スポンサーリンク

低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相試験で証明

LINEで送る
Pocket

Medical Tribuneに載っていたニュースです。医師専用サイトなので全文は見られないのですが、進行扁平上皮非小細胞肺がんに対し、標準用量の4分の1という低用量ゲムシタビン(ジェムザール)の長時間投与とプラチナ製剤の併用は、標準量のゲムシタビン+プラチナ製剤の併用と比べて、全生存期間(OS)と無憎悪生存期間(PFS)は同様で、有害事象も増加しなかったと、第3相ランダム化比較試験で示されたという内容です。第一級のエビデンスですね。

一般に抗がん剤のガイドラインでは、6割までの減薬しか認められておらず、標準量の6割以下では効果がないという、乳がんを対象とした試験もあり、低用量抗がん剤治療に対する反論として取りあげられることが多いのです。

しかし、非小細胞肺がんという予後の悪いがんで、ゲムシタビンの効果は4分の1でも認められたというこの試験の結果で、今後論議を呼びそうですね。

プラチナ製剤は効くけど、ゲムシタビンは効果がないとの解釈もある得るかも。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 事故が大きければ、政府は決して真実を知らせない(2) 『原発事故と科学的方法』は、牧野淳一郎さんの労作です。福島原発が事故を起こした3.11後、正確には記憶していませんが、私は牧野さんのWeb日記(リンク先は2011年3月の日記)に […]
  • ハードディスクの交換完了ハードディスクの交換完了   何かが覗いている!! 汗ばむほど暖かかったり、今日はまた冬に逆戻りか?恐竜の頭にも冷たい雨。 ブルースクリーンが出て調子の悪いデスクト […]
  • 中村祐輔先生の『がん消滅』中村祐輔先生の『がん消滅』 ネオアンチゲン療法、自由診療なので、2クール310万円 腎臓がん患者は6クールで消失した例ですが、それには約1000万円必要だったわけです。 免疫療法は効果が出るまでにあ […]
  • 患者目線で膵臓がんに役立つブログ患者目線で膵臓がんに役立つブログ このブログも膵臓がん患者に役立つことを目指して書いていますが、最近すてきなブログを見つけました。 お母さんプロジェクト『膵臓がんでも幸せに楽しく生きる』 2015年7月に膵臓 […]
  • 放射線の半減期とがんの5年生存率放射線の半減期とがんの5年生存率 夏休みはチェロ三昧、読書三昧、昼寝三昧です。そうそう、映画も二本。世間のあわただしさをよそ目に、スローライフを満喫しています。 先日、目黒にあるジャズのライブハウスJay- […]
  • 膵臓がんにゲルソン療法は危険です。膵臓がんにゲルソン療法は危険です。 がん患者に人気のあるゲルソン療法 がん患者の中には、ゲルソン療法に関心のある方、ゲルソン療法をやっておられる方も多いのでしょう。 済陽式や星野式のゲルソン療法などは結 […]
  • mFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能にmFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能に 4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科の二宮理貴氏の発表。 『Borderline […]
  • 小樽の宿小樽の宿 今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です