低血糖で昏睡、危なかった。


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

低血糖は、本当に怖いですよ。

結婚記念日を早めに祝おうと、昨夜は鉄板焼きダイニングを予約して家族全員で出かけました。昼間のうちから「低血糖かな?」との自覚症状があったのですが、お昼の蕎麦を食べる直前にグルファスト錠10mgを服用しました。即効型のインスリン分泌促進剤であり、副作用として「低血糖症状」が記載されている薬です。

レストランでは、食事の直前にアヘンチンキと、この日二度目のグルファストを服用しました。前菜のオードブルで生ビール、続いて赤ワインと血糖値の高くなるものを摂ったのですが、メインのサーロインステーキが出ころから焼酎に変えて飲んでいました(飲み過ぎ?)。

突然の冷や汗と心臓の不調、心拍数が少なくなり、吐き気と震えが来て意識がもうろうとしてきました。意識を失うまえには、死ぬときにはこんな感じだろうかと、ふと頭をよぎりましたが恐怖はありませんでした。人は簡単に死ぬだなぁ、その時には恐れなどを感じている余裕もないのかもしれません。

たぶん血糖値は40mg/dlを下回っていたのでしょう。

その後の記憶はないのですが、床に倒れて意識を失っていた(昏睡状態?)ようです。家族の話では、棒が倒れるように顔から床に倒れ込んだと言っています。他の客も家族も驚いたに違いありません。体中汗でびっしょり。倒れて昏睡してからどれくらいの時間が経ったのかも分かりませんが、意識が戻ると便意をもよおしてきたので、娘に介助されて何とかトイレに。

倒れたときに床にぶつけたのでしょうか、左目の周囲が内出血して「パンダの目」になっています。

  • 先日の長い出張では結構体力を使ったので、運動の効果で血糖値は抑えられていた。
  • グルファストを服用してから糖質を含んだ食事が出るまでに間があった。
  • いつも持ち歩いている「ブドウ糖」を先日服用したが、補充するのを忘れていた。

こんなことが反省点です。

高血糖はすぐに命の危険はないのですが、低血糖では最悪の場合、昏睡から中枢神経の機能低下が起こり、死に至ることもあります。そうでなくても、車の運転中や電車のホームで低血糖症状が起きたときは、交通事故を起こしたり、線路に転落することもあり得ます。

動悸・冷汗・震えなどの症状は、これ以上インスリンが分泌され血糖値が下がらないようにするための、交感神経系のホルモン(カテコールアミン)により現れます。これは、これ以上血糖が下がると中枢神経の機能が低下して危険だという警告でもあるのです。

さんざんな記念日でした。意識が戻らなければ救急車で運ばれていたでしょう。残りの連休はおとなしく過ごすことにします。

血糖値の管理も難しいなぁ!


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がん患者の血糖値管理膵臓がん患者の血糖値管理 「京急・空港線 最後の日」 DP2 Merrill F6.3 1/250 ISO200 […]
  • DPP-4阻害薬:プラセボ対照RCT試験で効果を示せず 欧州心臓病学会(ESC)の学術大会が、8/30~9/3までバルセロナで開催されました。DPP-4阻害薬に関する2件の大規模臨床試験の結果がNEJMに発表されています。 結論 […]
  • がんと食事(5)がんと食事(5) 帰省していたので、ブログもしばらく間が空きました。続きにけりを付けなくては。 写真は室戸岬・坂本海岸のハイビスカス・ロードです。今年は9月末だというのに、まだ南国らしい暑さ […]
  • 糖尿病薬、いろいろ試しています。糖尿病薬、いろいろ試しています。 アマリールからグリニド系のグルファストに変えてから一ヶ月になります。グリニド系薬は、SU薬と同様に膵臓のランゲルハンス島β細胞のSU受容体に作用し、インスリン分泌を促進させる効果 […]
  • SU剤からグリニド系剤に変更SU剤からグリニド系剤に変更 自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
  • 糖質ゼロの日本酒 昨日はこの冬一番の寒さでした。こんな日はやっぱり日本酒が恋しくなります。糖質ゼロの日本酒が出ていますね。月桂冠からは2008年に発売されています。製法特許も申請しているようです […]
LINEで送る
Pocket

低血糖で昏睡、危なかった。” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    kathyさん。
    そうですね。最近少し疲れ気味です。出張と福島の滝桜撮影が原因かと。
    前期高齢者ですから、年々体力が低下することを実感しています。
    kathyさんのほうは、血糖値は「年齢相当」とのことですから、よろしいですね。
    お互い、のんびりとがんばりましょう。

  2. kathy より:

    なんにせよ、最近お疲れのようですから、体調管理に気をつけてくださいね。
    私も他人のこと言えませんけど。(^_^;)

  3. キノシタ より:

    tamura先生。ご指摘ありがとうございます。
    そうですか、血管迷走神経反射による失神と言われると、そのようにも思われてきます。
    私としては、当日は糖質を摂る予定がなかったのにグルファストを服用したことが原因だとばかり考えていました。もしかすると複合的に作用したのかもしれませんが。
    また、この時期、季節の変わり目には私にとっては不整脈を起こしやすいころでもあります。当日もその症状があったように思います。血圧低下ならこれも納得できることです。
    ありがとうございました。

  4. tamura より:

    すみません、おじゃまします。医師です。今回起こした症状は、低血糖ではなく、血管迷走神経反射による失神だと思います。体調不良や、ストレス過剰、空腹時でのアルコールの摂取、排尿排便などをきっかけに、交感神経よりも副交感神経が優位になって、身体の血管が拡張して血圧、脈拍が下がり、頭から血の気を失って、意識消失する、倒れると心臓と頭の位置が水平になるので血の気が戻り、数分程度で意識が戻る、といった症状です。食事中に、意識を失うほどの低血糖があったのなら遷延することが多く、それほどすぐに回復された点も、低血糖昏睡には合わないと思います。あなたのブログは、たくさんの人が読んでいらっしゃるので、気になったので投稿しました。もちろん、血糖コントロールも原因にはなっているとは思いますので、体調不良時の飲酒は、ご自身で戒めていらっしゃる通り、気をつけてくださいね。おせっかいすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です