がん患者はともかくも「歩け、歩け」

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

運動しなさい。でも何をどれほどすれば・・・

がんは生活習慣などさまざまな要因が重なって発症すると言われますが、運動不足も要因の一つです。活性酸素が遺伝子を傷つけるとがんが発症しやすくなるため、適度な運動を行うことで活性酸素の攻撃を弱め、傷ついた遺伝子を回復させる働きが高まります。

特に大腸がんや肺がん、乳がん、子宮内膜がんなどは運動との強い関係が明らかになっています。また、心筋梗塞や脳梗塞、くも膜下出血につながる動脈硬化は、ウォーキングで『7000歩/15分』をボーダーラインとして、大きな違いが出ることがわかっています。

がん患者にとって歩くことは、予後の改善、再発予防などにも効果的です。「ともかく、歩け、歩け」です。

一日8000歩、速歩きを20分以上のインターバル速歩が健康にも良いようです。

インターバル速歩については、こちらの投稿で紹介しています。

病気予防の目安となる歩数

奈良県が2014年から普及に取り組む「おでかけ健康法」では、1日8千歩、うち中強度の運動を20分含むことを目標に、日々の活動量を増やしていくことを進めています。

例えば1日4千歩、うち中強度の運動を5分以上していたグループでは、それより少ないグループに比べてうつ病の発症率は10分の1以下でした。同様の結果が

  • 認知症や脳卒中は5千歩(中強度は7分30秒)
  • 一部のがんや骨粗しょう症は7千歩(同15分)
  • 糖尿病などは8千歩(同20分)

それぞれの運動量が各疾患の予防につながる目安という。

ただし、より長く歩けばその効果が高まるかというと、頭打ちがみられた。運動のしすぎは疲労がたまったり、足腰への負担が大きくなったりするので、頑張りすぎない適度な運動として「1日8千歩、中強度20分」を推奨している。

(注)中強度の運動は高齢者の場合、会話ができる程度の早歩きが目安。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見されるガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見される クルクミン、ビタミンDなどが、がんの転移を抑制する植物成分である可能性 BioQuickニュース日本語版に載っていた記事です。 『がんの特効薬は発見済みだ』という、岡 […]
  • インターバル速歩でがんを治す 以前の投稿『運動でがん細胞が消える』において、がんに効果があるとして紹介した「インターバル速歩」の行い方です。 インターバル速歩とは、早歩きとゆっくり歩きを交互に数 […]
  • ニンジンジュースと免疫ニンジンジュースと免疫 リンパ球バンクの藤井さんが興味深い記事をアップしています。 「小林真央さんも飲まれるというニンジンジュース」 リンパ球バンク(株)のANK自己リンパ球 […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • 筋肉トレーニングでがんの死亡率が31%減少 週に2回以上の筋肉トレーニング シドニー大学の研究グループの発表では、週に2回以上の筋力トレーニングを行っている方は、していない方に比べて、全ての死因における死亡リスクが2 […]
  • がん患者に多い血栓症対策 がん患者は血栓塞栓症になりやすい がんになると全身の血液が固まりやすくなることが知られています。主に腺がんから分泌される粘性物質のムチンや、腫瘍細胞から分泌される組織因子、免疫 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です