死の謎に挑む posted with ヨメレバ 立花 隆,NHKスペシャル取材班 文藝春秋 […]
  • NHKスペシャル 「キラーストレス」NHKスペシャル 「キラーストレス」 がんの告知を受けた患者は、さらに大きなストレスに曝されます。免疫系の活動が弱体化して、がん細胞の増殖がより早くなるのです。 またストレスホルモンは、免疫細胞のATF3遺伝子 […]
  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
  • 死んだら心はどうなるのか?死んだら心はどうなるのか? 予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA