スポンサーリンク

中村祐輔教授、国立がん研究センター研究所所長に

LINEで送る
Pocket

Biotechnology Japanにこんな記事がある。

「患者さんが絶望するがんセンターではなく、患者さんに希望を与えるようながんセンターになるように、研究所は縁の下の力持ちとなって支援する」

金曜日の夜、辞令が交付されたばかりの、国立がん研究センター研究所の中村祐輔所長とインタビューを行いました。2時間もインタビューしましたが、結論は冒頭の発現に凝集されています。NHKの朝のニュースにも登場する中村所長に本当に縁の下の力持ちとなるのか?と念押ししましたが、堅い決意を示していました。

従来の基礎研究と臨床研究が乖離していた状況を、何とか変革して、新しい抗がん剤や治療法の開発に貢献する旗を掲げました。マウスの研究に終始するのではなく、患者さんに成果を返還するトランスレーショナル創薬と、患者毎の遺伝的背景やライフスタイルに応じた個の医療を実現を目指すと、抱負を語りました。

抗体医薬や分子標的医薬で全敗(アクテムラを除き)してしまった我が国の製薬産業に、喝を入れる新しい研究の流れが、独立行政法人となった国立がん研究センターの研究所から発せられることを期待したいと思います。勿論、国立がんセンターの研究所は歴史もあり、人員も研究員100数十人、総員200 人程度の研究所が一体、新しいミッションに対して、どう心を揃えて動き出すかは、そんなに簡単なことではないでしょう。中村所長の奮闘に期待したいと思います。

ベンチャーの活用が鍵を握っています。中村所長もオンコセラピーというベンチャー企業の創業者であり、研究所長なのか?ベンチャーの役員なのか? という利益相反に巻き込まれます。ファイアウォールが絶対必要ですが、「4月1日にオンコセラピーの役員を辞任した」(中村所長)と、身辺整理も行っていました。東大教授との兼任ではありますが、大きな覚悟を持って国立がん研究センターの研究所長に就任したと考えてよいでしょう。

現在の国立がん研究センターを頂点とする標準治療では「患者さんが絶望する」というのは中村教授らしい発言ですね。少なくとも「希望を与える」ような治療法ではない。昨年3月の国立がんセンター主催の講演に招かれた中村教授は「今の標準治療によってがん難民が増えている、私がこのドワクチンを開発しようとした
動機も、標準治療では救えない、再発後はいくつかの抗がん剤が効かなくなると『後はホスピスですね』と言われがん難民になっていく。こうした状況を何とか
したいということだったのです。」と発言されたので驚いたものでした。当時の土屋院長も同席していたのですが、国立がんセンターの講演会に招かれて、そのがんセンターの運営方針を批判する勇気のある方だと思った次第です。エビデンス万能、エビデンス至上主義に陥ったら、そこには「失望の文化」が待っている。

ネットにはこんなつぶやきが載っています。

国立がんセンターの友人が研究室に来た。共同研究開始となった。嘉山理事長になり、風通しが良くなったと感じる。以前なら、「誰か反対するから出来ない」みたいな議論が多かった。中村祐輔先生が所長に就任し、これまでの国立がんセンターの研究レベルじゃ、話にならないと実感したのもあるだろう。

友人から「国立がん研究センター研究所のスタッフが、中村祐輔先生に恐々としている」と聞いた。中村先生はシンガポールと米国が招聘を画策した世界的スター。彼の赴任によって、築地が医学研究の情報交差点になる。皆さん、もっと面白くなること請け合い。何しろ、私は彼と働いて面白かった。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • バッハ:平和への祈りバッハ:平和への祈り 昨夜の夕焼けは怖いほどでした。台風が接近しているためでしょうか。それとも国会で緊張感を増している「戦争法案」を象徴しているのでしょうか。 一日、ヴィヴァルディのチェロ・ソナ […]
  • がん患者は抗体量が半分以下がん患者は抗体量が半分以下 新型コロナウイルスに感染すると体内に抗体ができるのですが、俺ががん患者の場合健康な人の半分ほどだという研究結果が発表されています。 国立がん研究センターのまとめた […]
  • 彼岸花の命は短い-道元の死生観彼岸花の命は短い-道元の死生観 2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけた […]
  • ペットの安楽死は中止 我が家のヨークシャーですが、なんとか安楽死を免れています。先の日曜日には、獣医の先生からも「そろそろご相談をしなければと思うのですが・・・」と言われました。しかし、次回の検査結果 […]
  • 膵臓がんを老衰死させる研究膵臓がんを老衰死させる研究 週刊新潮 […]
  • 13回目の「がん記念日」13回目の「がん記念日」 2007年の今日、超音波検査で膵臓に影が見つかり、怒涛のような日々が始まった「私の膵臓がん記念日」です。 13回目です。結局このブログも13年間続けて書いてきたことになりますね。 […]
  • 抗酸化作用ビタミンの有効性に疑問抗酸化作用ビタミンの有効性に疑問 がんの予防効果に疑問 抗酸化作用があるといわれるビタミンを摂取しているが、最近の知見によるとがんの予防効果に疑問がありそうです。 抗酸化作用があるといわれるビタミンは […]
  • 清里高原に行ってきました。清里高原に行ってきました。 土日は清里高原に一泊旅行でした。 まずは昇仙峡へ。まだ紅葉には早いことは承知ですが、一度も行ったことがないので。県営駐車場に車を止めて、バスで影絵の美術館へ。ここからなら下 […]
LINEで送る
Pocket

中村祐輔教授、国立がん研究センター研究所所長に” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    FOOTBALL10さん
    チェロのコンサート案内、ありがとうございます。普段はバスも電車も乗らない(都会に住んでいながら)生活ですので、中吊り広告は目にすることがありません。
    蒲田西口の飲食店街にある教会ですよね。予定に入れておきます。
    中村祐輔教授の講演には、残念ながら参加できませんでした。これまで二度ばかり聞いているので、またの機会にしました。

  2. FOOTBALL10 より:

    いつも興味深い、かつ有益な情報をありがとうございます。
    過日 ご案内いただいた4月11日@東大医科学研 中村教授の「患者に優しいゲノム医療」受講して参りました。
    そこでの発言を聞き、私も この人は「武士」だな、と感じました。
    講義内容も、私にとっては、初めて聞く とても刺激的な話でした。 ありがとうございました。
    さて、チェロのコンサートが、お近く(?)であるようなので、ご案内します。(鶴ならぬ、亀の恩返し??)
    べアンテ・ボーマン チェロ・コンサート 5月23日(日)13;30~ @シオン・キリスト教団 蒲田教会

    東急バスの中刷りにありましたので、もうご存知でしたら、ご容赦ください。

コメントは受け付けていません。