買って損した『癌では死なない』

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

二人に一人ががんになり、三人に一人ががんで死ぬ時代ですから、がんは珍しくもない病気です。医者の数は約29万人といわれていますから、半分の15万人ほどががんになっても不思議ではない。博士号を持っていない医者も希でしょうから、がんになった博士号を持った医者だって珍しくもない。しかし、世の中、がんになった医者が書いた本が、さも権威あるかのように出版され続けています。医学博士の肩書きでも載せておけば更に権威が増すかのようです。

癌では死なない~余命宣告をくつがえした医師たちの提言~ (ワニブックスPLUS新書)

新刊.net」というサイトがあり、キーワードで「がん 癌」などと登録しておくと、
癌に関する新刊書籍を表示し、メールで知らせてくれます。ブログの情報源の一つなのですが、ここに『癌では死なない 余命宣告をくつがえした医師たちの提言』という本が12月8日に発売になったと表示されました。おもしろそうなので買ってみたのですが・・・・。

3人の著者が書いていて、みんな癌の経験者。最初の著者は松野哲也氏。国立研究機関で基礎医学研究に従事後、米コロンビア大学癌研究センター教授を勤める。現在はノエティック・サイエンス研究室主宰。プロポリスを永年研究してきた人。癌は怖い病気ではない、抗癌剤治療は危険な賭け、抗癌剤の有効・奏功と治ることは関係ない、などまともなことも書いてあります。まぁ、近藤誠氏の本の焼き直しに近い内容と思っていただければ間違いない。しかし、読み進めていくと、義母の子宮頸がんにプロポリスを塗ったらがんが消えたという。本人もS字結腸がんになり、プロポリスと足裏マッサージで治ったそうだ。でも幾分”良心的”でもある。「プロポリスを飲んでいればがんは必ず治る」などとは言わないからだ。プロポリスのような良質のサプリメントを摂りながら、「今」を大切に生きましょう、というのだから。

ノエティック・サイエンスとは、「精神科学」となろうが、アメリカの「ノエティック・サイエンス研究所」は超心理学の研究で有名です。オカルトだし、それと関係があるのか?

二人目は鶴見隆史氏。鶴見クリニック院長。病院のサイトのトップページに自書の一覧が出てくるというおもしろい医院です。自由診療(健康保険が利きません)、完全予約制。本を買う前にこのサイトを見ておけば買わなかったのに、後悔先に立たずです。免疫強化療法・断食・鍼灸・遠赤外線療法、放射線ホルミシスもやっています。鍼灸師の施設とどこが違うんだろうといぶかるばかりです。「腸をきれいにすれば癌が消える」「精白糖は癌の栄養」「高GI食が癌を育てる」・・・これも『がんに効く生活』などからのパクリでしょう。「植物ミネラルマグマについて」論文を出したということでPDFのリンクが張られていますが、「植物ミネラルマグマと私」が正式のタイトルらしい。論文に「私」、こんなタイトルがあるのか?どの雑誌に出したとも書いていない。雑誌のコピーでもない。「論文」を書いたという権威付をしたい思惑が透けて見えてきます。ホメオパシーの同類である放射線ホルミシスという、決着の付いていない仮説をさも正しいことでもあるかのように扱っている。1~100マイクロSv/hの放射線を照射するのだという。その一方でがんの放射線治療は危険だというのだから、矛盾も甚だしい。当人にいわせれば、低線量の放射線と高線量では影響が違うのだということになるのだろう。近藤宗平氏の『人は放射線になぜ弱いか』が日本でのハシリだと思うが、最近また「微量の放射線は身体にいい」というトンデモ科学が台頭してきている様子。しかも、身体にいい→がんが治る、と一気に飛躍してきたようだ。

圧巻は三人目の稲田芳弘氏。ご自身が、男性には珍しい乳がんになったそうで、しかし抗がん剤治療も一切拒否して、玄米菜食と足もみで治したという。まぁ、それはよい、乳がんは放っておいても治ることの多いがんだ。だからといって、それが「千島学説」が正しいことの証明にはならないだろう。この人は「千島学説」の信奉者であるらしい。癌死が増えたのは誤った細胞分裂説により、がん細胞が際限なく増殖すると勘違いした医者が、抗がん剤や手術をするからだ、という主張だ。千島学説についてはリンクを参照してください。ここでは「赤血球には核がないが、がん細胞には核があることを千島学説では説明できない」とだけ触れておきます。

さらに、ガストン・ネサンの謎の微少生命体ソマチッド(DNAの前駆生命であり、永遠の生命を持つ)に、ソマトスコープ、75%の末期癌患者が治ったという「714-X」という免疫強化剤。トンデモ科学満載です。私もクリストファー・バードの『完全なる治癒』は読みましたよ。ネサンの裁判の記録ですが、私の興味はソマトスコープの詳細が知りたかったのです。しかし、簡単な図が載せられているだけ。こちらの動画の方がまだましです。(既にリンク切れ)「ガストン・ネサンのソマチッド・ソマトスコープ」

これについてもいろいろと突っ込みを入れたいが、(光学顕微鏡で電子顕微鏡並みの分解能があるのか、ゼーマン効果を利用しているというが、ゼーマン効果は磁場中の原子に対する現象であって、放射された光に関する現象ではないなど)関わっているときりがないので・・・。

