年賀状の図柄を考えて・・・

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

風天 渥美清のうた
年賀状の図柄を何にしようかと思案していたが、来年は寅年だから「寅さん」ではどうかと思い当たった。もちろんあの「ふうてんの寅さん」である。インターネット上で無料のイラスト素材を探したが、これといったものがない。あちらこちらネットサーフィンをしていたら、『風天 渥美清のうた』という本に行き当たった。

渥美清が俳号「風天」で多くの俳句を残していることはあまり知られていない。「アエラ句会」に永六輔らとともに参加していたが、「壁に向かってひとり沈黙し、終わると黙って出て行った」というふうな様子だったらしい。渥美清は肝臓がんが肺に転移した転移性肺がんで亡くなっている。私生活を一切公にしない彼らしく、がんになったことも世間には知らせることなく闘病していた。

   お遍路が一列に行く虹の中

これが渥美清の代表作であり、辞世の句といっても良い作だといわれている。これは『カラー版新日本大歳時記』の春の巻に、高浜虚子の「道のべに阿波の遍路の墓あはれ」らと並べて載せられている(らしい)から、アマチュアの域を脱している。私の気にいったいくつかを挙げると、

   好きだからつよくぶつけた雪合戦

   だーれもいない虫籠の中の胡瓜

   どんぐりのポトリと落ちて帰るかな

   少年の日に帰りたき初蛍

   背伸びして大声あげて虹を呼ぶ

   股ぐらに巻き込む布団眠れぬ夜

   扇子にてかるく袖打つ仲となり


スポンサーリンク

   そば食らう歯のない婆(ひと)や夜の駅

   立小便する気も失せる冬木立

   冬の蚊もふと愛おしく長く病み

「好きだから・・・」なんて、そうそう、という気がしますね。私は南国育ちですからドッチボールでしたが。

この本を書いた森英介さんも、今月14日に膵臓がんで亡くなっています。がん患者が詠んだ俳句集を来年出版の予定を待たずにお亡くなりになったと報じられました。

樋口強さんの『貴方 最近笑えてますか』にこんなくだりがあります。「仕方なくもらったがんという”印籠”ですから、うまく使いましょうよ。私がんなんです、この印籠が目に入らぬか、とやったら、たいがい通りますよ。」

しかしね、二人に一人ががんになる時代ですよ。「私、がんなんです」と言ったって、「それがどうした。二人に一人は男だよ」と言われますよ。男が珍しいはずはないように、がん患者は珍しくもないわけです。「水戸黄門の印籠」のようには通用しません、最近は。最初のころは効きましたよ、確かに。難しい仕事は回ってきませんでした。家族も気を遣ってくれました。しかし、2年半もがん患者をやっていると、相手も慣れてくる(忘れているというのが本当のところ)のでしょうね。最近では会社でも仕事量は前と同じです。いっこうに減る気配がない。

しかし、これも考えようです。がんは安静にしていれば治るという病気ではない。むしろ、多くの方が言うように、使命感や生きがいを持つことが重要です。普通に扱っていただくことが(若干の配慮もお願いしたいですが)、治療にはよいのではないかと、あらためて周囲の皆さんに感謝する次第です。

年賀状の図柄のことを書いていたのだった。結局図柄はありふれた虎の絵にしました。

風天 渥美清のうた (文春文庫) 風天 渥美清のうた (文春文庫)
森 英介

おかしな男 渥美清 (新潮文庫) きょうも涙の日が落ちる―渥美清のフーテン人生論 渥美清の伝言 忘却の力―創造の再発見 人生に、寅さんを。 ~『男はつらいよ』名言集~
by G-Tools


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 権現堂堤の桜、満開でした。権現堂堤の桜、満開でした。 権現堂堤の桜を撮りに、午前4時に自宅を出発。ここの桜を観るのは3度目か? 観光客にいない時間を狙って、午前5時半に駐車場に到着したが、驚いたことに、駐車場はほぼ満杯。日曜日 […]
  • 誕生日誕生日 愛犬の誕生日だからと、雨の中を車で深沢不動近くのケーキ屋「パティスリー […]
  • 今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』 肝臓転移の末期の膵臓がん(ステージⅣb)が、ジェムザールとTS-1の併用療法(GS療法)で腫瘍が縮小して手術ができ、5年を経過した桃田清友さんの闘病記。 […]
  • ガンと心=癌は自分で作った 20代の頃自律訓練法をしばらくやったことがある。そのころストレスからくる執拗な不整脈に悩まされ、大学病院でも検査をし、当時としては画期的だという薬で治療をしたが全く好転しなかった […]
  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っています。その中心メカニズムが”炎症作用”です。ところが、がんはこの修復メカニズムを利用して、自らの成長を支えるために炎症を引き起こそう […]
  • 放射線はがん細胞をワクチンにする放射線はがん細胞をワクチンにする 「放射線は、効果的にがんをワクチンに変えることができるのです」放射線が局所では腫瘍を縮小させる一方で全身では免疫応答を誘導するこの現象は、アブスコパル効果として知られている。 […]
  • 定期検査6年目定期検査6年目 がん研の庭から がん研での定期検査でした。腫瘍マーカーのCEA、CA19-9はともに正常値内。HbA1cも6.4(NGSP)と前回の6.8より改善。肝機能も […]
  • 20ミリシーベルトでは、何が起きるか?20ミリシーベルトでは、何が起きるか? 文部科学省が学校の屋外活動の制限基準を年間20ミリシーベルト(以下mSvと表示)以上とし、原子力安全委員会は避難基準を20mSvとしました。今回の原発事故の報道でSvとかBq(ベ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です