食物繊維の多い食事は、2週間で大腸がんのリスクを劇的に下げる

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日の私の昼食。

  • 野菜サラダ
  • バナナ1本
  • ベビーチーズ 2個
  • 素焼きアーモンド

2時間後、病院で血糖値を測ったら129mg/dLでした。先生からは「まぁまぁだね」とのことば。糖質は20g以下に抑えられていると思います。

糖質を控えて運動をすることで、血糖値管理をしています。薬にはなるべく頼らないこの方法が、本来は王道なんです。

さて、大西睦子氏が『2週間で効果あり? 大腸がんのリスクを減らす食事とは』でレポートしています。

食物繊維たっぷりの低脂肪食を2週間続けただけで、腸内細菌叢の分布では、でんぷんを分解する細菌、炭水化物を発酵する細菌と酪酸を作る細菌が多くなります。酪酸には抗炎症作用や抗腫瘍作用があることが分かっており、胆汁酸の代謝産物には発がん性があると示されています。

食物繊維の多い低脂肪食は、短期間で腸内細菌のパターンに影響することが明らかになり、大腸がんのリスクを減少させることが示唆されました。

2007年の「国民健康・栄養調査結果」(厚生労働省)によると、20歳以上の日本人男性の20.6%、女性の28.1%は、総摂取カロリーに占める脂質の割合が30%以上だったといいます。特にバターやラードなど、肉類や乳製品の動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸の摂取の増加が問題となっています。

動物性食品のとり過ぎには注意が必要です。

他のがんにも言えることだろうし、既にがんになった人にも同じことが言えると推測できます。

肉をまったく取らないのもダメですが、脂質を減らし、食物繊維の多い食事をした方が、がん細胞を元気づけなくて良いのだと考えられます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「先進医療」言葉の罠「先進医療」言葉の罠 重粒子線治療や陽子線治療、がんワクチン療法、リンパ球療法、多少点眼内レンズなどがこれに含まれています。 以前に膵臓がんの方で、手術ができる状態だったにもかかわらず、重粒子線 […]
  • 安曇野温泉旅行安曇野温泉旅行 土日の一泊二日で乗鞍高原・安曇野に行ってきた。天気予報では二日とも曇りときどき晴れの予想だったので期待して出かけたが、乗鞍高原は雨。ときどき激しく降るが、太陽も顔を覗かせるとい […]
  • これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継 急遽決定!8月5日午後3時より児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)をUSt生中継  『現代ビジネス』は、8月5日午後3時より津田大介さんと児玉龍彦東京大学先端科 […]
  • 主治医が定年退職主治医が定年退職 講談社の現代ビジネスのサイトにこのような記事が載っています。 中に、こんな記述があります。 齋浦医師は今年(2019年)1月に16年間務めたがん研から順天堂大学に […]
  • レーザープリンタで印刷代が安くて快適にレーザープリンタで印刷代が安くて快適に 確定申告の対応で忙しい。なので、あまり推敲しなくても良い話題を。毎年のことだが、一年分の処理を数日でやろうというのだから、無理もない。 「やよいの青色申告」に400件あまり […]
  • 今日の一冊(23)『がんに負けるな!』 落語家の林家木久扇師匠と日本医科大学名誉教授の吉野槇一氏の共著。といっても林家師匠は冒頭の対談の部分に登場するだけで、吉野教授の「脳内リセット」の話がメインのテーマです。 […]
  • 癌研での定期検査の結果癌研での定期検査の結果 昨日は半年ぶりの、癌研での定期検査でした。検査をしないと不安だし、検査をするとなるとその結果がどうなのか、これまた不安になります。検査の結果、再発していたらどうしようか、転移はし […]
  • 久留米大 がんワクチンの臨床試験開始久留米大 がんワクチンの臨床試験開始 がんペプチドワクチンに関するニュースが連続していますね。前立腺がんといわず、すべてのがんについて「先進医療」としてくれれば、患者負担が相当低減されるのですが。国内外とも未承認の薬 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です