そして、やはり出てきました。「波動」です。「音響免疫療法患者の会」というNGOも関わっている様子で、彼の奥様が一所懸命に勧めているようです。「弦の激しい波動エネルギーの響きが身体を発熱させ自己治癒力を高め」るそうです。

私がチェロを1時間も引いていると、身体もぽかぽかとしてきますが、それはチェロからの波動がエネルギーとなって伝わってくるわけではなく、両手を使って弦を押さえ、弓を弾き、身体全体でチェロを弾いているから暖まってくるというだけのことです。弦の振動エネルギーと体温を1°上げるに必要なカロリーを計算してみれば簡単に分かることです。もちろん弦の響きが身体に心地よいですよ。でもね。何で「波動エネルギー」を持ち出す必要がある?売ろうとしている音響機器や音源も高そうですね。

それぞれに何かを売りたい下心がありそうですね。プロポリス・酵素を使った免疫療法、自分の著作や音響機器。もちろん本に書かれていることが全部が全部ウソというわけではないです。そんな本なら誰も見向きもしないから、8割は本当(らしい)ことを、根拠のありそうなことを書いています。その部分だけを読むのなら何らかの役に立つこともあるでしょう。トンデモ本の特徴は、ある条件で起きた例をそのまま一般化する、否定的な現象には目をつむるということでしょう。

3人の鼎談部分にサブタイトルとして「怪しい癌ビジネスに気をつけろ」と書かれています。自分たちのことでは?と笑っちゃいました。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
  • テリーさんへの手紙テリーさんへの手紙 テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。 […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • がんと霊(スピリット)、奇跡的治癒 確か長尾先生の『抗がん剤 […]
  • ASCO 2008の生存率ASCO 2008の生存率 ASCO 2008(5/30-6/3) CONKO-001において腫瘍切除後の膵癌患者にゲムシタビン(ジェムザール)を投与した場合の第Ⅲ相試験の結果が発表されている。ASCO […]
  • 米国医療は「こころ」の重視へ 「心と癌と量子力学の関係」などと、いささか「とんでも本」的な内容を書きましたが、量子力学はともかくとして、心と癌の関係はもはや常識になっているようです。 右の「膵臓癌おすす […]

買って損した『癌では死なない』” に対して1件のコメントがあります。

  1. 遠山 より:

    なるほど。千島学説や怪しいサプリなど話は、この世の中、山ほど出てきますが、一挙猟団でバッサリ否定するのもどうかと私は思います。
    と申しますのは、医学というものは、そもそも科学の上に乗っかている事を認識しなくてはなりません。
    生命科学です。生物の起源は「金属」です。この金属なくして我々の生命は維持できません。即ち微量元素論です。一般的には軽く「ミネラル」なんて言っていますが、そんな簡単なものではなく、金属がタンパクという酵素(ペプチド)を形成し、そのものを触媒として、様々な免疫抗体が活動することで、生命維持を行っているのです。
    基本的には、癌というと「死病」のイメージが大変強いのですが、原則的に人は癌では死なないシステムを持っています。また、発症しても治ります。
    しかし、微細癌でも見つかれば、徹底的にその患部を叩く現代医学に、些か疑問視しています。
    人(医師)が人体をいじって癌が治るほど、人のシステムは、単純ではないということ。
    また、散々そのような治療を行って来た医師たちが反旗を翻すが如く、現代医学を否定する。何と滑稽な絵図が見えてしまいますね。
    結論を申し上げれば、癌という疾患の要因は、自分自身にあるということ。
    即ち、どんなスーパードクターでも、治せないということ。
    癌は、自分自身で治す以外に方法はありません。癌は素人が治せるものではないと、誰でも思っていますが、このことを我々は、どこで教えてもらったのでしょうね。
    恐らく、マスメディアや書籍等々によって、洗脳されているだけかも・・・・・・・。
    医師を崇拝するのは勝手でしょうが、命をあずけるには少々頼りない。
    だって、医学は科学を知らないから!恐ろしい話でしょ?

  2. よしだひろこ より:

    "買って損した。。。”に全く同感です。私も乳がんを患った(2回も)経験上どうもこうした書物には目が行きます。ただし、
    新書などというものは所詮斜め読みして、一節でも心に残るものがあれば良い、程度にはいつも冷めた気持ちで読んで
    いるつもりです。が、ここまで医者やジャーナリストを名乗る方々が、何の根拠もない言葉を活字にすることには怒りを感じます。
    3著者がメールアドレスやURLを載せていますので、本気で反論するつもりでした。貴殿のごもっともな意見を拝見して、反論すら
    ばかばかしくなりました。いや、ひょっとするとここまで”オカルト”な方々からは、嫌がらせすらあるかもしれないと、ぞっとした
    次第です。あまりにオカルトなところは目をつぶるとして、この書物を読み終わって、いったい何の”安心”が得られるのでしょうか?
    序説にある、患者やその家族に希望を与えるのでしょうか?確かに抗がん剤には問題が多くあります。がしかし、抗がん剤を受ける受けないの判断材料は何ですか?それよりプロポリスで免疫を高めた方が良い?プロポリスの免疫向上はいつ証明されたのでしょうか?
    スイーツ好きの女性は乳がんになる?だれがそんな検証をしたのでしょうか?まだまとまりがありませんが、一言賛同の意見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です