スポンサーリンク

コロナ運動不足:お勧めのエクササイズ

LINEで送る
Pocket

「外出は控えてください」の大合唱ですので、散歩も思うようにできません。

運動不足や人との交流がなくなると、鬱や高齢者のフレイルも心配になります。

また、糖尿病患者では運動不足は直ちに食後高血糖になります。食後高血糖いわゆるグルコーススパイクは血管にダメージを与えます。

こちらの記事では、新型コロナウイルスは、全身の血管に感染するため、血管が弱っていると重症化しやすいと書かれています。

膵臓がん患者では2型糖尿病の状態の方が多いです。血糖値管理も重要な対策です。まして、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい、さらに抗がん剤投与で免疫力も弱っている。

リスクの3段重ねです。

食後高血糖対策として、食後20分のウォーキングを勧めています。これは実際に同じ食事(すき家の牛丼)を食った後、データを取ったものです。だいたい距離にして2~2.5キロメートルを歩けば、2時間血糖値は抑えることができます。

しかし、コロナ禍の今、20~30分のウォーキングが難しいと感じる方もいるでしょう。

そうした方には自宅でできるエクササイズがあります。

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

中野ジェームズ修一
944円(06/14 23:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

この本を出されている中野ジェームズ修一氏のエクササイズ「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズです。

実際は10分くらいのエクササイズになりますが、これ結構効果がありますよ。

私もこのところ食後血糖値が250の時もありまたが、このエクササイズを取り入れたら200を超えることが少なくなりました。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • がん患者のためのインターネット活用術 (2)がん患者のためのインターネット活用術 (2) 検索テクニックを駆使して、必要な情報に素早くアクセス 今では統計的にいえば、夫婦のどちらかががんになっても不思議ではないのです。ですから、がん患者とい […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • 朝日新聞歪曲報道に東大医科研所長反論朝日新聞歪曲報道に東大医科研所長反論 朝日新聞の報道に関して、先ほどMRICで以下のようなメルマガが配信されてきました。 転送歓迎とのことなので転載します。 なお、この件に絡んで、複数の患者会が厚労記者クラブで会見し […]
  • 生きるということ生きるということ 昨夜病室から撮った夜景だ。あいにく東京タワーは霞んでいた。 哲学の根本問題 とは少し大げさだが、生きるとはなんだろうか、との問なら今の私には身近で切実だ。 古代 […]
  • がんになっても「死なない食事」とは?がんになっても「死なない食事」とは? 2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較す […]
  • スマホを交換し、Rakuten UN-Limit Vにスマホを交換し、Rakuten UN-Limit Vに 楽天モバイルでファーウェイのスマホP10 […]
  • がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半?がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半? 『がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 […]
  • マイクロ飛沫でウイルス拡散?マイクロ飛沫でウイルス拡散? これ、NHKスペシャルの動画ですが、マイクロ飛沫が感染に大きな原因だとすると、満員の通勤電車がクラスターを発生していないのは、大きな声でしゃべる人がいないからでしょうか。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です