スポンサーリンク

コロナ運動不足:お勧めのエクササイズ

LINEで送る
Pocket

「外出は控えてください」の大合唱ですので、散歩も思うようにできません。

運動不足や人との交流がなくなると、鬱や高齢者のフレイルも心配になります。

また、糖尿病患者では運動不足は直ちに食後高血糖になります。食後高血糖いわゆるグルコーススパイクは血管にダメージを与えます。

こちらの記事では、新型コロナウイルスは、全身の血管に感染するため、血管が弱っていると重症化しやすいと書かれています。

膵臓がん患者では2型糖尿病の状態の方が多いです。血糖値管理も重要な対策です。まして、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい、さらに抗がん剤投与で免疫力も弱っている。

リスクの3段重ねです。

食後高血糖対策として、食後20分のウォーキングを勧めています。これは実際に同じ食事(すき家の牛丼)を食った後、データを取ったものです。だいたい距離にして2~2.5キロメートルを歩けば、2時間血糖値は抑えることができます。

しかし、コロナ禍の今、20~30分のウォーキングが難しいと感じる方もいるでしょう。

そうした方には自宅でできるエクササイズがあります。

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

中野ジェームズ修一
1,050円(02/26 01:32時点)
発売日: 2018/10/18
Amazonの情報を掲載しています

この本を出されている中野ジェームズ修一氏のエクササイズ「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズです。

実際は10分くらいのエクササイズになりますが、これ結構効果がありますよ。

私もこのところ食後血糖値が250の時もありまたが、このエクササイズを取り入れたら200を超えることが少なくなりました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です