スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

こちら特報部:水素水ブーム

最近はアヘンチンキを飲む量が増えてきました。豆乳を飲んだだけでも3回に2回は急激な下痢に見まわれます。我慢できずにいきなり来るから大変です。

大量のガスが発生しているようで、勢いよく排便されます。ものは考えようで、おならが大量に発生しているのなら、少し我慢していればおならの10~20%をしめると言われる水素が体内に取りこまれて、水素水を飲むよりは効果があるのではないか、できる限り我慢しよう。法政大学教授の佐巻健男氏は、

実は私たちの体内では日々水素が多量につくられています。大腸には水素産生菌がいて、水素を産生しているのです。
おならの量は食べ物や体調によっても異なりますが、1回で数ミリリットルから150ミリリットルほど、一日で約400ミリリットル~2リットル出るといわれています。
おならの主な成分は、飲み込まれた空気中の窒素が60~70%、水素が10~20%、二酸化炭素が約10%、そのほか酸素、メタン、アンモニア、硫化水素・・・などです。
おならとして外部に出る以外は体内に吸収されて血液循環に乗っていきます。これは、水素水から摂取する水素量と比べてはるかに多量です。

と述べています。⇒『水素水ってなに?(2)』『水素水ってなに?(1)

今朝の東京新聞の「こちら特報部」は『水素水ブーム』でした。

Suisosui1

Suisisui2

高価な伊藤園の水素水を飲んだり、水素風呂に入ったりと七面倒なことをしなくても、ヨーグルトでも食べて腸内細菌、大腸菌を活発化させて腸内で水素が大量に産生されるようにすれば、直接血液に乗って身体全体に廻るのだから一番効率的でしょう。もっとも水素が「健康によい」「がんに効く」という根拠があればですが。そのような根拠は今のところ認められていません。

ただ、何度も書いているように、こうした代替療法に対する私の考えは、「あなたが心底から信じているのならやってみればよいでしょう。私はやらないけど」です。効果を感じているのなら、それがプラシーボ効果であろうが続ければよいのです。ただ、自分に効果があると思えるからといって、他人に勧めるのは止めておきましょう。あなたに効いたからといって別の人に効くとは限らないからです。それに、責任がとれないでしょ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんからホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんから 20年度から膵臓がんで治験開始 今日の日経電子版の記事です。 薬剤でホウ素を取り込ませたがん細胞に中性子線を照射して、がんだけを破壊するホウ素中性子捕捉療法( […]
  • おめでとう、膵臓がん「治癒」宣言 PanCafeに参加しているおーぐっちゃんさんから、嬉しいお知らせがありました。 少し遅くなりましたが、本当に嬉しいお知らせなのでここで紹介します。 […]
  • ブックストッパー どれが使い勝手がよいかブックストッパー どれが使い勝手がよいか お茶を飲みながら読書をしたり、本の内容をブログに書き写すときなどに重宝するのが、ブックストッパーです。 キーボードに入力するときには、両手で本を押さえておくことができないので、 […]
  • 修善寺温泉に行ってきました修善寺温泉に行ってきました 一泊二日で伊豆の修善寺温泉に行ってきました。 東名高速がリニューアル工事で、大井松田ー御殿場間の左ルートが閉鎖され、大渋滞が予測されるので、箱根経由のルートに変更。しかしこ […]
  • 転移かな?転移かな? 先日会社の健康診断がありました。バリウムを飲んで胃と食道の検査もしたのですが、その結果が返ってきて、「食道下部 食道隆起性病変疑い」との所見が付いてきました。 最悪の場合のすい臓 […]
  • ガンさん、死ぬときは一緒に死にましょうガンさん、死ぬときは一緒に死にましょう 先日の宝登山での一枚。稲荷神社があり、白壁に木漏れ日がスポットで照らしていた。きれいな写真もいいが、それは有り体にいえば「きれいだね。」で終わってしまう。誰が撮っても良い […]
  • 朝日新聞歪曲報道に東大医科研所長反論朝日新聞歪曲報道に東大医科研所長反論 朝日新聞の報道に関して、先ほどMRICで以下のようなメルマガが配信されてきました。 転送歓迎とのことなので転載します。 なお、この件に絡んで、複数の患者会が厚労記者クラブで会見し […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい(2) ネルケ無方氏がこの「現成公案」を一度英語にしてから現代語訳した本が出版されている。 『道元を逆輸入する』。なるほど、英語訳するためには道元の言わんとするところをしっか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です