スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

牛蒡子が膵臓がんに有効かも、の報道について

4月25日のよみうりオンラインで、牛蒡子が膵臓がんに有効との記事が流れた。この報道に関して、ネットでは盛んにブログが立って。私のブログ(4/9)にも陶さんがコメントとして紹介されている。

私もGoogleニュース検索で拾って知ってはいたが、何となく違和感を覚えたので紹介はしなかった。まず、読売だけの報道であり、他の新聞が追随していない。国立がんセンター東病院の院長ともあろう方が、学会発表ではなくプレスリリースで情報を出したのも変だ。

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、漢方薬の解熱剤などに使われるゴボウの種子「牛蒡子(ごぼうし)」に、抗がん剤が効きにくい膵臓(すいぞう)がんの増殖を抑える作用があることを、マウスの実験で突き止めた。

患者を対象に臨床研究を行い、新しい治療法の実現化を目指す。

がん細胞のうち、酸素や栄養分が少ない環境で生き残るタイプは、抗がん剤が効きにくく、がん再発の原因になる。江角浩安院長らは、酸素や栄養分が少ない環境で培養したがん細胞に、牛蒡子に含まれるアルクチゲニンを加えると、がん細胞が激減することを発見。膵臓がんのマウスは通常、生後55日ですべて死ぬが、牛蒡子を1回50~100マイクロ・グラムずつ週5回投与すると、生後100日を過ぎても半数が生き残った。

江角院長は「膵臓がんの患者にも効果があるか、早く検証したい」と話している。
(2010年4月25日09時56分  読売新聞)

CiNiiで「牛蒡子」で検索すると5件ヒットした。「P-62 牛蒡子エキス中に含まれるインターロイキン6活性阻害物質 」の表題の論文もあり、炎症性疾患での牛蒡子のIr-6に関して論じている。がんとの関連もありそうだという気はする。漢方医療の分野では温熱療法の効果を高めるとの記事もある。

PabMedで「Arctium lappa L. Cancer」のキーワードでも11件ヒットした。詳細は読んでいないが乳がんという語句も見えるから、がんとの関連が研究されているようだ。とすると、国立がんセンター東病院の研究はそんなにニュースバリューのあるものかどうか疑わしい。まして試験管とマウスでの実験段階である。そんなものをマスコミに流すのは何か事情があるのかもしれない。あるいは読売が特ダネ扱いした勇み足とも考えられる。

江角浩安院長はがん研究に関して次のように考えている方である。なにはともあれ、まずは学会発表をするのが研究者としてのまっとうなやり方ではなかろうか。

がん研究であり疾患の克服のための研究であるが、がんは数十年とは言え極めて短い間に進化を遂げる特別な生物とも考えられ、がんの組織の”機能”を解明することは正常細胞或いは組織の理解に止まらず、進化のメカニズムを解明することにも匹敵する。我々の研究室は、一方ですでに我々が発見したキガマイシンのような新しいがん治療法を開発すると共に、このような観点で、がん組織の”機能”を生化学、細胞生物学、分子生物学的に解明することを目指す。

がん患者のあきらめない診察室」では、希望者に対して牛蒡子を使った治療を行なってくれるという。気になる方はこのサイトを覗いてみてはどうだろうか。副作用がなく高価ではなさそうで、ある程度の確からしさがあればチャレンジしてみるというのが私の考え方だが、学会発表があるまで待つことにする。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • モーツァルトはコルチゾールを下げるモーツァルトはコルチゾールを下げる 今日は朝からモーツァルト。弦楽五重奏曲第3番、フルート協奏曲にクラリネット協奏曲を続けて聴いた。モーツァルトは大きな音で聴いていても、ついうとうととなる。サイモントン療法やマイン […]
  • 2000万円、どうやって貯めろと言うんだ!2000万円、どうやって貯めろと言うんだ! がん患者は治療や通院のために仕事を休む。正社員のサラリーマンならまだいいですよ。非正規雇用で日給月給のような状態で暮らしている方が沢山いるんですよ。 この先、がん患者でももらえ […]
  • ウコンの品質、安全性・副作用ウコンの品質、安全性・副作用 ウコンの話題を2回にわたって記載しましたが、市販のウコンにはクルクミンの含有量が少ないかほとんど含まれていないものをあります。 ウコンには3種類あり、 […]
  • 今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』   精神神経免疫学(PNI)という分野があります。このブログでも何度か触れていますが、がんと心の関係を研究する分野です。二つの特徴があります。一つは、がんにな […]
  • マインドフルネス瞑想マインドフルネス瞑想 「ガンなどの重い病気に、瞑想が直接的影響を及ぼすかのように言う者もいるが、そうした主張を裏づける科学的根拠はない」と、サイモン・シンは『代替医療のトリック』(文庫版では『 […]
  • 吾が生既に蹉陀(さだ)たり。諸縁を放下すべき時なり。吾が生既に蹉陀(さだ)たり。諸縁を放下すべき時なり。 吉田兼好のように、諸縁を切り離して、我が心のままに生きようと決めたのでした。あれから12年経ち、たまたま生き残っただけのことですが、当時の気持ちは今でも持ち続けているつもりです。 […]
  • 膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」 腹腔内投与 胃がん、膵臓がん、卵巣がんでは高い頻度で腹膜播種が生じます。腹膜播種は、がんの転移形式の一つで、がん細胞が腹膜内に散らばった状態です。 腹膜播種になると、腸閉 […]
  • 人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ この身体は借り物。借用書には「必ず返すべし」とは書かれているが、「いつ返せ」とは書かれていない。返す期限は誰にも分からない。身体もがんも「複雑系」だから、原理的に「未来は予測でき […]

牛蒡子が膵臓がんに有効かも、の報道について” に対して1件のコメントがあります。

  1. より:

    牛蒡子(ゴボウの種)を早速取り寄せて一昨日から煎じて飲んでいます。
    キノシタさんの記事にリンクされているWeb情報にありますように、古くから漢方薬として使われていた
    生薬ですし、特段の副作用がなければいいだろうと判断してのことです。
    牛蒡子の値段は500g一袋で2500円くらいです。
    10~20gを600ccの水に入れて20分程度煎じて、一日3回に分けて飲みます。
    (費用は一ヶ月2500円足らずということになりましょうか)
    種を炒って食べてもいいとのことですが、かなり苦味があります。
    牛蒡子の煎じ茶の味ですが、いかにも薬効がありそうな(笑い)独特の渋みと苦味が
    あります。個人的には嫌いな味ではないのでしばらく飲み続けてみるつもりです。

コメントを残す