役立つがん情報の管理法


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんとの闘いは情報戦

突然がんといわれたら、まさか自分や家族ががんになるとは・・・。何の準備もしていないので、取りあえずインターネットで探すのではないでしょうか。

どんながんなのか。治療法は? 治るのだろうか? 予後は?

がんといわれたら、そこから情報戦が始まります。知識があるとないとは、大きな違いです。医者から説明をされても、基本的な知識がなければ話しが理解できません。医者とのコミュニケーションもままならないでしょう。

がんとの情報戦においては、すべての情報を1箇所において一元管理することです。

私は2004年からMicrosoftのOnenoteを使い始めたのですが、2010年にEvernoteが日本語対応になって以来、Evernoteに変えて使い続けています。

2007年に膵臓がんを告知されたのですが、膵臓がんとの闘いはEvernoteとの二人三脚でした。最初のころの情報はOnenoteに保存していたのですが、これもEvernoteに移行して、現在Evernoteには2004年からの保存された情報が30,000件以上登録されています。

がんとの闘いを有利にするためのEvernoteの活用法を紹介します。

Evernoteとは

ウェブサイトを通じて登録し、アカウントを設定すれば、誰でも無料で利用できるようになり(有料のプレミアム版もあり)、同社が提供するサーバ上にテキスト・画像・PDF などのデジタルデータを保存することができる。各自が設定した「ノートブック」と称するサブジェクトごとにデータを保存、記録したものは全て自動的にインデックスが作られ検索可能となる。任意のタグを付けたり、別のノートブックに整理することもできる。(Wikipediaより)

Evernoteは、サーバー上にテキスト、画像、PDFやWord・Excelなどのファイルを保存することができます。

インターネットでがんの情報を検索したとき、お気に入りやブックマークに保存しているかもしれません。しかし、これでは記事の内容まで検索することはできません。情報は、後からの検索が効率よくできなければ活用することはできません。

医者が説明をするとき、略図を書いて渡してくれたりしますが、これもスマホで撮影してEvernoteに保存することができます。事前に医者に質問したいことなどをPCからEvernoteに入れておいて、診察室ではスマホで保存した内容を確認するということもできます。

ブログネタに困ったときには、Evernoteを検索してネタを探すこともあります。

Evernoteの使い方

Evernote

プランは3つありますが、最初は無料プランで充分でしょう。

無料プランでは、月間のアップロード容量が60MB、使用できる端末数が2個までとなっています。

ネット上の記事(テキスト)なら60MBもあれば充分です。PCとスマホと2台の端末でアクセスできます。大きな画像やたくさんのPDFファイルをアップしないのであればこれで大丈夫です。私はPDFファイルや画像を多く保存するので、プレミアム版を契約しています。


スポンサーリンク

メールアドレスとパスワードを登録すれば、すぐに使い始めることができます。

スマホのアプリと便利なアドオン

スマートフォンにもEvernoteをインストールします。

スマホ用には、Google playとAppストアからEvernoteアプリをインストールします。

メールアドレスとパスワードを設定すれば、PC上のEvernoteと同期してくれます。

便利なアドオン

パソコン用のブラウザにアドオン「Evernote Web Clipper」をインストールするとより快適に使えます。「Evernote Web Clipper」はFirefox、Safari、Chrome、Edge対応があります。IE(Internet Explorer)の場合はEvernote for Windows と一緒にインストールされます。

インストールするとメニューの上部に「象さん」マークが表示されるので、保存したいページでそこをクリックします。

保存のためのダイアログが表示され、保存の形式を「記事」「簡易版記事」「ページ全体」「ブックマーク」「スクリーンショット」から選択できるようになっています。

メールではスレッド全体の保存もできます。

スマホのカメラで診療情報などを撮影し、「共有」ー「Evernoteに保存」で保存しておけばどこからでも見ることができます。

 

ノートの管理

Evernoteは「ノートブック」をつくって情報を管理します。「ノートブック」はいわばカテゴリー分けです。

  • 検査データ
  • 治療歴
  • がんの情報
  • 代替医療

など、自分の使いやすいようにノートを分けると良いでしょう。

人生の記録として

私のノートブックの例です。

大きく「仕事」「プライベート」「趣味」「パソコン」などのフォルダを作り、その中にいくつかのノートブックを設定しています。

プロジェクトの進捗管理や終わったジョブの保存、ブログの下書き、メモ帳、日記としても使っています。

がんの情報だけでなく、人生の記録としても残せます。

Evernoteにはまだまだたくさんの機能があります。まずはインターネットの記事の保存から使い始めてはいかがでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 死ぬのは、がんがいい 中村仁一氏の『大往生したけりゃ医療とかかわるな』が評判になり、近藤誠氏は『がん放置療法のすすめ―患者150人の証言』が”私の総決算だ”という。その二人が対談をして『どうせ死ぬなら […]
  • パスワードの管理パスワードの管理 もう散ってしまったけど。どこのユルキャラ?いえ、パチンコ店の宣伝です。 前回のOpenSSLのHeartbleed問題。flickr.com […]
  • 肝臓に転移しても諦めない肝臓に転移しても諦めない またこちらの病院は、兵庫県がん診療準拠点病院ですが、膵頭部がんの患者で多発肝転移を有している方の症例が紹介されています。放射線治療と動注療法の集学的治療により膵頭部にあった腫瘍は […]
  • さようなら原発5万人集会さようなら原発5万人集会 国立競技場駅を出たら、もう人がいっぱいでなかなか前に進めない。「会場はすでにいっぱいです」との主催者のアナウンス。「立錐の余地もない」とはこのことか。無理矢理正面の舞台へ向かおう […]
  • ガンの患者学研究所 (3)ガンの患者学研究所 (3) 川竹氏は「人間はなぜ治るのか」の番組に大幅な追加取材をして、2年後に『幸せはガンがくれた』を出版しました。しかし、この本にはK病院関係者はすっぽりと抜け落ちています。それについて […]
  • 天下は神器、為すべからず 信用できる相手って、どんな人だろう。 「よく分からないけど、あの人がそう言うのなら、従ってみようか」 「今後の治療法、迷うけど、この先生が言うのだったら、そうしてみようか」 […]
  • がん患者の人生プランがん患者の人生プラン 来年の手帳は購入しなかった。今年の手帳を開いてみても、ほとんど使っていなくて、せいぜい病院の定期検査の予定とか、薬をもらう日が書いてあるだけだ。がんになる前は手帳が真っ黒になるほ […]
  • 癌の原因(マインドマップを使って)癌の原因(マインドマップを使って) 今日は父の日です。60歳の誕生日も間近です。家族で祝ってもらいました。子供たちからはサントリーの「山崎12年物」を二本。 「今年は告白はないでしょうね」とかみさん。そういえ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です