鳥越俊太郎とアフラックのCM

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

手術後請求してあった生命保険金が下りてきました。2000年に直腸がんの手術をし、それから5年経った昨年の1月に加入できそうな生命保険を探したのでした。アリコなども問い合わせてみましたが、「過去に癌になった方はだめ」(今は加入できるそうですが)で、アフラックのみが(たぶん)前の癌から5年経っていれば加入が可能だったので契約したものでした。

請求後アフラックから電話があり、これまでの病状・通院などの問い合わせでした。通っていた主治医の先生にも問い合わせもあった様子でしたが、問題もなく保険金が振り込まれてきました。

最近の生命保険会社の「保険金不払い」問題が報じられていることも影響しているのか、私の場合は対応は迅速だと感じました。


テレビのアフラックのCMにジャーナリストの鳥越俊太郎が出ているのをみて大変な違和感を感じます。手術室に入るまでの映像を使ったCMですが、このCMのために撮影したものかどうか分かりません。「ザ・スクープ」など彼の硬派としてのジャーナリスト活動を好感を持って見てきた者としてはどうしても納得できません。鳥越さんにもいろいろと考えや事情があってのことでしょう。しかし、少なくとも我々の団塊世代では、自分の病気を金儲けの対象とするなどというのは、超えてはならない共通の矜持であっただろうと思います。

生命保険とは、万一のときに保険金を支払う、ということで成り立っているはずであり、その万一のときに可能な限り保険金の支払いをサボるというのが、この間報道された保険会社の実態です。契約違反であり、詐欺である。逮捕者が一人も出ないということ自体非常におかしいことです。アフラックは契約数ナンバーワンの外資系保険会社で、しかも不払い保険金の額では7位の19億円です。このような会社のCMにでることが彼のこれまでのジャーナリストとしての立脚点と矛盾するとは考えなかったのでしょうか。

もっとも、生保全体では910億円、120万件(10/3時点)だというから、この業界全体が「詐欺商法」の常連であり、アフラックだけだということではないが。

アメリカのイラク戦争の取材ではこの国の欺瞞を追及し、731部隊・イエスの方舟事件など”反権力”の立場を取ってきた(と私は感じている)鳥越俊太郎氏が、こうした外資系の保険会社CMに自分の癌を元ネタにして登場するというは、「人は死を前にして本性が現れる」ということなのかもしれません。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 満開の桜の下でじゃんけん満開の桜の下でじゃんけん 老人施設の方たちでしょうか。 満開の桜の下で、体操やゲームをやっていました。 […]
  • 今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』 すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えてposted with ヨメレバ 桃田 清友 文芸社 2016-04-01    […]
  • 写真展と国会議事堂前抗議集会写真展と国会議事堂前抗議集会 DP2 Merrill F5.6 1/200 ISO200 再開発予定の町、京急蒲田駅前商店街SIGMA […]
  • NHKスペシャル『健康格差』NHKスペシャル『健康格差』 非正規雇用や無年金者の場合、食費にしわ寄せが行くから、炭水化物中心になりがちで、2型糖尿病になる率が高くなる。 貧困家庭のこどもは虫歯が多い。肥満が多い。 結局根本原因は、新自由 […]
  • スライドショー『巾着田の曼珠沙華』スライドショー『巾着田の曼珠沙華』 曼珠沙華ももう終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。 花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。 […]
  • 旧古河庭園に行ってきた旧古河庭園に行ってきた 今日は女房の専属運転手でした。友達の旦那が糖尿病の末に人工透析、そして心筋梗塞で急逝したので線香をあげに行く、ついては暑いから送っていって、帰るまでどこかでぶらぶらしておいで、と […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA