スポンサーリンク

5years-「患者と経験者の輪」をつなげるサイト

LINEで送る
Pocket

DP3M3336


二度のがんを経験した大久保淳一さんが、1年前に開設された「5years」というサイトがあります。

20160225_08_26_24

読売新聞の昨年6月27日の記事にも紹介されていました。

サイトの主旨にはこう書かれています。

わたしは、ガンの告知を受けたとき、病気と治療について、たくさん調べました。調べれば調べるほど、先にガンを経験し、無事に社会に戻ったひとたちの情報が欲しくなりました。そして、スポーツ選手や、芸能界の人たちが、病気を乗り越え復帰したという感動的な話に希望を持ちました。

その一方で、一般のひとたちが社会に戻った話も探したのですが、なかなか見つかりませんでした。また、インターネットで探した患者会や支援団体には、連絡できませんでした。相手の方が、どういう人かわからないし、入院中に遠い所まで訪問することは難しかったからです。

だから、元気になったいま、闘病当時、欲しかったものを作りたいのです。それは、
「病気を乗り越えて、社会に戻った人たちの情報」と「同じ境遇を経験した人たちとコミュニケーションが取れる手段」、です。

登録者は今日現在で813名、膵臓がんの方は47名です。私も昨年に登録したのですが、プロフィールなどを書かないままにしてありましたが、ブログ『膵臓がんに挑む闘い・・・』のいけPさんから友達申請があったのを機会に、未記入の項目を埋めて公開することにしました。

47名の中には、私と同じ2007年に膵臓がんの摘出手術をされた野澤むつ子さんもいます。膵臓がんでも「例外的患者」はいるのですね。

多くの患者が「基本情報」の登録だけで、解説の趣旨である「近況」などの他の患者が知りたい情報は、まだまだ載っていないのが実情のようです。ブログと比べると情報量が圧倒的に少ないようですね。ブログを開設していない方が簡単に自分の情報を載せられるという点が長所なのかもしれません。

私としては、「5years」からブログを訪れる入口の役割をしてくれれば良いという程度の期待です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「断捨離」先ず本を捨てよう「断捨離」先ず本を捨てよう 日比谷公園内の「旧管理事務所」は「フェリーチェガーデン日比谷」と名を変えて、レストラン兼結婚式場として使われている。今日も結婚式のため貸し切りの看板が。曇天で三脚なしで撮れる […]
  • 今日は「がん記念日」今日は「がん記念日」 12年前の今日、6月11日は私の「がん記念日」です。 当時、境界型の糖尿病と言われて治療を続けていたところ、体重が減り、血糖値が急激に上昇してきました。 ちょ […]
  • がんを克服するためのツール「マインドマップ」がんを克服するためのツール「マインドマップ」 がんに打つ勝つため、これからの大不況に備えるため、人生の岐路には、的確は判断が必要ですよ。 そのためのツールとして「マインドマップ」をお勧めします。 https://you […]
  • 末期がんでも治るのか?末期がんでも治るのか? がん治療の現場で活躍している二人の医師の記事をもとに、「末期がん、転移したがんでも治るのか?」を考えてみた。 はじめに勝俣範之医師の日経メディカルに掲載された『「抗がん剤は […]
  • 製薬企業と大学病院、学会のダメな関係製薬企業と大学病院、学会のダメな関係 今朝の東京新聞朝刊です。 <税を追う>製薬71社が寄付288億円 大学病院や学会へ ワセダクロニクルが医師個人に渡った資金をデーターベース化していますが、こち […]
  • ニュース 膵がん手術後の経過観察ニュース 膵がん手術後の経過観察 「膵がん手術後の経過観察」という記事が1月9日の産経新聞「がん電話相談」に載っていたそうです。 […]
  • 今日の一冊(147)『がんと外科医』阪本良弘今日の一冊(147)『がんと外科医』阪本良弘 がんの手術の中でも一番難しいといわれる膵臓がんの手術。そのような肝胆膵がん治療の最前線にいる杏林大学附属病院 […]
  • 看取り先生(岡部健)の遺言 『看取り先生の遺言 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です