NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

DP2M-100-2507

儀明の棚田


昨夜のNHKスペシャル『がん~人類進化が生んだ病~』を興味深く見た。なかでも、メラトニンとビタミンDが取り上げられていたことだ。ともに私が手術後再発予防の目的で服用しているサプリメントである。このブログでも何度も取り上げているので、昨夜の番組を見て興味を持ったなら右上の検索窓で検索すれば一覧が出てきます。

生物が進化の過程で単細胞生物から多細胞生物に進化したとき、遺伝子のコピーミスというがん化のリスクを抱えることになった。そして700万年前、チンパンジーとの共通の祖先から枝分かれをしたとき、「雌が交尾時期を知らせない」という繁殖戦略を採用したために雄は常に精子を製造せざるを得なくなった。その結果として雄は常に精子を生産するという進化戦略を採用して精子の増殖能力が格段に大きくなった。がん細胞は、この精子の増殖能力を己の無限の増殖能力として獲得し利用することになった。

Imageyositakapc086

さらに二本足歩行をすることで両手が自由に使えるようになり、それが脳の発達を促進した。ヒトの脂肪酸合成酵素(FAS)は他の動物のFASと比較して大きく能力を拡大している。脳の発達はFASの変化に寄るところが大きい。がん細胞はこのFASを取り込むことにより、旺盛な増殖力を維持している。

Imageyositakapc069

人類の発祥の地であるアフリカは紫外線を多く浴びる低緯度にある。しかし人口の増加でアフリカから他の大陸に移動(出アフリカ)することで、高緯度の紫外線量に少ない地域にも住むことになった。これにより紫外線を浴びて皮膚で生産されるビタミンDが少なくなった。

Imageyositakapc083

ビタミンDとがんの関係は、悲劇のチェロ奏者ジャクリーヌ・ジュプレの筋萎縮性硬化症もビタミンDの不足が原因ではないかという節もある。米国ではビタミンDのサプリメントを使った実証試験が進行しているところです。

夜勤の多い看護師に乳がんが多く発症するという症例が知られている。メラトニンは睡眠中に脳の松果腺で作られるホルモンであるが、夜型の生活をしていると血液中のメラトニン濃度が低くなる。

Imageyositakapc088
Imageyositakapc091

マウス実験では、メラトニンの不足したマウスと充分にあるマウスでは、がんの増殖抑制作用に違いがあると紹介されていた。血中のメラトニン濃度の高いマウスではがん細胞はほとんど増殖していない。

Imageyositakapc095

メラトニンとビタミンDは、がん患者にとっては重要な、無視するには勿体ないサプリメントだと私は考えている。ただ、1日に15分以上日光に当たれば必要なビタミンDは生産することができるし、夜更かしをせずに早寝早起き、「当たり前の生活」をするならメラトニンを服用する必要はないかもしれない。

番組の最後の、アフリカの原住民の言葉

私たちは日が昇れば狩りをして、日が沈めば寝ます。昼も働いて夜も働くなんてありえません。昼も夜も仕事をしていたら、一体いつ休むのですか。あなたたちはどうかしているんじゃないですか。

メラトニンを選ぶのならタイムリリースタイプ。効果が持続します。ただし、購入・服用は自己責任で。

メラトニン購入はこちらから


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 定期検査 術後4年目 再発・転移なし定期検査 術後4年目 再発・転移なし 今日はがん研での定期検査でした。これで満4年目になります。造影CTと血液検査。主治医の先生がヨーロッパに出張のため代診の若い先生でした。 結果はご覧の通り、血液検査での腫瘍マーカ […]
  • 立花隆の『思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』立花隆の『思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』 1週間前の放映であるが、NHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』でこんなシーンがあった。立花隆が一昨年に膀胱がんを告知され、NHKはその手術の様子や治 […]
  • サプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよいサプリメントはどう選ぶ。メラトニンはもっと注目されてもよい 現代医学には限界がある 漢方は説明不足 […]
  • 『がんの統合医療』(4) クルクミン『がんの統合医療』(4) クルクミン 『がんの統合医療』から、クルクミン(ウコン)に関する箇所を紹介します。クルクミンの有効性に関して、多くのエビデンスが揃ってきたようです。 […]
  • がんと食事(5)がんと食事(5) 帰省していたので、ブログもしばらく間が空きました。続きにけりを付けなくては。 写真は室戸岬・坂本海岸のハイビスカス・ロードです。今年は9月末だというのに、まだ南国らしい暑さ […]
  • メラトニンの副作用? 2ヶ月前からメラトニンを20mg(10×2)にして服用している。最近昼間に眠くて仕方がない日が多いのは、もしかしてメラトニンのせいかと思って、ここ数日服用を止めてみた。メラトニン […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
LINEで送る
Pocket

NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    サプリメントの落合さん。
    右上の検索窓に「メラトニン」と入れて検索すれば、メラトニンに関する私の考えが詳細に書いてあります。こちらをぜひお読みください。

  2. 記事を拝読しましたが、、「当たり前の生活」をするならメラトニンを服用する必要はありませんが、夜勤勤務のある方については、メラトニン入りのサプリメントを飲む必要があるかもしれません。(医者に聞くといいでしょう。)

  3. なっちゃん より:

    すごい情報ですね。私には20年早く知りたかった情報です~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です