スポンサーリンク

NHKスペシャル『働き盛りのがん』

LINEで送る
Pocket

12月29日(土)21:00から、NHK総合テレビでのNHKスペシャル『働き盛りのがん』(仮題)に、樋口強さんがスタジオトークで参加されるようです。内容はドラマ仕立てのようですが、先日のブログ「最近、あなた笑えてますか」を覚えている方はスイッチを入れてみては・・・・。

日本対がん協会の常務理事であり、著書『がん六回 人生全快』を種パンされている関原さんのがんとの闘いにも興味があります。元気をもらえそうです。

いま増え続ける働き盛りのがん。この番組はあるビジネスマンが6回のがんと向き合った25年間の軌跡を軸に、現在働きながらがんと向き合う人々の現実を織り交ぜながら、彼らの前に立ちはだかる壁とは何か、それを乗り越えるには何が必要かを問いかけるドキュメンタリードラマである。関原健夫さん(64歳)はNY駐在中の39歳の時、進行した大腸がんを告知され、その後肝臓、肺への転移、肝臓への再転移などを繰り返しながらも生き延び、当初の「5年生存率20%」を身をもって打ち消してきた。仕事に打ち込み家族を守りながらがんと正面から対峙(たいじ)し、絶望と希望を繰り返しながら生きようとした軌跡は、いま、がんと直面する人々への普遍的な伝言である。関原氏の軌跡をドラマで辿ると共に、いま実際にがんと向き合いながら働く20代から50代までの働き盛りの人々が繰り広げるスタジオトークを別途収録。ドラマとトーク、ドキュメント映像を自由に行き来する新しい演出のNHKスペシャルである。
(キャスター:俳優・児玉清)

がん六回 人生全快 (講談社文庫) がん六回 人生全快 (講談社文庫)
関原 健夫

関連商品
がんを生きる (講談社現代新書)
新・がん50人の勇気
妻を看取る日 国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録
幸せはガンがくれた―心が治した12人の記録
がん六回 人生全快―現役バンカー16年の闘病記 (朝日文庫)
by G-Tools

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 高遠の小彼岸桜高遠の小彼岸桜 土日で信州高遠城址公園の小彼岸桜を見物してきた。十年前に一度行ったが、その時は早すぎて枝ばかりの木を見ただけ。今年は15日が見頃と予想が出ていたが、この日はチェロの合同レッスンの […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • ヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高めるヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高める ヤクルト菌(学名:Lactobacillus casei Shirota […]
  • 手術の後遺症よりもQOLを選んで手術の後遺症よりもQOLを選んで 『膵臓がん患者と家族の集い』のサポーターである待夢さんが一昨日お亡くなりになりました。 待夢さんのことを知ったのは、がん患者の SNS […]
  • IMRT:次のターゲットは膵臓がんIMRT:次のターゲットは膵臓がん BIGLOBEニュースなどに、プレジデント社の最新の放射線治療装置の情報が掲載されています。ただ、これは2013年6月の特集記事。どうして今頃ニュースに?と思うのですが・ […]
  • リアルワールドデータとエビデンスリアルワールドデータとエビデンス 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会における佐藤典宏先生の講演において、膵臓がんに対するナノナイフと抗がん剤治療の比較したデータが紹介されていました。 抗 […]
  • 検察審査会、東電元幹部を再び起訴相当と検察審査会、東電元幹部を再び起訴相当と 今日31日20時が満月ですね。「ブルームーン」だそうです。ひと月に満月が2回あることをいいます。だけど「ブルー」ではなく赤かった。東京の赤い月は、東の空、ビルよりも少しだけ高い位 […]
  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 毎日 […]
LINEで送る
Pocket

NHKスペシャル『働き盛りのがん』” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    inkさん、こんばんは。
    そうです。『がん六回 人生全快』(講談社文庫)を読みたくて図書館に予約しているのですが、すごい予約量で未だに連絡がありません。
    待ちきれないから明日にでも本屋に直行しようかと考えているところです。
    がんというのは、本当にその人の生き方を試される病気ですね。

  2. ink より:

    こんばんは、関原健夫氏はすごいですね。著書の『がん六回 人生全快』(講談社文庫)にも、病気になった当初から、勇気づけられていました。是非見たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です