コロナ運動不足:お勧めのエクササイズ


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「外出は控えてください」の大合唱ですので、散歩も思うようにできません。

運動不足や人との交流がなくなると、鬱や高齢者のフレイルも心配になります。

また、糖尿病患者では運動不足は直ちに食後高血糖になります。食後高血糖いわゆるグルコーススパイクは血管にダメージを与えます。

こちらの記事では、新型コロナウイルスは、全身の血管に感染するため、血管が弱っていると重症化しやすいと書かれています。

膵臓がん患者では2型糖尿病の状態の方が多いです。血糖値管理も重要な対策です。まして、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい、さらに抗がん剤投与で免疫力も弱っている。

リスクの3段重ねです。

食後高血糖対策として、食後20分のウォーキングを勧めています。これは実際に同じ食事(すき家の牛丼)を食った後、データを取ったものです。だいたい距離にして2~2.5キロメートルを歩けば、2時間血糖値は抑えることができます。

しかし、コロナ禍の今、20~30分のウォーキングが難しいと感じる方もいるでしょう。

そうした方には自宅でできるエクササイズがあります。

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

中野ジェームズ修一
1,210円(09/20 22:32時点)
発売日: 2018/10/18
Amazonの情報を掲載しています

この本を出されている中野ジェームズ修一氏のエクササイズ「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズです。

実際は10分くらいのエクササイズになりますが、これ結構効果がありますよ。

私もこのところ食後血糖値が250の時もありまたが、このエクササイズを取り入れたら200を超えることが少なくなりました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 多摩川台公園のアジサイ多摩川台公園のアジサイ 昨日、アジサイの撮影に多摩川台公園のアジサイ園に行ってきました。 鎌倉を予定しているのだが、土日はひどい込みようだろうから行く気はしない。平日の都合の良い日は雨ばか […]
  • 笑いでがんを治す笑いでがんを治す 産経にこんな記事が載っていました。 大阪府立成人病センター(移転、改称して「大阪国際がんセンター」となる)が吉本興業などの協力を得て、月2回程度、漫才や落語を見る前後で […]
  • 新しいPET診断法 手術が終わった昨年の秋に、先生に「PETで他の癌の検査をしておいたほうが良いのでしょうか?」と聞いたことがあります。 「だめですね。手術後は炎症の部位もPETにひっかかか […]
  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった […]
  • 帚木蓬生「聖灰の暗号」 久しぶりに帚木蓬生の作品を読んだ。『聖灰の暗号』 」上・下だ。 聖灰の暗号〈上〉 (新潮文庫)帚木 蓬生 by […]
  • クロ現+ オプジーボで医療崩壊?クロ現+ オプジーボで医療崩壊? 今日はお盆の墓参り。菩提寺に着いたら雷に大粒の雨で急いで墓参りを済ませて、先行が消えないように養生をして退散。 昨夜のクローズアップ現代+はオプジーボで国民皆保険制度だけで […]
  • がんゲノム医療の公開講座がんゲノム医療の公開講座 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。この市民 […]
  • 医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない 鳥越俊太郎の「医療の現場」シリーズ「がんと闘う」第2弾 すい臓がん~手術をあきらめない~。昨日の放送を見ました。千葉大学医学部附属病院院長 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です