「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

BSスーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」の放送をみました。

がんになった6人の医師たちのがんと闘う極意。患者力、早期発見、笑いは魔法の薬、夢と希望。これがテーマでした。

一流の患者力を身につける

上野直人さん。MDアンダーソンがんセンターの医師です。『一流患者と三流患者 医者から最高の医療を引き出す心得』という本を出されています。私も読みましたが「患者力」の大切さを書かれています。

しかし、御本人が血液がんの一種、骨髄異形成症候群になったとたんに、がんになっても焦らない、エビデンスが大事、最先端の治療法に飛びつかない、と本に書いていた御本人が、インターネットで怪しげな治療法を検索しまくるようになります。

骨髄移植を受ければ7割は治るが3割は亡くなります。死への恐怖に、他の治療法を検索しまくるのです。

上野医師でもこうなるのですから、がん患者が怪しげな治療法に目を奪われるのは避けられないのでしょう。でも、そこから引き返すには何が大切か。それが「患者力」だと述べています。

  • 告知を焦らず冷静に受け止める
  • 自分の意見を言う
  • きちんと質問できる
  • エビデンスのない情報には慎重に

医療を最高に引き出すには患者が積極的に取り組む姿勢が大切です。⇒患者力

しかし、患者力を付けるためにも、少なくともがんの基礎的な知識は必須です。医者だって基本的な知識から説明させられたら、煩わしくなります。

夢と目標で乗り越える

大腸がんを発症し、再発と転移を繰り返した口腔外科医の山本悦秀さん。ステージⅣです。目標はホノルルマラソンでフルマラソンを完走することと、都内で歯科医を開業すること。死の恐怖を乗り越えて、フルマラソンも達成してがんも完治している。

やはり運動は効果があるのですね。もちろん治るという目標を持つこと。ポジティブ思考が良い方向に向かうのです。

スポンサーリンク

笑いは魔法の薬

4回のがんを乗り越えた坂下さんは、笑いという魔法の薬があるという。笑うことで免疫力が上がることはエビデンスもあるのですね。

がんを忘れるから治る。ゲストの黒澤年男さんはそう言います。

長くがんと共存している患者、治った患者には共通点があるのです。

ネオアンチゲン

中村祐輔先生らが推進しているネオアンチゲンによるがん免疫療法も取りあげられていました。

患者のがん細胞に特異的な目印を攻撃しやすくするワクチンを投与して、免疫細胞を活性化させ、がんを死滅させようという治療法です。

ここで取りあげられていたのが、膵臓がんの症例も多い「福岡がん総合クリニック」でした。10月には、ここの主催で中村祐輔先生が講演を行っています。

このクリニックの映像にかぶせて「現在治療が認められているのは、国の安全基準を満たした医療機関です」とマレーションが流れていましたが、これはどういうことかというと、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に、細胞を培養する施設が満たすべき基準が定められているのです。

この法律には「特定細胞加工物製造事業者に関する事項」があり、施設の構造設備基準、製造管理・品質管理などの基準、認定再生医療等委員会の設置などが定められています。

つまり、安全に対する基準であり、国がこの免疫療法の効果を認めているわけではないのです。 まだまだ研究段階の治療法です。

免疫細胞療法の一部のクリニックでは「国が認めた治療法」と虚偽の宣伝を行っている例があり、一部のこの番組を紹介した記事でもそうした誤解がありますが、番組アナウンサーの言葉通り、「安全基準」を満たしているだけであり、治療効果を国として認めたわけではないので注意が必要です。

巷の免疫細胞クリニックのほとんどがこの法律の基準をクリアしているから、営業しているのです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • DWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRIDWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRI 完治させるために抗がん剤を使う 岡田直美医師と善本考香さんの共著『このまま死んでる場合じゃない』では、癌治療の過程では頻繁な検査が不可欠だとして「少し特殊なMRIを受けていただ […]
  • オンコサーミアとはオンコサーミアとは がん細胞は熱に弱い 人の身体はホメオスタシスという機能があり、体温が一定に保たれています。細胞は、温度が42.5℃以上になると急速に死んでしまうので、41℃以上にならないよ […]
  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 […]
  • 膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発 ホウ素中性子捕獲療法 ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)による臨床試験が国立がん研究センターなどで始まっています。従来の原子炉からの中性子を利用していたものから、中性子源を直線加 […]
  • 水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制 慶應義塾大学の報道もまだ可能性の段階ですし、兵庫県西宮市の明和病院の園田医師らの臨床試験もまだ試験段階の治療法ですから、確かに効果があるとは断定できませんが、希望はありますね。水 […]
  • Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」 今夜23時放送のEテレ、サイエンスZERO「生命維持の要 […]
0
Pocket
LINEで送る

「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」” に対して1件のコメントがあります。

  1. イチリキ より:

    ネオアンチゲン治療で福岡のクリニックの画像が流れて、「国が認めた」と説明していたように思います。
    国が認めたのなら、効果があるということですか。なぜ標準治療で使えないのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です