スポンサーリンク

国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?

LINEで送る
Pocket

この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。

イチリキさんのコメント

ネオアンチゲン治療で福岡のクリニックの画像が流れて、「国が認めた」と説明していたように思います。
国が認めたのなら、効果があるということですか。なぜ標準治療で使えないのですかね。

安全基準を満たしているだけ

録画でこの部分を確認しましたが、ナレーションはこのクリニックの映像にかぶせて、「現在治療が認められているのは、国の安全基準を満たした医療機関です」と話しています。

これはどういうことかというと、平成26年11月に施行された「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に、細胞を培養する施設が満たすべき基準が定められているのです。

厚生労働省「再生医療について」

この法律には「特定細胞加工物製造事業者に関する事項」があり、施設の構造設備基準、製造管理・品質管理などの基準、認定再生医療等委員会の設置などが定められています。

細胞培養設備や施設運営の安全に対する基準であり、その基準を満たした施設にしか細胞の培養は認めないとなったのです。

免疫細胞療法の一部のクリニックでは「国が認めた治療法」と、あたかも治療効果が認められたかのような虚偽の宣伝を行っている例がありますが、NHKのアナウンサーの正しいナレーションの通り、「安全基準」を満たしているだけであり、自由診療で行っている治療法の効果を国として認めたわけではないので注意が必要です。

がんの免疫細胞療法の支援を行っている上場企業では、メディネット、テラ、タカラバイオの3社とも、この法律にしたがった許可を得ています。倉庫の片隅で行っているような劣悪な管理の培養施設を排除しようというのが法律の趣旨です。

昨年6月には、再生医療等提供計画を提出せずに他人の臍帯血を用いた再生医療等を提供したとして、この法律に基づいて表参道首藤クリニック、大阪タワークリニックなどに「緊急命令」が出されて一時営業停止になったことが報じられました。

番組で紹介された福岡がん総合クリニックも「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」による九州厚生局長の認可を受けています(認定番号 NB7140001)。このクリニックは膵臓がんの治療数が多いですね。治療実績をグラフで紹介していますが、以前は患者数を数字で表示していたのですが、最近はグラフだけになっているようです。

私も、ネオアンチゲンによるがん治療には大きな関心と期待を持っていますが、まだまだ開発段階、実験段階の技術です。過大に期待はせず、研究の結果を待ちたいと思います。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一枚『オブジェと美脚』今日の一枚『オブジェと美脚』 店先のオブジェを撮っていたら、偶然店から出てきた女性がいた。ついシャッターを押した。 きれいな足です。 Merrillは黒のしまりが良いです。 SIGMA […]
  • 今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』 21世紀に入り、漢方医学は「科学的根拠に基づく医療」の仲間入りをするようになった。ランダム化比較試験も多数実施されるようになり、医療ビッグデータを用いた漢方研究も徐々に進められて […]
  • 久しぶりの散歩写真久しぶりの散歩写真 足のしびれや腰の痛みがなくなったのですが、梅雨の時期であまり散歩写真が撮れていません。 久しぶりにGR3を持って散歩写真です。 気持ちよさげに […]
  • 給湯器が壊れて・・・給湯器が壊れて・・・ 風呂の給湯口からぽたりぽたりと水が止まらなくなったので、パッキンが劣化したのかと思ってメーカーに電話をして点検をしてもらいました。 ところが、本体の給湯器が寿命だと […]
  • 父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る 白山観音から高遠城址公園を望む 高遠城址公園のコヒガンザクラ 桜の時期が来ましたけど新型コロナの影響もあり、 首都圏はまだ緊急事態宣言が発令中です。 […]
  • 健康不安と過剰医療の時代健康不安と過剰医療の時代 DP2 Merrill F4.0 1/100秒 […]
  • 卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】 先日のNHKスペシャル「がんワクチン~夢の治療薬への格闘~」につてい、卵巣がん体験者の会スマイリー:片木美穂代表が全面的で適切な批判の意見をアップされています。 2012年11月 […]
  • メラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導するメラトニンは、がん細胞のアポトーシスを誘導する トランプ大統領が、イランと結んだ核合意から一方的に離脱を表明し、原子力空母を中東に派遣するなどきな臭いニュースが続いています。こちらは同じイランからですが、希望の持てるニュースで […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です