スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月13日(土) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

食物繊維の多い食事は、2週間で大腸がんのリスクを劇的に下げる

今日の私の昼食。

  • 野菜サラダ
  • バナナ1本
  • ベビーチーズ 2個
  • 素焼きアーモンド

2時間後、病院で血糖値を測ったら129mg/dLでした。先生からは「まぁまぁだね」とのことば。糖質は20g以下に抑えられていると思います。

糖質を控えて運動をすることで、血糖値管理をしています。薬にはなるべく頼らないこの方法が、本来は王道なんです。

さて、大西睦子氏が『2週間で効果あり? 大腸がんのリスクを減らす食事とは』でレポートしています。

食物繊維たっぷりの低脂肪食を2週間続けただけで、腸内細菌叢の分布では、でんぷんを分解する細菌、炭水化物を発酵する細菌と酪酸を作る細菌が多くなります。酪酸には抗炎症作用や抗腫瘍作用があることが分かっており、胆汁酸の代謝産物には発がん性があると示されています。

食物繊維の多い低脂肪食は、短期間で腸内細菌のパターンに影響することが明らかになり、大腸がんのリスクを減少させることが示唆されました。

2007年の「国民健康・栄養調査結果」(厚生労働省)によると、20歳以上の日本人男性の20.6%、女性の28.1%は、総摂取カロリーに占める脂質の割合が30%以上だったといいます。特にバターやラードなど、肉類や乳製品の動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸の摂取の増加が問題となっています。

動物性食品のとり過ぎには注意が必要です。

他のがんにも言えることだろうし、既にがんになった人にも同じことが言えると推測できます。

肉をまったく取らないのもダメですが、脂質を減らし、食物繊維の多い食事をした方が、がん細胞を元気づけなくて良いのだと考えられます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す