SU剤からグリニド系剤に変更

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が降ると少し浮き浮きします。朝からモーツァルトとバッハを流しています。バッハのチェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV1052 を3枚のCDで演奏家による違いを楽しんだりしています。CDによっては「ハープシコード協奏曲」となっていますが、ちなみにチェンバロ(cembalo)はドイツ語、英語ではハープシコード (harpsichord)、フランス語ではクラヴサン (clavecin) というそうです。雪の舞う窓の外を眺めながらのバッハは落ち着きます。今夜は雪かきをしなくては。

血糖値の治療に(SU剤)アマリール0.5mgを朝1錠だけ服用してきたのですが、アマリールでは食後の高血糖を抑えることが難しいようです。お昼に糖質の多い食事(蕎麦や定食)を摂ると、2時間後の血糖値が300mg/dLを越えることもありました。アマリールのインスリン分泌促進効果は6時間程度と言われているので、昼頃には効果がなくなっているのでしょう。SU剤では低血糖がもっとも気をつけなければならない副作用ですが、11月22日には、52mg/dLという低血糖を記録しました。

血糖値管理の現状は、

  1. HbA1c:6.0%で「優良」
  2. 空腹時血糖値:120mg/dL 前後で「良」
  3. 食後2時間血糖値:変動が激しい。140~300mg/dLの間で大きく変動。糖質の多いものを摂らざるを得ないときもあるのが原因
  4. 数ヶ月に一度の頻度で低血糖になる。

つまり、HbA1cと空腹時血糖値は良いのですが、これらはいわば「平均値」。食後血糖値の変動が激しいと言うことは、酸化ストレスリスクが大きく、血管へのダメージも大きいので、質の悪い「平均値」です。出張や外食では糖質制限食を摂ることが難しいです。「3.」にいかに対応するかが、喫緊の課題です。

昨日の糖尿病の先生の診察日に、私から「グリニド系剤かαグルコシダーゼ阻害剤に変更したい」と提案してみました(主治医は私自身だ!)。「アマリールでは低血糖は避けられないし、食後の高血糖も抑えられていません。プチ糖質制限食を実行しているので、やむを得ず糖質の多い食事をするときのみ、食事の直前に服用するこれらの薬の方が合理的ではないでしょうか。糖質を含まない食事のときには服用せず、多いと思われるときだけ服用することで、自己管理が可能です。朝一錠のアマリールではそういう使い方はできません」

先生の話。「膵臓がんで摘出手術をしたあなたの場合、膵液の分泌など健常な臓器の持ち主とは違うので、これらの薬がどのような効果を示すかについてのデータはありません。やってみなければ分からないというのが正直なところです。エビデンスがない。でも自己血糖値測定をしているあなたの場合ですから、試してみることはよいと思います」

とのことで、グルファスト錠(グリニド系剤)に変更です。しばらくは血糖値データを取りながら、食事内容による最適な容量を探します。

しかし、「やってみなければ分からない」は医療全般に言えることで、抗がん剤もどれほどの量が最適なのか、効果があるのかないのか「やってみなければ分からない」のがあたりまえです。エビデンスはあくまでも参考ですから。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 久美子ママの朝日新聞記事久美子ママの朝日新聞記事 朝日新聞に久美子ママの記事が載っていますが、全文を読むには会員登録が必要です。以下に全文を転載します。著作権にふれる恐れがありますが、朝日新聞さんに承諾をお願いしても多分ダメだろ […]
  • 入れ歯が折れちゃったよ!入れ歯が折れちゃったよ! いつもの散歩コースにある民家なのですが、ガレージの入口にいつもアンパンマンが鎮座しています。今月はサンタさんの衣装です。後の車はナンバープレートも付いているので"現 […]
  • 親鸞と複雑系科学親鸞と複雑系科学 昨年の4月25日の東電・保安院の外国人記者向けの会見に、一人も記者が出席しなかったとの報道がありました。普通の人間の感覚なら、記者会見を中止するのでしょうが、原子力保安院の方々は […]
  • トランス脂肪酸はがんの栄養トランス脂肪酸はがんの栄養 DP2 Merrill F2.8 1/250秒 […]
  • 久留米大学ペプチドワクチン受付再開久留米大学ペプチドワクチン受付再開 久留米大学のがんペプチドワクチン療法の受付が再会し、これまでは進行癌だけを対象としていたのが、ステージの幅を広げて初期癌から進行癌まで受け付け可能となったようです。(11月2日よ […]
  • 進行がんも転移癌も治癒させるのだ進行がんも転移癌も治癒させるのだ 中村祐輔先生のブログ『シカゴ便り』に「進行がんも転移癌も治癒させるのだ」との記事があります。 がん治療の分野で新しい免疫療法が急展開しているとの話題です。オ […]
  • mFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能にmFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能に 4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科の二宮理貴氏の発表。 『Borderline […]
  • 二十一世紀桜二十一世紀桜 多摩川に架かるガス橋の袂に、二十一世紀桜があるので、見に行きました。 多摩川のスーパー堤防工事による桜並木の伐採の危機を救うため、平成15年8月に二十一世紀桜植樹実行委員会 […]
LINEで送る
Pocket

SU剤からグリニド系剤に変更” に対して1件のコメントがあります。

  1. hime より:

    こんばんは。
    京都は雪でなくみぞれでしたので、もう溶けています。
    関東方面のほうが大雪でしたね。
    「主治医は私自身だ!」
    そのとおりですね、うまくコントロールできると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です